少しずつ復活してきました

抗がん剤タキソールが終わってから丸2週間が経ったからか、先週の酷暑が一段落して身体が休まったからなのか(34℃で「今日はマシね」と感じるなんてどういうこと?)、やっと復活してきました。 最終投与から1週間もすれば副作用がなくなるような気でいたので、なかなか元気がでなくてテンションが下がって、そこへ酷暑の追い打ちが…。

そんなとき、国立がん研究センターや乳がん学会・病院などのホームページで、抗がん剤の副作用についての解説を改めて読み直してみました。

加熱した消化のいいものばかり食べているのに急に軟便になったり、手の爪の先が痛くなったり(今回の点滴直後は痛くなかった)、すごい耳鳴りがしたり(今までも多少はあったけど、それどこじゃないレベル!)、太ももの裏がピリピリしびれた感じがしつこく残っていたり、たいしたことないけど地味に不調続きだったんですが、「投与から10日目くらいの今、骨髄抑制が起こっているんだな」と納得したら、ちょっとあきらめがつきました。

あわてない、あわてない。 味覚障害は少しずつ治ってきて醤油味も食べられそうだったので、土用の丑の日は頂き物のウナギを食べてパワーチャージしました。 なんだかんだいって食欲はずっと旺盛(笑)。


7.28ひさびさの手芸

今週になって手のしびれがほとんど消えたのがうれしくて、本当にひさしぶりにちょっと手芸がしたくなり、在庫のキットをひっぱりだしました。 おお、楽しい!! こんなに無心に何かに集中したのって、いつ以来だろう? 集中力があるって、こんなにステキなことなのね! 動かずに同じ姿勢を続けるのはリンパ浮腫の原因になるからと、病院からもらったパンフレットには手芸はあまりやらないようにと書いてあったけれど。


ものすごくひさしぶりにみたいと思う映画(「マダム・イン・ニューヨーク」)があるのに、上映館のHPによると「非常に混んでいます」のただし書きがあってガッカリ。 抗がん剤点滴のための入院までの1週間にみにいけるかなあ。



■いつも拍手をありがとうございます! いろいろなことへの興味が再び湧いてきて、少しずつ復活してきています。 ご安心ください。

タキソール最終投与から6日目

タキソール第4クールの3回目=最終回が終わって、ひたすら願うのは早く副作用から解放されたること。 早く薬の毒が抜けて欲しいなあ。 これまで土曜日からは味覚障害を脱出できていたのに、まだしっかり回復していない感じ。 口の中がなんとなくずっとまずくて、醤油味が美味しく感じられない。 昼間に横になるほどしんどくないけど、あまりの暑さで近所に買い物にでかける気にもなれず。


7.18夏の宵

昨日の夕空。 みるみる黒雲が広がったと思った途端、バリバリッとすごい雷が鳴って、視界が真っ白になるほどの驟雨。 ところが、あっというまに雲が切れて暮れなずむ空がとてもきれい。 梅雨明けももうすぐ。 夕食作りの手を止めて大慌てで1枚だけ撮りました。

ウィークリータキソール全12回終了 自分らしくヌラリヒラリとかわしていきたい

3週間連続投与した後に1回休薬をはさむウィークリータキソール100mg全12回が終わりました! いつもとは違う若い先生は針刺しを1回失敗。 刺した後、うまく刺さっていなさそうで血管の中でグリグリされたら(痛いよお)、みるみる内出血で腫れあがって即やり直し。 次は痛みなく刺さってホッ。 今回の内出血、すごい色になりそう…。 

「FECの副作用の吐き気はかなり強いですからね」と主治医と看護師さんから再度いわれました。 はいはい、覚悟しておきます。 8月の入院までに、「私は副作用が軽いタイプ」というイメージトレーニングをしっかりしておきますよ。


7.14名残の紫陽花

3月末から3ヶ月半で予定のタキソールを完走。 予想以上に長かったな。 脱毛して否応なくウィッグ生活に突入したときは、それまで漠然と想像していたよりずっと女性らしい外形を失うことにショックを受けた自分がいました。 最近、ウィッグ姿の自分にようやく慣れたというか、少しあきらめがついたかも。 こんなにも往生際が悪かったんだな、自分って。

