山にハマる心情に迫れるか 井上靖「氷壁」のドラマ化

次々にスタートしているテレビドラマで、初めから気になっていたのは
「氷壁」と「けものみち」。 「けものみち」はまぁまぁ…かな。
「黒革の手帖」の米倉涼子が意外にもスゴク良かったから見てみたけど、
”ヒヒジジの囲いもの”という女主人公の原作での設定を現代風にしようと、
ヒヒジジの愛人でありながら新進気鋭のジュエリーデザイナーにしたのが微妙。
若いのにヒヒジジに縛り付けられてる方が、主人公が抱え込む鬱屈や屈辱感が
より濃厚に出た気がするんだけどな~。

井上靖の「氷壁」はずーっと昔に読んで感動し、たぶんそれが遠因となって
20代後半に、身も心もどっぷり山にハマって過ごした時期がありました。
井上靖の原作に描かれていた「山男の友情」は乾いていて、山に登る以外に
生きていく道がみつけられない自分を本当に理解してくれる人はザイルで結ばれた
パートナー以外にはいないとお互いに思っている…そんなところがステキに
思えたのだったかな。 あまりにも昔に読んだので詳細は不明ですが(笑)

社会人の山岳会に入って山に登り始めたワタシは、山のことで頭がいっぱい。
平地にいても「どの山に登ろう」「あの山はアプローチに何時間かかるか」とか
そんなことばっかり。 まさに山に取り憑かれた状態。 本格的な山登りに
出会うのがもう10年早かったら「第二の田部井さんになってやる!」なんて
勘違いして道を外れた可能性だってかなり大きい。 それくらい山は底知れない
磁力があるものです。

そういう言葉になかなかできない山の魔力が、どんな風にドラマ化されるのか。
第1回を見ただけでは…う~ん、悪くないけど「山しか生きるところがない」と
思い詰めている若い男性二人の苦しさがリアルに感じられませんでした。
どちらかといえば人妻との四角関係(?)に重点が置かれているような。
主人公が単独行する山のシーンをもう少し入れたらいいのかな、とも思ったけど
でも、ドラマでそれをすると主人公の独白ばかりでクサくなっちゃうのかもね。
その点、小説だと違和感なく主人公の気持ちの寄り添える。 情景描写も
主人公の内奥も言葉で表現する小説と、セリフと風景で展開していくドラマは
やっぱり別物なんですね。
ドラマ「氷壁」は満足ってほどではないけど、また次も見るかな。
一番見たいのはエンディングの雪山の風景だったりして(笑)
時代背景がかなり古いけど、原作は山好きでなくても引きこまれる展開で
悲劇的な最後までページを繰る手が止まりません。 おすすめです。
Category: 読書

時間の流れを描写する試み 「空港にて」「奇跡も語る者がいなければ」

台風は関東へ向かったので、結局このあたりは小雨が降ったくらいでした。
パソコンの前でジーッとねばっても、本日は雑念がいっぱいで全然仕事が
進みません……ふと気づいたら毎日毎日、泣き言ばかり書き連ねているような。
いけませんねぇ~世の中、夏本番だっていうのに。
今日は4日ぶりに外へ出ました。 郵便局に用事があって、そのあと本屋さんへ。
おつかいして帰ってきたら、もう夕食の支度の時間。
今日は温度が2週間ぶりに30℃を下回ったとか。 でも、湿気が多くて頭が重いな。

本屋さんでチェ・ゲバラの「モーターサイクル・ダイアリーズ」と
山本文緒「ファースト・プライオリティー」を買ってきました。
で、ひさびさに本の話題でも(といっても、最近読んだ本じゃないけど)。

