じわじわ疲れ

連日最高気温が3℃とか4℃なんていう極寒がほんの少しゆるんで、普通の冬の寒さになってきました。 10℃近くなると、ずいぶん体感温度が違ってホッとします。 冬が好き…なはずの私でも、今年はほんとうに春が待ち遠しいです。

おもしろくない、ただ耐えるだけの仕事がなかなか進まず、ここのところ疲れがたまってどんより。 四苦八苦してやっと案を出すと、ボコボコに叩かれて修正の繰り返し。 なるべく「イヤ!」と考えないようにして、一瞬でも早くその仕事が目の前からなくなるようにと、修正依頼には即効で対応するようにしてるけど。

親はますます子返りして、自己主張の強さは5歳児並み。 自分がこうと思ったら、待つことができない…トホホ。 

2.19ミッフィーのチョコ

もやもやとした疲れがたまったときはチョコ! これは今年のバレンタインに自分に買った大丸限定ミッフィーちゃん。 胸がキュンとするかわいさに一目惚れして買ったものの、かわいすぎていまだに食べられず(笑)。 ベルギー製のビターな板チョコをボチボチかじってます。

■たくさんの拍手をありがとうございます。 甘いものでも食べないとやってられない気分の今日この頃。 バセドウ病治療薬のせいで太りやすい体質になってしまっているのが、こういうとき、つくづく残念です。 前は食べても食べてもやせたのに(それはそれで怖い)。 何か他のことでストレスを発散させなければ…。
Category: 日々の記録

無事に生きています

たくさんの励ましと慰めの拍手をありがとうございました。 ズタボロな気分でしたが、誰かが心配してくれていると思うだけで、とてもとても救われました。 本当にありがとう。


あまりにも仕事が忙しくて、ただただ目の前にある課題を一つずつ一つずつクリアすることと、とにかく親のためにご飯を作ることだけで精一杯。 深夜に疲れ切って寝ようとしても、頭が煮えて寝られない。 けど、朝になったら、またパソコンに向かってコツコツ仕事して。 寝不足でヨレヨレしつつ、外仕事が早朝から夜遅くまで3日連続あって、それを大急ぎでまとめなくちゃいけないのに別の仕事の打ち合わせに遠方に呼びつけられたり。 2種類のまったく違う仕事がみごとに重なって、仕事→ご飯作り→仕事→家事の雑用→仕事→グズグズ言っている親の相手→仕事→寝る→仕事…潤いも楽しみもゼロ生活。

ブログを更新する余力もハンドメイドをする時間的な余裕もまったくありませんでした。 ヘトヘトになりながらも寝こんでいる暇がないと、案外風邪もひかないものですね。 もうこんな生活、イヤだーッ!と叫びたくなることもあったけれど、なんとかしのげました。

月曜日の午前中に仕事が一段落して、もうなんにもする気力もなくボーッと丸1日過ごして、やっとちょっと何かをしたり考えたりする気力が戻ってきました。 で、ひさしぶりにブログ。

1.31山茶花一輪

なんというか、煩悩の滅却の仕方がちょっとわかったような気さえしていて(笑)。 イヤでしかたない仕事でも「イヤだ」と思うとさらにイヤになるから、感情をなるべくもたず淡々と仕事に向かって、一刻も早く終わらせることだけを考えて目の前のことに集中する。 明日のこと、先のことは考えない。 うまくいかなかったらどうしようなどと未来のことを考えない。 うまくいかなくなったときにはじめて、どう対処するかを考える。 終わったことはサッサと忘れる(今の仕事に愛着ゼロだから、できあがったものをみても「ああそうですか」で終わり)。 こういう考え方、ネガティブだけどマインドフルネスの一種かも!?