これからもいろんな想定外のことに遭遇するんだろうけれど、私らしく(笑)弱音を吐いたり泣いたり怒ったり、思い切り悪くジタバタしながら一つ一つ自分の心の持ちようでヌラリ、ヒラリとかわしていきたい。 「どんなときもいつも前向きに」「何事もポジティブに考える」なんて、私は絶対無理。 「乳がんになってよかった、新しい視点をえられたから」みたいには絶対に思えない。 がんになんか、ならない方がいいに決まっている。 もともとタフじゃないから、そんな考え方を無理に自分に納得させようとしたら、精神がねじ曲がってよけいにストレスたまって自滅しそう。 ええ、だから、私は闘わない。 いつもヌラリヒラリ。 

ああ、それにしても、タキソール投与後のこの異様な胃もたれ感と腸の不活発感、そして口の中全体がべったりと油で覆われたような味覚障害…やだなあ。 副作用の手足のしびれが軽微なだけでも十分にありがいとは思うけれど、美味しいものを美味しく食べられないのは食い意地はってる人間には辛いです。

ウィークリータキソール11回目 抗がん剤の順番について納得

このあたりは台風の影響はほとんどないまま。 結局、雨もあまり降りませんでした。 みなさんのところは大丈夫ですか? 

7日は抗がん剤タキソール11回目=第4クールの2回目でした。 針刺し担当は、いつもの優しそうな若い先生(でも、この先生との接点は針を刺すときのみ)。 血管が硬くなって針刺しがむずかしそうでしたが、今回は特に痛みもなくすんなり入りました。 ウィークリータキソールはこれであと1回で終了! 私の血管、がんばれ!


7.7アオサギ

いつも通り、アオサギの写真なんか撮ったりしながらぶらぶら鴨川を散歩して、早めに病院に到着してランチ。 のつもりが、診察券を受付機に突っこんだら「○☆△!?」。 なんと診察時間も点滴開始時間も午前中の予約だった…。 何度も予約票をみたはずなのに、気がつかなかった(大汗)。 やっぱり、ケモブレイン…ボケてる。 先生も化学療法室の看護師さんも「大丈夫ですよ」と笑顔で迎えてくださったけど、頼りなくなった自分の脳みそにガッカリ。

ケモブレインとは「がん治療にともなって起こる認知能力の変化。集中力・記憶力・計画能力が低下し、情緒的にも不安定になりやすくなる」ことなんだそうです。 ホントにずっと頭がボーッとしていて、集中力がゼロ。 本を読んだらおもしろいと感じるのに活字を追い続けられず(活字と心中してもいいと公言している私が!)、手芸などの手仕事は何も手につかず(手がしびれていて、さらに肩が恐ろしいほど凝ってしまう)、買い物に行っても決断力がなくて売り場の中を怪しいほどグルグル回ったりして。 仕事したらウッカリミスを連発しそう…ということで、抗がん剤治療しながら仕事の依頼を受けるのはあきらめました(涙)。  会社に通常通り勤務しながら、抗がん剤点滴を受けている人って本当にスゴイなあ。 尊敬します。

7.7ムラサキツメクサ

えっと、そうそう、こんなケモブレインの話がしたかったんじゃなくて、抗がん剤の順番についての疑問が解消されたことが書きたかったんだっけ(やっぱりケモブレイン)。

なぜタキソールをFECより先にするのかが気になっていたんです。 抗がん剤治療にはいろいろな組み合わせがあるのですが、ネットでみるとFEC+T療法の場合、FECの後でタキソール(あるいはタキソテール)が一般的みたい。 「なぜこの順番でやるんですか?」と主治医に今頃になってやっと質問できました(いつも質問し忘れてしまって)。 「FECの副作用があまりにも辛くて、FECを先にすると次のタキソール12回を最後まで続けられなくなる人が多いので、この病院ではタキソール→FECの順番にしています。 この順番だと、みなさん、たいてい最後まで続けられるんですよ」とのこと。 なるほどと深く納得しました。 FECで抗がん剤に対する恐怖心ができてしまってタキソールの副作用が重くなったりして、治療に耐えられなくなる人がでるってことなのね。

FECってやっぱり相当きつそう(汗)。 抗がん剤を始める前にこれを聞いていたら、治療のモチベーションがかなり低下したかも。 だから、主治医も(患者が尋ねない限りは)敢えて言わないんだろうな。 抗がん剤の順番にはきちんとした理由があるんだろうけれど、なんとなくあまり問い質さない方がいいような予感は正解でした。