0507180002_1.jpg

村上龍の短編集「空港にて」はサラッと読めました。
でも、それだけ。 村上龍はデビュー作「限りなく透明に近いブルー」しか
読んだことがなかったんだけど、装丁の写真が旅好きの心をくすぐったので
つい買ったけど。 本の帯に「『空港にて』は、僕にとって最高の短編小説です」
という惹句が踊るものの、これが最高だったら、それ以外はどうなんだ?
「限りなく透明に近いブルー」を読んだのは確か高校生のときだから、
結構きわどいシーンが多くてドキマギしつつも、何かしら心に残るものが
読後にあったような記憶があります。
この短編集では、時間の流れをコマ送りみたいに書くという文体に挑戦したかった
らしいのですが、こなれていなくてまどろっこしい。
作者は「現代における希望を書きたかった」とあとがきに記しているけれど、
予定調和の感じはまぬがれません。 「披露宴会場にて」と「空港にて」以外は
記憶に残りませんでした。 軽い本を読みたいときならいいかも。


0504260051_1.jpg

時間の流れというか、同じ時間をいろんな人がいろんな思いで過ごしている
ということを書いて、「空港にて」よりも成功しているのがジョン・マクレガーの
「奇跡も語る者がいなければ」。 この小説を読んでいる間中、一時よくテレビで
流れていたCM「鈴木さんが会社で××している頃、鈴木さんの奥さんが
スーパーで××を手にとっているそのとき、その息子は学校で××を使っている、
その××を作っている佐藤さんは…」みたいなのを思い出してました。
そんな風に、この小説も登場人物が次々にスライドしていくような感覚で、
まったく違う考えからまったく違う行動をしている人たちが、ごく身近にいて
同じ時間を違う気持ちで過ごしている、という描写が延々と続きます。
ほんの少しだけ恋愛も出てきますが、それがメインというわけでもありません。
誰かに感情移入することなく、淡々と物語は進んでいって、プツッと終わります。
文体としてはかなりの冒険をしているのに最後まで破綻がない手際は
お見事。 でも、もうちょっと余韻があってもいいのに、読後感は
少し物足りないかな。 珍しい文体の小説が読んでみたければ、どうぞ。
Category: 読書

多感な子供時代にタイムスリップ 「アンジェラの灰」「少年時代」そして「エイジ」

日頃あまり考えたことがなかったのですが、子供を主人公にした小説や映画が
好きみたいです(いい歳をして)。 でも先日書いたように長嶋有の芥川受賞作
「猛スピードで母は」は、子供の視点で書かれていても違和感がありました。
一人で子育てをしている母親のカッコよさを、子供の立場から描く方が
サラリとしていい、というような手段として”子供の視点”を使ったような感じで。

「アンジェラの灰」も、そういう類の本かと思って読まず嫌いしてました。
読んでみて、さっさと手にとれば良かったと後悔しました。
新天地アメリカでも貧窮して、再びアイルランドへ戻った移民一家の
極貧生活は想像を絶するほど。 著者フランク・マコートの自伝だそうで
純真なフランキー少年の目を通して、悲惨なほどに貧しい生活や
楽しかったり辛かったりする学校生活が生き生きと語られます。
子供なので分からないはずのところ、ぼやかしながらも大人が回顧して
書いている不自然な箇所がないわけではありません。
それを「嘘くさい」と感じるかどうかは、人によって違うでしょう。
そういう嘘くささが多少あっても、ワタシは心を揺すぶられました。

20050519212725.jpg

酒浸りの父親と、生活苦に為すすべもなく泣いてばかりいる母親。
どうしようもない親なのに、子供たちはお父さんもお母さんも大好き。
胸が痛くなるほど過酷な生活にもかかわらず、弟か妹を連れてくる天使と
話したくて階段でじっと待っているフランキーがいじらしい。
下巻の最後で号泣してしまいました。
すべてを失っても、誰も奪えないのが頭の中身と、その人がそれまでに
積み重ねてきた経験だ、というのがワタシの信条なのですが、
それに驚くほどピッタリの結末でした。
教育の大切さを深く考えさせられる話しなので、教育に携わる方にも
読んで欲しいな。


