無名の郷土画家発掘の裏にあるもの 篠田節子「薄暮」

ブログを書くとたびたびフリーズして記事が消えてしまうため、ブログを更新する気力がめっきり落ちてしまいました。 自動バックアップにしておいてもごっそり消えてしまったりして、画面を見つめて夜中にひとりゲッソリ。 だいたいブログ以外ではあまりフリーズなんてしないし…どうなってるんだろう? どう考えてもIE8にしてからの不具合、ブラウザの問題と思われるけどPC音痴にはわからない。

さて気を取り直して、何度目かの書き直し(泣)。

篠田節子の小説を読むのはひさしぶり。 本当は新興宗教のことを書いているという「仮想儀礼」が読みたかったんだけど。 上下巻に分かれていて結構な値段になるので、単行本を買うのはちょっと…。 図書館でも人気で、予約をして借りたのでは上下巻をバラバラの時期に読むことになりそう。 それもイヤだなということで、文庫本化されるまで気長に待つことにしました。 そこで、最新刊らしき「薄暮」を図書館で借りてきました。

2.7薄暮

中央画壇に背を向け、新潟の片田舎で絵を描き続けて無名のまま亡くなった画家。 その作品をたまたま目にしたエッセイストが雑誌に書いたことから世間に知られることになり、雑誌編集者・橘は地元の人々の熱意に引き寄せられるようにして画集をだすために奔走しはじめる。 ところが、献身的に画家を支えた未亡人から思いがけない横やりが入り、さらに画家を経済的に支えた旦那衆も絵画の値上がりを目の当たりにして足並みが揃わなくなり、あやしげな画商の姿もちらついて…。

無名の貧乏画家に尽くし続けた女の情念、そして美術品をめぐる人間の欲をえぐった長編小説です。 未亡人が抱えるどろどろした複雑な思いが強烈で、新潟の陰鬱な冬空を思わせるような重苦しさに包まれた話なのですが、ミステリ風の味つけもあって意外にさっくり読めました。 突然の絵画ブームのしかけ、画商の存在や著作権のことなど、一般人がうかがい知ることのできない美術界の舞台裏が、かなりリアルに(たぶん)描かれていて興味深かったです。 人間の嫌な部分が次々に出てくるから読み心地は決して良くないし、読み終わった後に「人生観が変わる」といった建設的な内容ではないけれど、それでも読ませてしまうのは小説家・篠田節子の手腕ですね。

人間が胸の奥に抱えるどろどろした情念をテーマにしていること、ふだんは知ることができないさまざまな業界の裏側をのぞきみる面白さ、読者をひきつけるミステリアスな展開(ミステリではなくて)、そして読者をやるせない気持ちにさせる物語の最後を必ず一筋の光を感じさせるシーンで締めくくる親切心…ああ、これが篠田節子の小説なんだと独りごちしました。 重くて知的なエンターテイメントという感じ。 前回読んだ「ロズウェルなんか知らない」がちょっと意外なほど軽くて作風が変わったのかと思ったのですが、本質的に変わってなくてファンでもないのに妙に安心しました。


ああ、やっと最後まで書けた…またフリーズしたらイヤなので、とりあえずアップ。
Category: 篠田節子

村おこしに賭ける青春群像 篠田節子「ロズウェルなんか知らない」

今朝7時頃、地鳴りとともにドスンと一度だけ縦揺れがありました。 阪神大震災と同じ季節…寝ぼけ眼ながらゾッとして心臓バクバク。 あの震災の朝以来、地鳴りというものが聞こえるようになったんです、どんなにぐっすり眠っていても。 今朝の地震はたいしたことがなかったからベッドの中でうだうだしつつ、「ひとり寂しい老後」などと心配していても、老後にならないうちに死ぬことだって大いにあり得るんだなあ…などと考えました。 で、二度寝してしまったんですが(汗)。

近頃、読書が進みませんが、2009年の初めに読んだのは、ずいぶん前に買ってあった篠田節子「ロズウェルなんか知らない」。 ずっと以前、一時期集中的に篠田節子を読んでいたことがあったのですが、ずいぶんご無沙汰していた作家です。 「聖域」とか「カノン」は何やら恐ろしげな雰囲気に充ち満ちていて、「女たちのジハード」はフェミニズムをテーマにしながらも明るく健康的なお話だし、それ以外に題名も忘れてしまったけれど、もっと娯楽小説風の軽いものもいろいろあって、飽きさせない幅広さを持った作家なんですが、ワタシの好みにぴったりでない部分もあるような。 近頃の篠田節子はどうなんったんだろう?という好奇心で、本屋さんで見かけた文庫本を手に取りました。

1.14ロズウェルなんか

温泉や史跡といった観光資源が皆無で、過疎に悩んでいる村を舞台にした「村おこし」騒動顛末記。 村を牛耳っている年寄りたちから、いまだに「若手」扱いされている40代独身男たちが現状を打破するために悪戦苦闘する、ちょっと遅めの青春群像が軽妙なタッチで描かれています。 苦肉の策として、UFOが飛来するという噂を流して地域活性化を図ろうとするのですが、それが想定外の事態を引き起こして…。

最初はしばらく物語に入りこめなかったものの、後半は一気読み。 普通におもしろくて肩が凝らずに読める手軽な小説です。 主人公となる村の男性陣のキャラがたっていないのか、なかなか誰がどの境遇に置かれているのか頭に入らなかったり、政府や自治体による地域活性化事業の矛盾、さらにオカルトブームといった社会問題に対するこだわりが前面に出すぎて話の流れが滞るところが少しありましたが、それでも楽しめました。 社会に対する提言をしよう…という意図がちょっと出過ぎてるのかも。 こんなに長編にしないで、もう少し刈りこんだら、もっとテンポ良くなったような気がしてやや残念。 う~、しばらく篠田節子はいいかな…。

1.14シャコバサボテン

玄関に置いたシャコバサボテンが満開になりました。 祖母が大好きだった花。 よく見ると不思議な形です。

トラツグミのつがい、あの日以来見かけません。 どうか元気に飛び立ってくれたのでありますように。 トラツグミ一羽でもこんなに悲しいのに、ガザのニュースを聞くたび、やりきれなくなります。 子どもたちに憎悪の連鎖を背負わせるような愚かなことがいつまで続くのか…。 ユダヤ人にとってもアラブ人にとっても比較的中立的な立場の日本のような国が、ほんとうは本気で働きかけるべきなんでしょうのに。 政局だかばらまき予算だか知りませんが、目の前のこと、自分のことしか考えられない政治家ばっかりでウンザリです。 せめて派遣の規制だけでもさっさとしたらどうなんだ!と、ニュースを見てはひとりで怒ってます。
Category: 篠田節子