化学療法室の看護師さんにも「FECは点滴をしている間、特にvogelさんみたいに血管が細い人は薬剤が血管の中を通っていくのがかなり痛いそうです。 少しでも楽にしようと、点滴中は血管を広げるためにずっと腕をグルグル巻きにして保温しているんですよ」なんて説明してもらって、さらに不安が…いやいや、気にするな!気にするな! 痛くないと思えば痛くない!! ということで、ネットで「FECしても副作用はたいしたことなかったよ」という体験談だけを読んで、イメージトレーニングに励んでいます。 だって、ほら、タキソールだって「かなり副作用が軽い方ですよ」と主治医に意外そうに言われてるくらいだから、きっと次のFECも大丈夫。


■たくさん励ましの拍手をありがとうございます。
■donauさん、拍手コメントをありがとうございます。 そうですね、焦らずゆっくりゆっくりやっていきます。


動くことも副作用対策

ウィークリータキソールの4クール目第1回点滴の副作用はこれまでと同じ経過をたどって、副作用は軽め。 土曜日にはほぼ復活。 元気いっぱい!とはいかないまでも、ゆっくりしたペースでならなんでもできそう。


抗がん剤点滴後の経過を、自分の備忘録代わりに(最近、抗がん剤のせいらしいけど本当に忘れっぽい!)メモ。

【点滴の翌日】副作用止めのステロイドの影響らしいが、わりに元気。 顔が少し赤くほてる(抗がん剤に対するアレルギー反応?)。 胃も腸もまったく動いていないような不快感があって、口の中に油の膜でもあるような気持ち悪さ=味覚障害が始まる。 便秘。
【3日目・4日目】強い胃もたれ感と、倦怠感少し。 何をする気も起きないが、横になるほどしんどくもなく、掃除・洗濯・炊事はゆっくりペースでならなんでもできる。 台所の床の拭き掃除や浴室の床磨きも気が向けばやってみたり。 そんなことも特に苦痛ではない(「やらなくては!」という義務感でやったらしんどくなりそう)。 しびれは足の裏から太ももの裏側まで広がり、以前よりも少し強くなっているかも。 処方薬マグミットの力を借りて便秘解消。
【5日目】しんどい気がしているが、洗濯物を干したり布団の整理をしたりして何度も2階へ。 階段を上り下りしていると、かえって身体が動くようになってくる気がする。
【6日目】前回同様、味覚障害脱出!(これが一番ウレシイ)。 胃もたれ感もほぼ消える。 醤油味の佃煮が普通に美味しく感じられてホッとする。 カートをひっぱって歩いて往復30分のおつかいに。 動き始めるまでは身体が重だるい感じだが、少し歩いた方が意外に気持ちがいい。 循環がよくなるから? これからもなるべく身体を動かすように(運動というほどでなくても)心がけよう。

7.5カート

おつかいの相棒は、何年か前に通販で買ったドイツ製カート。 真っ赤なものなんて持ったことないのですが、これは気に入ってます。 スムーズに安定して動くだけでなく、音がしないのもポイント高いです。 容量もたっぷりで頑丈。 さすが信頼のドイツ製。 いっぱい入るからといい気になって野菜をどっさり買いこんで、帰りの登り坂で後悔することたびたび(今日も)。


7.5コムラサキシキブ

生い茂る緑の中に小さな小さなピンクの花。 昨年買ったコムラサキシキブが秘やかな花をつけています。 花の咲く順番が根元から枝先へときれいに段階を踏んでいておもしろいです。 花の右側、淡く色づいた小さな蕾もかわいい。


■いつも拍手をありがとうございます! たぶん、みんなが想像しているよりもずっと元気です。

タキソール10回目 白血球もバッチリ!