20050519212759.jpg

もっと鮮明に、子供時代のドキドキワクワク感を追体験したいなら
ロバート・R・マキャモンの「少年時代」を。
アメリカ南部の小さな町を舞台に、12歳の少年の日常が
陰惨な殺人事件をからめて描かれています。 殺人事件の謎が、
魔法を身近かに感じられた子供時代の描写にサスペンスを加味して、
無理なく物語世界へ入り込めました。 こちらはドップリ子供の視線なので
ついていけないと感じる人もいるかも。
読後感の深みでは「アンジェラの灰」、読んでいるときの楽しさでは
「少年時代」でしょうか。


もう少し年上の微妙なお年頃の、今どきの中学生が何を考えているか
知りたいのなら重松清の「エイジ」がおすすめ。
活字離れ世代の中学・高校生の姪たち3人も珍しく一気に読んで
とても気に入ったとのこと。 友だちの中学生の息子さんにも
喜んでもらえた様子。
しっかりした取材の上で書いたのでしょう、とてもリアリティがありました。
同世代らしき犯人による連続通り魔事件に揺れる、平凡な中学生たちが
ひとりひとりていねいに描かれています。 決して大人の価値観を
押しつけることのないスタンスに好感を持ちました。
重松清の小説は何冊か読みましたが、「エイジ」がワタシにとってはベスト!
Category: 読書

旅日記の夢 永沢まこと+杉浦さやか

旅日記はワタシの場合、文字ばっかり。 海外へ行くと
珍しいこと、驚いたこと、感動したこと、とにかくアレもコレも
書きたくなります。 その日の行動と何を見たか、何をどこで食べたかを
控えるだけでもたいへん。 感想をあれこれ書き込んでいると、
3日に1回くらいは旅日記を書くために”休みの日”がないと
追いつかない(笑) 詳しい旅日記を書く人って、どうやって
書く時間を捻出してるのか、とても不思議でした。
玉村豊男の東欧旅行記を読んだとき、「この日はメモ整理のため、
出かけないでカフェで日記の整理をした」というような記述があって
納得しました。 やっぱり、無理なんですよね。 安心しました(笑)

さて、いつかサラサラッとスケッチして、その横に文章を添える
といった旅日記を描いてみたい、と夢見ているワタシにとって
永沢まことと杉浦さやかの本は心地よく妄想をかきたててくれます。

20050515223738.jpg

永沢まことの画風が特に好きなわけではないんですが、
この方の本を読むと「ワタシでも描けそう。ちょっとくらいゆがんでても
それが味なのよね~」と思えてくるから楽しい。

20050515223758.jpg

カフェに座って休憩しながら、こんなスケッチが描けたらステキ。
遠近法とか消失点とか、むずかしい画法はいっさい気にせず、
思うままにサッと勢いよく描きましょう!というスタンスが
絵心のないワタシにはウレシイ。 描けないんですけどね、絶対こんな風には。

杉浦さやかも、絵はワタシの趣味とはちょっと違ってプリティー過ぎ。
でも、身近なモノに「ステキ!」を発見する視線がとっても楽しくて
何冊も続けて買いました。
一番のお気に入りは「ベトナムで見つけた!かわいい☆おいしい☆安い!」。
他人の旅日記をのぞくような構成が楽しくて、羨望が混じり合って
何度開いてもジーッと見入ってしまいます。
残念ながら、いま手元にないので写真はお土産の本です。

20050515223822.jpg

Category: 読書

本屋さんで

岩合光昭の写真集「ちょっとネコぼけ」の表紙に
吸い寄せられちゃいました。
ネコの鼻チョウチン! か、かわいすぎる……
この方は犬より猫がお好きなようですね。写真にそれがはっきり出てます。
以前見た「日本の犬」、被写体の犬はかわいいのに写真が冷たいんです。
ポストカード的に上手くまとめてある、という感じで。
今回の猫の方がずっと愛情が伝わってきます。
一番かわいかったのは、表紙の猫。 このテの写真が並んでたら
つい買っちゃったかも。

e-honで取り寄せたロバート・ハリス「ポンペイの四日間」を
本屋さんで受け取りました。
amazon全盛だけど、e-honが気に入ってます。 近所の本屋さんで受け取りがてら、本屋さん内をブラブラするのも楽しいし、
少額の本1冊でも注文できて店頭精算で送料もかからないし。