でも、やっぱりこんな風な仕事がずっと続くのは、身体に悪い気がする…。 がん細胞、育つなよー。


トイレの一輪挿しは、この時期、庭で唯一咲いている山茶花。 寒風に負けずに咲いた小さな花一輪が、殺風景な空間をパッと明るくしてくれます。 

■indigoさん、温かいエールと実践的なアドバイスをありがとうございました。 ご両親を介護されて、いまも続いていて、本当に頭が下がります。 90歳越えてピンピンしている年寄り2人、介護認定は無理なような?? 少し調べてみたんですけど、ひょっとしたら支援ならしてもらえるのか? 謎だらけです。 下剤はかかりつけのお医者さんにもらったのでは効かないからと、父が勝手に何か使っていた模様。 さすがにこの間の惨状は父自身かなり凹んだようで、最近は無理やりな下剤は使ってないみたい。 やれやれ。 押し麦はときどき使っているんだけど、効果がないと言い張る父。 ミキサーでスープ、今度やってみますね。
Category: 日々の記録

忙し過ぎてキャパオーバー

前回はひどい愚痴をぶちまけてしまって…読んだ人までダークな気分に引きずりこんでしまったのではないかと、心苦しいです。 ごめんなさい。 モヤモヤとしたことを吐き出したら、だいぶ気持ちが楽になりました。 付き合って読んでくださった方、ありがとうございます。 あまりにもひどい内容だから、もう非公開にしようかと思っています。

1.15山茶花


みごとに重なった二つの仕事に追われて、心身ともにヨレヨレ。 でも、なんとかギリギリ風邪ひかずに踏みとどまっています。 多方面にご心配をおかけしました。 生きてます、なんとか。 忙しすぎて、まただんだん眠れなくなってきたのが嫌な感じですが。

仕事に振り回されてヘトヘトになりつつも、週末は叔父の一周忌でひさしぶりに親戚が顔を揃えて、いとこたちとも和やかな時間がもてました。 叔父の古い友人たちからは、ひさしぶりに昔々の祖父母の話を聞けたりもして。 亡き叔父や祖父母の穏やかな人柄が、いまも人と人をつないでくれているのだなとしみじみ。 叔父さん、本当にありがとう。

帰宅後は喪服から大急ぎで着替えて、秋から始めた講座へ。 楽しいより苦しいことの方が多いのに、なんでこんなことをしてるんだろうと思いながらも、とにかく最後までがんばって続けようと改めて決意しました。 そして、日曜日はまた一日仕事…トホホ。

今週は少しはマシかと思ったら、締切に合わせて出した仕事の決着がまだまだつかず、理不尽で怒濤の多忙さは来週まで続くことが決定して、ガックリ。 だいたい、それほどまでしている割にギャラが少なすぎる感いっぱい。 なんでこんなつまらない仕事(たぶん自分史上最高につまらない内容)を我慢してやっているんだろうと思いつつ、担当してくれている人たちはすごく気を遣ってくれているから怒るわけにもいかず。 あー、サラリーマンって偉いなあ、よくみんなこんな理不尽に我慢してるよなあと尊敬します。

それに追い打ちをかけるように講座の課題の締切がまたまた重なって…手仕事を楽しむ余裕もへったくれもありません。 でも、まあ、これは自分が勝手にやっていることだから仕方ありません。 やり始めたからには途中で投げ出さずにがんばります。


■たくさんの励ましの拍手をありがとうございます。 とにかく生きてます。 大丈夫です。 ご心配おかけしました。

■りろさん、コメントをありがとうございました。 そのうち前の記事は非公開にするかもしれないので、こちらでお返事します。 りろさんが経験されたものの何千分の一くらいのことです、私の今の状態は。 こんなことぐらいでオタオタしてしまって、かえって心配をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいです。 父母ともに超高齢なんですが、耳がものすごく遠い以外は杖をつくわけでもないし、認知症でもないため(忘れっぽくなったり怒りっぽくなったりはしてますが)、介護サービスなどは何も受けられないんですよ。 歳をとって腸の機能が落ちてしまって毎回下剤を使わないとダメなだけで…。 来月90歳になる母が結構がんばってフォローしてくれてて、それがまたなんともねえ。 いろいろ割り切れなくて切ない。 愚痴に付き合ってもらっただけで感謝です。 ありがとう。
Category: 日々の記録

