牧場での休日

1週間ほど前、ひさびさに八ヶ岳を眺めたくて遅い遅い夏休みを過ごしに清里へ行ってきました。

10.11小海線

緑の中を走る小海線に乗って(写真は帰りに撮影したものですけど)。 小淵沢からわずか3駅で降りるのが残念なくらい気持ちいいローカル線。

東京からは「ちょっと週末におでかけ」という感じで行けるエリアのようですが、関西から八ヶ岳方面はやっぱり遠い。 行きは名古屋まで新幹線→特急しなの→塩尻で中央線(ローカル鈍行)に乗り換え→小淵沢で小海線に乗り換え、完璧”鉄子”の世界。 帰りは塩尻から特急しなのに乗りっぱなしだったから、少しは楽でしたが。 私ひとりなら「わーい、鉄子の部屋♪」と旅気分が盛りあがるルートながら、年寄りにはきつかったようです。 こんな旅の計画を立ててゴメン。 親と一緒に八ヶ岳方面にはもう行けないなあ…。


10.11清泉寮別館

泊まったのはココ。 過剰なサービスは一切なし。 それがわが家にはちょうどいい居心地の良さ。 別館はまだ新しくてキレイ。 源泉かけ流しの温泉もあって満足満足。 平日でもお客さんはかなりいっぱい。 宿はリピーター率が高そうです。

10.11清里の朝

翌朝は快晴! 日の出直後、まだ誰もいない牧場にでて富士山を眺めました。 気分は最高!


10.11八ヶ岳

ピクニックバスという巡回バスの一日乗車券を買って、乗りっぱなしでぐるぐる。 お昼前に、まきば公園に到着。 八ヶ岳もばっちりみえました。 ああ、できるならあの山の上を歩きたい。

10.11まきば公園

まきば公園は遠足にきた保育園児がいっぱい。 緑の牧場を歓声をあげて走り回って、迷惑そうなヤギを追いかけ回して群がっているちっちゃい子どもたちの姿に、3人ですごく和みました(写真がのせられないのが残念)。 ここのレストハウスで昼食をとるつもりでしたが、食べ応えがありすぎのものばかりだったので、八ヶ岳倶楽部へ行くことに。


10.11八ヶ岳倶楽部

八ヶ岳倶楽部のテラス席は森に面していて、とっても気持ちよかった! パスタもおいしかった。 八ヶ岳倶楽部は柳生博さんと息子で園芸家の柳生真吾さんがつくった雑木林の庭。 NHKの園芸の時間によくみていたところ。 公開されているとはぜんぜん知りませんでした。 歩いて1周10分ほどのさほど大きくない敷地だけれど、とても静かで(観光シーズンはもしかして賑やか?)自然な庭が好きな人ならウットリするような場所でした。 気軽なレストランと雑貨ショップ、山野草などの販売コーナー、ギャラリーを併設…と聞いて”いかにも観光地”なのでは…と思ったのは杞憂。 センスがいい! バスの本数が少なくて、ゆっくりできなかったのがすごく残念でした。


10.11名物ソフトクリーム 10.11売店のプリン

清泉寮といえばソフトクリーム、なんですってね。 いつみても団体さんがズラッと行列して買っていたから、好いているときに私たちもつい食べてしまいました。 甘めで濃厚。 濃い牛乳を食べているような素直な味。 でも実は、売店のミルクプリンの方が個人的にはおすすめ(ソフトクリームも添えられてるし)。 キャラメルの苦みが濃厚なミルク味のプリンと相まって、小さくても食べ応え十分。 もう一度、食べたいなあ。

10.11ディナー前菜 10.11ディナーメイン

10.11ディナーデザート 10.11ディナーデザート2

宿の食事はあっさりした洋食が好き、野菜が好き、スイーツ好きなわが家にはピッタリで満足満腹(早く食べたくて、おざなりな写真…)。 前菜とデザートはビュッフェ。 といっても内容はとても充実していて、ホテルにありがちなつまんないビュッフェとはぜんぜん別物でおいしかった。 特にデザートがどれもこれもおいしくて…全部食べたいけど1回では食べきれません、絶対に。 八ヶ岳の地ビール・タッチダウンもおいしい~♪ 朝ご飯のビュッフェもすごく満足。 泊まっている間、朝から晩まで濃厚な牛乳をいろんな形でいっぱい摂取して(とにかくおいしんですよ)骨密度強化合宿みたいでした(笑)。


というわけで、いつも旅の記録は書きかけになってしまうので、今回は1回でまとめてみました。



■いつも拍手をありがとうございます!
Category: 清里の旅