いまは森鴎外「渋江抽斎」をぼちぼち読んでいるところ。
読みかけて挫折していた本です。 今月は在庫消費月間なので(笑)
次の「ポンペイの四日間」が早く読みたくてウズウズしてるんだけど。
Category: 読書

サヨナラ谷崎潤一郎賞! 「センセイの鞄」「マシアス・ギリの失脚」「西行花伝」

前に書いたように、江國香織の直木賞受賞作に
江國さん好きの読者として納得がいかなかったのですが、
もっともっと納得できないのが谷崎潤一郎賞です。

川上弘美は最近(といっても数年前)であった作家の中でも
特に好きな作家でした。
でも「センセイの鞄」は、独特の余韻はあったけれど
”川上弘美の小説”としては物足りなかった。 フツーの小説に近づいてしまって。

20050501161939.jpg

帯の「川上弘美の最高傑作。」という言葉に、読後の頭の中は「?」だらけ。
よく見ると「谷崎潤一郎賞受賞!」と書いてあるのに気がつきました。
ああ、それでダメだったんだぁ、と妙にスッキリ。
谷崎潤一郎賞をとった小説が合わないんですよ、ワタシには。

まず最初に谷崎潤一郎賞を認識したのが、辻邦生「西行花伝」で。
辻邦生はワタシにとっては”別格”。
本屋さんで新刊をみつけたら迷わず買う作家でした。
(亡くなられて、もう新作が読めないのが寂しいです)
箱入りの税別3500円の本を大喜びで買いました。

20050501160004.jpg

一気に読みました。
でも正直なところ、あまり気に入る小説ではなかった。
西行の生き方が関西弁でいうところの「エエカッコしぃ」に思えて。
読んだことを後悔するほどではありませんでしたが、
この本を買うくらいなら、絶版になっている「背教者ユリアヌス」の超美本を
古本屋さんで探してでも買う方が良かった、と思えました。
辻邦生には、他にいくらでもすばらしい著作があるのに、
どうしてコレなのか? いまだに納得がいかず鼻息が荒くなります(笑)

谷崎潤一郎賞に対していっさい期待をしてはいけない、と気づいたのは
池澤夏樹の「マシアス・ギリの失脚」で。
それまでずーっと好きだったんですよ(もはや過去形)、池澤夏樹。
その大好きだった池澤夏樹と、この本でお別れしました。
こちらも箱入りの豪華な装丁の本です。

20050501155907.jpg

500頁を超える大作でした。 でも、それだけ。
池澤夏樹がこの小説で何が言いたいのかは、
おぼろげにでもわかったと思います。
でもね、そんなことはエッセイとか評論という形で書いて欲しかった。
エッセイや評論の書き手としても優れている人だから、
よけいに「どーして、こんな小説を書いたんだろ?」と。
巻末に「長い長い話が書きたかった」とありましたが、
ワタシも長い長いお話しを読むのが好きですよ、池澤サン!
でもコレは……。
もっと大人になったワタシがいま読めば味わえるのかもしれませんが、
再読する気は起きませんね。

ずっと後になって、G・ガルシア=マルケスの「百年の孤独」を読んで、
そのモヤモヤした疑問が晴れました。
池澤夏樹は、コレと同じ世界を日本文化を背景に書きたかったんですね。
驚くほどソックリ!
「百年の孤独」には全身どっぷり、はまりました。
これは正真正銘の”文学”です。100年経っても絶対色あせないですよ。
ノーベル文学賞を受賞してます。納得です。
でもマネをしたものはやっぱり、それだけのことしかないみたい。

今後、谷崎潤一郎賞受賞作は注意して買わないことにします!(キッパリ)
ところが、ネットで調べてみたら、それとは気がつかないまま
多和田葉子「容疑者の夜行列車」も堀江敏幸「雪沼とその周辺」も読んでた(笑)
「とても好き!」という作家ではなかったからか、
上記3冊ほどハラはたちませんでしたけどね。