1週間の休薬期間をはさんで、月曜日に10回目のウィークリータキソール点滴を受けました。 投与前に採血をして、白血球数などのデータを主治医がチェック。 「血液検査の結果は何も問題ありません。 腎臓も肝臓も大丈夫」とのこと。  主治医の問診も「副作用、軽いですねえ」であっさり終わり。

でも、とりつく島がないというのでもなく、「爪がちょっと浮いてきたようですけど、これは大丈夫でしょうか?」といった疑問には、テープでの固定の仕方を自ら実演してくれるし、「いっつも頭がすごくぼんやりしているんですけど、抗がん剤で脳細胞が死んでいるのでは?」なんていう素朴な疑問にも、「ぼんやりしているのは抗がん剤のせいです。 治療が終われば元に戻るから大丈夫ですよ。 首でちゃんとブロックできているので、抗がん剤は脳にはいきません」と真面目に笑顔で返事してくれる主治医。 なんの心構えもないところに、びっくるするほどサラッと告知されたけど。 私が医師を選んだというより、トリプルネガティブ乳がんだったために先生にスカウトされたという感じの出会いだったけど。 気後れせずにコミュニケーションがとれて(といってもふだんからブスッと無愛想な私はペラペラしゃべるわけではないのですが)、信頼関係が築けてよかったです。

 点滴は針刺し、そして抜くときがいつになく痛くて、血管が傷ついてタキソールが漏れたりしないかとちょっと不安でしたが、何事もなく終了。 あの痛みは血管が硬くなってきているからかな?


7.3アガパンサス

血液検査の結果を以前のデータとじっくりつきあわせてみると、白血球数は投与前(4.5)よりも少し多い5.0。 バッチリ! 味覚障害がいやだといいながらも毎日ご飯をつくって、良質のたんぱく質&たっぷりの野菜をしっかり摂れているから。 と、勝手に自己満足しておく。 しかし、味覚障害…口の中がいつもなんともいえず気持ち悪くてイヤだあ。 土曜日にはまた味覚障害から脱出できますように。 あと2回で抗がん剤前半戦終了! 力まず、でも気力で乗りきろう。


■いつも拍手をありがとうございます。 「全然しんどくない…わけじゃない、けどなんとなく大丈夫」といったら、「身体が抗がん剤に慣れたのか、あるいはある程度の副作用にあきらめがついたのか?」と看護師さんに苦笑されました。 どっちなんでしょうね。

タキソール9回目

タキソール9回目の点滴を無事にクリアしました。

針刺しで血管を傷つけたようで少し内出血しましたが、タキソールが血管から漏れでることはなかった模様…たぶん。 いまのところ、紫色になっているだけで痛みはなし。 初めに生理食塩水や吐き気止めのステロイド剤を点滴している時点で、針とチューブの接続部から2回液漏れ(この日のお医者さんの留め方が雑だったのでは?)。 ちょっとでも皮膚についたら壊死といわれていたタキソールの前に直してもらえてよかった~。 以前、隣の席でタキソールの液漏れが発生して大騒ぎになったことがあって。 ホントに怖いのだと実感しました。

6.18散歩道

いつも通り、お散歩して病院へ。 暑くて人影もなく静か。

何気なく通りがかりの木の幹をみるともなくみたら…

6.18コゲラ

コゲラ?? こんなに至近距離に!と驚くほど低いところに。 手を伸ばしたら触れそうなほど近いところでコツコツコツ、お食事中。 あわててデジカメをだして1枚だけ撮れましたが、コツコツしてたからブレブレでした。 会えてすごくうれしかった! なごんだわ~。 コゲラちゃん、ありがとう。 


30℃のかんかん照りで歩いて、先週に引き続き牛フィレのピラフをガッツリ食べているから、体温がしっかり上がって、主治医診察での検温はいつも通り、36.5℃。 主治医に「熱がでたりしてませんか?」ときかれました。 「熱っぽかったことは今まで一度もありません」。 がん細胞は熱に弱いと聞いたことがあるので、やっぱりなるべく身体を動かして体温を上げるのは、がんをやっつけるためには重要なことかも。 多少疲労感があっても、これからもっとせっせとおつかいに行こう。 あ、でも、これからは暑いからなあ…できるかな。

味覚障害がでたくらいで、歩くのがたいへんなほどの関節痛や痺れがない私は「か、な、り、副作用は軽い方です」と主治医。 「食い意地がはっているから味覚障害がいやだ」といってたら、「ま、しばらくダイエットだと思って…あ、vogelさんはやせなくてもいいのか…」。 お医者さんなのに、主治医は私が太っているかやせているかがいつもよくわからないみたい。 吐き気止めのステロイドで顔が腫れてるから?

6.19ホタルブクロ

わが家のホタルブクロ、今年も山桜の下でいっぱい咲きました。


さて、サッカーの日本代表の試合をみるためにはそろそろ寝なくちゃね。 熱いハートで90分間、全力でがんばれ!!

味覚障害から脱出!