午前1時のトイレで

あー、だめ…。 新春早々こんなこと書きたくないけど、キツイです。

6時30分起きで大阪へ行って、理不尽MAXな仕事の打ち合わせを淡々と終わらせ、大慌てで帰ってきて別の仕事にかかろうとしたところで、仕事上お世話になっている方の尻ぬぐい的フォローをせざるを得ない事態に陥って、まったく自分の仕事が進まず。 夕食のしたくと移動の電車以外は、ずーっとひたすら追いまくられるように仕事をして、気がつけば午前0時30分。

ついに頭の電池切れて動かなくなったので、お風呂に入ってまずは寝て、続きは明日。 と思って、トイレへ行ったら…


ヘビーで、真っ黒な気持ちになりそうな内容なので、弱っている方、お食事前後の方は読まないで。
Category: 日々の記録

いろいろあるさ

パワハラ的重箱の隅をつつく攻撃に精神的にやられ、別の仕事は自分に落ち度はないけれども打ち切りがほぼ決まったりで、仕事のことを考えるのがとてもしんどい12月でした。 さらに、お気に入りのストレッチ教室が3月で終了と12月最後のレッスンで通告され、ガックリ。 貴重な癒やしの時間だったのに。 その上、新たに通い始めた講座の課題は(自覚していたけれど)もう目も当てられない出来で、自分の能力のなさにガックリ。 今年はキツイ年末でした。

でも、半年に一度の乳腺外科の経過観察は無事にクリアできたので、それ以上は望みません。 仕事でへこんだりするのも、元気だからこそと思うことにします。 マインドフルネスの発想は「目の前のことだけに心を向ける」ですものね。

目の前にあるのは現在、大掃除とおせちづくり。 それだけがんばります。 仕事のことは目の前に迫ってから考えることにします。

12.30初嵐

仕事の打ち合わせからへろへろになって帰ってきたら、父親がまたまた救急車騒ぎ(=意識を失う)を起こしていたと知って心配や各方面へのフォローで疲れが倍増したり、最近おとなしくしていると思っていた姪1号がまたまた「えっ!?」というなことを言い出したり、ホントに12月はいろいろ疲れました。

でもでも、珍しく私にしては早めに年賀状が書けたし、悪いことばかりじゃない…よね(汗)。 悪いことは全部年内に出し切って、来年はきっといいことある♪と無理やりイメージトレーニングしつつ年を越します。

皆さま、今年も気ままなブログにつきあってくださってありがとうございました。 どうぞ良いお年を!!

Category: 日々の記録

メリークリスマス!

もう遅すぎるのですが、メリークリスマス!

闘病中で気分がすぐれないままクリスマスを迎えた人も、なんでこんなにみんなが楽しそうにしている日に自分は仕事なんだろうという人も、きっとたくさんいるんですよね。 私もそうでした。 4年前のクリスマスイブに、まったく心の準備がないままにがん告知されて打ちのめされ、3年前は抗がん剤治療で髪の毛がない状態が悲しくて、楽しそうな人たちをみて疎外感でいっぱいでした。

抗がん剤治療が終わって丸3年目の今年、120cmのツリーを買って長年塩漬け(!)だったオーナメントを飾りつけ、失った2年分を取り返しました。

12.24クリスマスツリー

はじめの飾りだけでは物足りない感じだったので、統一感はないけれど、ドイツで買ったオーナメントはカラフルなのも白木のも錫製のも総動員。 母が日本で買った北欧(?)の赤いオーナメントも、従妹が送ってくれたかわいいドラムのオーナメントも追加。 にぎやかになりました。