堀江敏幸の「雪沼とその周辺」については、また別の機会に。


今回の本の整理で、”別格”辻邦生の「西行花伝」は本棚のまま。
「センセイの鞄」と「マシアス・ギリの失脚」は処分することにしました。
Category: 読書

読めない本はあきらめが肝心

本の整理をしていて、読みかけで放置していた本が出てきました。
下に書いた江國香織の「号泣する準備はできていた」のほかにも
いろいろと(汗)。
ずいぶん前の芥川賞受賞作の長嶋有「猛スピードで母は」と
三田誠広「ペトロスの青い影」を、親譲りのもったいない精神で
一生懸命最後まで読みました。

20050429163227.jpg

結論、読めない本はスッパリあきらめる!
ストーリーに起伏がなくても、だいたいは最後まで読むんですけど、
それでも読めないものは読めない。

「猛スピードで母は」はワタシには合いませんでした。
ものすごくイヤ、というのでは全然ないのですが、
子供の視点で書いていることが、どこか嘘くさいんです。
切実さがないというか……なんでかわからないけど、ダメでした。

「ペトロスの青い影」は奥付をみると、ワタシの本棚の奥で
十年以上(!)眠っていたらしい。
お金を出して買ったんだから、読まなきゃもったいないでしょ。
読みましたよ、ええ、今度は最後まで。
でもね、全共闘世代(すでに死語?)以外の人が読むものではないです。
作家本人にとっては切実な問題なのでしょうが、
時代は流れているのだから、なんとかしてほしい。
いや、この小説の後でなんとかしてらっしゃるのかもしれませんけど、
ワタシが知らないだけで。

読めない本なんて放りだして、さ、本の整理、本の整理
……のはずが、昨日に続いて冬の衣類の洗濯や床磨きに精を出して
何をやってるんだか。
Category: 読書

千夜一夜物語 あるいは 三国志

20050428175339.jpg

この数日、寝る前に読んだ「バートン版千夜一夜物語 第1巻」(ちくま文庫)。
某海外小説専門のホームページで紹介されていて、さっそく購入したものの
枕元に積んだままになっていました。
最初は、たくさんある注釈が気になって、それをいちいち参照していたんです。
それがいけなかったらしい。
注釈を無視して読み出したら、おもしろいんですよ、これが。
絢爛豪華な宮殿、エキゾチックな酒池肉林、多彩な物語のパターン。
物語はどれも似ているようで、それぞれ別の展開が待っている。
入れこ状に物語が次々につながっていく、
神話的な豊饒な語りの世界が堪能できます。

表紙の通り、穏やかに匂いたつようなエロティックな場面も多くて、
小学校の図書館に並んでいた「千夜一夜物語」のイメージと随分違う。
といっても、私は読んだことなかったんですけど(笑)
子供向きには、どういう風に翻訳してあるんだろう、と気になったり。
おもしろいけど、読み出したら止まらないというほどではないので、
寝る前に読む本に最適です。

ただ困るのは、このシリーズ11巻まであるんですよ!
全部買ったら、文庫本といえども1万5000円以上。 
このまま、はまっていいのか??


20050426213010.jpg

「千夜一夜物語」と同じ悩みは「三国志」にもあります(笑)
おもに殿方がお好きな三国志。
ぜんぜん興味なかったんですけど、
テレビでもよく劉備とか曹操とか番組やってるし、
いちおう話の筋くらいは知ってる方がいいかなと、とりあえず1冊買うことに。
誰の三国志を読むか、本屋さんで随分迷って、
中国史の素人でも読みやすそうな北方謙三版にしました。
かなり噛みくだいてストーリーの流れを重視しているらしく、
意外にサクサク読めます。
3巻まで読んで中断していましたが、4巻を買ってしまいました。
こちらは全13巻です! うむむ…
個人的には、呂布がお気に入りなのに、4巻で死んじゃうらしい。残念。
呂布は、ほんとうは悪役なんでしょうね。でも、北方版では一番カッコいいです。

ほかにも読みたい本がいっぱいあるのに。
この2つのシリーズ、どうする、ワタシ?
Category: 読書