12.24クリスマスツリー2 12.24クリスマスツリー3
12.24クリスマスツリー4 12.24クリスマスツリー5

友だちとザイフェンに行ったときに買った木製のオーナメント、兄たちともう一度ザイフェンに行ったときに買ったもの、エアフルトで買った錫製のオーナメント。 どれも思い出がいっぱい。 

12.24小さなクリスマス

玄関先にもクリスマスのミニコーナー。 立派なろうそくは私と同い年くらいかも。

12.24シュトーレン 12.24クリスマスイブの食卓

クリスマスイブは買ってきたシュトーレン(なぜか福井製。かなり本格派で満足)でティータイム。 晩ご飯はお約束のチキンソテー、チーズ風味。 野菜が高すぎてサラダや付け合わせが質素になってしまいました。 傷んでいた紅玉を煮こんで自家製ジャムを添えたヨーグルト。 辛口のドイツワインもちょこっと。

いろいろなことが重なって疲れていたんだけど、少しでもクリスマス気分が味わいたくて、近所でおおあわてで買い物して自分で料理しました。 小市民的クリスマス。 それが幸せ。


■たくさんの拍手をありがとうございます。 抗がん剤などで辛い思いをしている方もほんの少しでも心安らかな時間がありますように。 抗がん剤治療終了から丸3年、仕事も親のこともいろいろたいへんだけれど私は無事に過ごせています。
Category: 日々の記録

いろいろあるからミニチュア

新しい仕事は理不尽の嵐。 仕事の量としてはさほどのことではないはずなのに、決裁権をもつ人による重箱の隅をつつくような意味不明な修正が多すぎて、関わっている人たちが精神的に疲弊しているのをみているだけでイラッとしてしまいます。 私が接している人たちは理不尽じゃないから、まだ救いがあるけれど。 パワハラってこういうことなのね、と妙に納得したりして。 仕事があるだけでもありがたいことだし、仕事なんてどれも多少は嫌なことがつきものだから、オトナとして我慢すべきなんだろうけれど、どうにもこうにもひどい…。

12.11スノードロップ

理不尽に直面して精神的にヨレヨレしているときに、思いがけない喪中のお知らせが届いて、しばらく放心状態に。 遠くで幸せにしていると思っていた友だちがひとりでたいへんな思いをしていたなんて。 全然知らなかった。 送る花の色に迷い、いったいどんな言葉をかければいいのかわからないまま、悩みに悩んでようやくお悔やみ状を一通書き終えて投函。 それだけのことで、やたらに時間がかかって精神的にもぐったり。


年末の慌ただしさの中で、保険や電気の契約期間が終わって新しいプランを検討しなくてはいけなかったり。 さらに、こんなときに限って家のあちこちで次々に蛍光灯や電球が切れて、ひとりで脚立に乗っての作業はなかなかたいへん。 年賀状用の犬もできてないし、講座の課題もできてない。 気がつけば、庭のもみじの落ち葉がすごいことになっていて。 あー。

キャパオーバーしかかったら、最近の私はコレ!

12.11まだまだミニチュア熱

ミニチュアのキットを作っている間は、指先というかピンセットやハサミの先に神経を集中していて完全に無心状態。 なんにも考えていない。 こんなことに熱中しているのってバカバカしいみたいだけれど、短い時間でも頭の中を空っぽにする時間が精神衛生上とても大事だと、近頃実感しています。 今はあまり時間をかけられないのでチマチマとしか進みませんが。

明日は講座の宿題と家事を片づけて、次の仕事の波に備えよう。 がんばれ、私。


■たくさんの拍手をありがとうございます。 クリスマスを満喫したいのに、なかなかそこまで余裕がもてませんが、風邪もひかず元気にしています。
Category: 日々の記録

太陽とお友だちの一日

関西は2週間以上ずっとじとじと雨の日が続いていました。 昨日はひさしぶりに抜けるほどの青空で「歩きたい!」気分だったのに、朝から仕事の打ち合わせのために大阪へ。 窓のない会議室で、ノンストップで3時間びっちり、ひたすら仕事の話。 「ついでに大阪でウィンドウショッピング」なんて気分さえ起きないほど疲れ果てて、まっすぐ帰宅…したら、すぐに日が暮れて。 すごく損した気分。

今日は台風が来る前にもう一日だけ快晴で暖かくなるという天気予報だったので、朝から洗濯と布団干し、庭掃除、買い物とフル回転。 ふだんは非常に不活発な生活を送っている私にしては驚異的な活動量でした。 それもこれも太陽がさんさんと照ってくれていたから。

通常の洗濯後に、秋口に使った布団のカバーを3枚洗って、綿のニットを手洗いして、高齢の親がそろそろ毛布を欲しがりそうなので押し入れから引っぱり出して次々に干して。 洗濯物も毛布も気持ちのいいお日さまの匂いがして、それだけですごい幸せな気分になれました。 秋口に使っていた薄い布団を押し入れにしまって(雨天続きでは布団をしまうのもイヤでずっと2階の手すりにかけたまま)、ようやく押し入れ前が片付いてスッキリ!

ホントは仕事をするべきだったんだけど…でも、お天気が悪すぎてずっと家事がたまっていたから、家事を優先。 気持ちよくなったから、よしとします。

10.27ホトトギス

ホトトギスの花も群れ咲いているものの、長雨の間に見頃を過ぎてしまいました。 名残りの花をパチリ。

10.27夕空

お日さまの力って偉大だ。 お天気がいいと気持ちも上向く、単純な私。 このところ、父親がトイレで失敗することが増えて、家の中がどんよりしていたから、お天気がよくて洗濯が気持ちよく乾いてくれるだけで本当にうれしい。


10.27ツヴィスト刺繍6枚

刺し終わったツヴィスト刺繍6枚。 これから裏をかがってはぎ合わせなくてはいけない…針仕事が苦手だから、それがたいへん。 昨日届いたミニチュアのキットも気になるし。 ああ、分身の術が使えたらなあ。

Category: 日々の記録

ツシマヤマネコ特別公開@京都市動物園

先日、新聞に載っていた写真に目が釘づけに。

10.12ツシマヤマネコのポスター

か、かわいい…。 これはみたい!

ということで、昨日、ツシマヤマネコの子ども2頭が1ヶ月限定で特別公開されている京都市動物園へ。 母と一緒に行ってきました。 絶滅危惧種のツシマヤマネコの赤ちゃんは警戒心が強くて、一般公開されることはほとんどないそうです。 この子たちは帝王切開で生まれて、人の手で育てられたから人間をみてもストレスがあまりないらしい。

10.12ツシマヤマネコ

檻越しの写真だからイマイチですけど、思っていた以上に間近でゆっくりみられました。 もう結構大きくなっているものの、かわいかった! 後ろの子はおとなしくて、前の子にお尻でぎゅーぎゅーコーナーに押しこまれてもじっと我慢。

10.12シマウマの赤ちゃん 10.12キリン

もう一つのお目当ては、生後3日?4日?のシマウマの赤ちゃん。 はしゃいで走り回ってました。 隣のキリンが長い首を伸ばして、赤ちゃんをのぞきこんでたのもかわいい光景。

10.12シマウマの赤ちゃん2

ぴょんぴょん跳ねて楽しそう。 

10.12シマウマの赤ちゃん3

赤ちゃんが走り回ると、お母さんがあわてて後を追っかける。 赤ちゃんが立ち止まると、お母さんもやれやれ。 赤ちゃんに振り回されっぱなしな様子は、よちよち歩きの幼児を連れた人間のお母さんと一緒。

10.12ゴリラのゲンタロウ

京都市動物園で生まれたゴリラのゲンタロウ。 母乳がでなくて人間の手で育てられ、1年後に両親の元に無事に戻れたと知っているから、ほんとによかったねえと近所のおばちゃんの気分でしみじみ。 お父さんの存在感、なかなかにすごかった。

10.12水浴びに夢中のゾウたち

そして、ゾウたちのあまりにも激しい水遊びにビックリ! はじめは奥の方でかたまってウロウロしていたのに、突然1頭がパオーンと雄叫びをあげながらハトに突進。 それがよっぽどおもしろかったのか、ハイテンションになって1頭でパオーンパオーンと大騒ぎして、いきなり水にダイブ。 すると、他の3頭も我先にと水の中へ。 水の中でもんどり打ったり、足で蹴ったり、鼻で水を叩いたりして、大きく水しぶきをあげて大喜び。 巨体だからものすごい迫力で、居合わせた人たちみんな呆然とするほど。 こんなゾウ、初めてみました。


全面改装してきれいになってから初めて、というか小学生以来(?)の動物園、とても楽しかったです。 腰が曲がってだんだん歩くのがたいへんになってきている89歳の母も、ずっと歩いて回って喜んでいました。 よかったよかった。

それにしても、昔は果てしなく広く思えた動物園がこんなに小さかったなんて。 昔は親に連れられてきた動物園に、いまはよちよちとしか歩けなくなった親を連れてきている。 楽しくて、ちょっともの悲しい一日でした。

いいなと思ったことは即実行が近頃の私の流儀。 いつか行こうとか、また来年…なんていっていると、来年、またの機会、それどころか明日さえもあるのかどうかわからないから。 兄が亡くなったり、自分ががんになったり、親が超高齢になって、したいことを先延ばしにしないことを心に決めています。




Category: 日々の記録

こんなに忙しいのはいつ以来?

すっかりご無沙汰しました。 生きています。 元気です。 ただただ忙しすぎて、気力も体力もいっぱいいっぱいだっただけ。

姪3号の初個展をみに超高齢者の両親と一緒に東京へ行ったために、その前後に仕事がギューーーッと凝縮して泣きそうでした。 身体ひとつ、頭もひとつしかないのに、3つの仕事が見事に重なり、そこに東京行きと父の目の手術&翌日の診察の付き添い(片目ずつだから計4回)が食いこんで。 仕事を一つ断っても、まだ余裕がないくらい超多忙。 これほど公私ともに忙しいのはこの10年なかったかも。

今日の午前中は父の目の手術に付き添い、午後は大急ぎで今日が締切の仕事を片づけて、やっとひと心地つけました。 あー、しんどかった。 明日あたり、前に渡した仕事の直しを急いでやれとかいってくるかなぁ…嫌な予感がするけれど、先日書いたように先のことは考えません。 とにかく今日の夕方はひさしぶりに「フリーダム!」。 連日、足がなえそうなほどひきこもっていたので、夕方に早足で真如堂まで往復してきました。 暑かったけど気持ちよかった。 魂が潤った感じ。


9.26台風のち日本晴れ

貼りつける写真もないので、東京の帰りに寄った御殿場からの富士山を。 台風一過の日本晴れ! 富士山がこれほどきれいにみえたのは生まれて初めてで感激しました。

ひさしぶりに行った東京のこと、姪たちのこと、読んだ本の感想、がんのテレビ番組の感想、治療中からずっとみていた闘病ブログの方が天に召されてしまって、その去り際が一生忘れられないほどだったこととか、いっぱい書きたいことはあるけれど、まずは睡眠を優先。

今夜はひさびさにビールをクーッと飲みます♪ 乳がんにアルコールはよくないから、最近あまり飲んでなかったんですが、今夜は解禁しまーす。

■いろいろな記事に拍手をありがとうございます。 すっかり放置してしまったブログ、ぼちぼち更新できそうです。
Category: 日々の記録