いよいよサッカーのワールドカップが始まりましたね。 毎回ワクワクしながら、夜中でもがんばって起きて観戦していたんだけど、今回はいまひとつ気持ちが盛りあがりません。 体調のせい?

今日の日本×コートジボワール。 みんなどうしちゃったの? 香川と長友は90分間どこにいたんでしょう? 中途半端すぎ。 ワールドカップという大舞台に立てた喜びが全然伝わってこなかったことが、負けたこと以上にとても残念でした。 ネイマールが試合の始まる前に感極まって泣いてた、そういう血が沸きたつような熱さが日本にはなかったなあ。 あと2試合は泥臭くても下手くそでもいい、全力でがんばって!

6.15紫陽花の青

サムライブルー応援の気持ちをこめて、わが家の紫陽花をアップ。


土曜日、目覚めてすぐに兄の命日のことが心に浮かんで、物憂い気分で起きだしました。 ところが、顔を洗っていて、なんとなく「タキソールの毒気が身体から抜けた」という感覚が。 口の中に四六時中あったまずい感じが消えてる!? 恐る恐る佃煮を食べても、ちゃんと美味しい! お醤油味も大丈夫。 うれしい。 また明日点滴したら、まずくなっちゃうのかなあ…。 毎回同じ副作用がでるわけではないから、味覚障害でませんように! 毎日しっかり食べて骨髄抑制にも負けてない気がする(笑)。


6.15クチナシ

写真を撮ったのは5日前。 いまはもっと満開。 クチナシはときどきふっと息をするように香りが濃くなる瞬間があって、湿った空気とともに窓から流れこんできます。

6.15南天

南天の花も咲いています。 白いのは蕾で、咲くと小さい小さい黄色い花。

6.15ヒメシャラ

ヒメシャラも次々に小さな地味な花を咲かせています。 兄が亡くなる直前に買った小さな苗、ずいぶん大きくなりました。


■いつも拍手をありがとうございます!

倦怠感

タキソール投与2日目の水曜日はひさびさに涼しかったので、カートを引っぱって1kmほどのところにあるスーパーへ。 元気元気!と歩いているつもりだったのに、途中でえもいわれぬ疲労感に襲われ、野菜をたっぷり買いこんだカートがやたらに重く感じられて、なんか必死。 1年前には四国でサクサク歩き遍路をしていた私が、なんでこんなおつかい程度でよろよろしているの…と自分のままならない身体にイラッとしそうになりましたが、それよりも身体を休める方がいいと思い直して、帰ってすぐバタンキュー。 しばらく布団で横になっていたら、なんとか復活できて、晩ご飯作りは普通にこなせました。 やれやれ。

いつも投与から3・4日目くらいがジワ~ッと骨の髄にしみるような感覚があって、だるさのピーク。 木曜は昼食を作った後、珍しくすぐに横になりたくなって布団にゴロン。 いままで昼間に横になっていることがあまりなかったので、「どうした? え、しんどいの?」と真顔できいてくる父。 やっぱり全然しんどくないと思っているらしい…。 ま、いかにも病人ぽいよりいいけどね。

今日はずいぶん楽になりました。 でも、ご飯作り以外はなんにもしてない。 味覚障害がでても食い気はしっかり(笑)。 サワラを前にワンパターンな料理しか思いつかず、ネットでみつけたこのレシピを参考に、エリンギを加えて作ってみました。 トマトケチャップを入れたとは思えない、いいお味でした♪ 付け合わせに、ゆでた三度豆とじゃがいも+タマネギ・キャベツ・大根のスープ、食後にラム酒付けレーズン入りのヨーグルト。 なんだかんだいってガッツリ食べてます。

6.12緑の鬼灯

今年は生い茂った葉っぱの影でホオヅキがいっぱい実をつけています。 みずみずしい緑のホオヅキ、かわいいな。

6.12鬼灯の花

花はとっても小さくて、たいていは下向きに咲いています。 珍しくこっち向きに咲いていたのでパチリ。


■いつも拍手をありがとうございます。  無理せず休み休みしつつ、元気に(?)してます。

タキソール8回目

昨日はタキソールの8回目の点滴。  いつもの通り少し前のバス停で降りて、病院までお散歩。 鴨川沿いは気持ちのいい散歩道が整備されていて、春はいっぱい人が歩いていたけど、最高気温32℃という暑い真昼にはほとんど人影もありません。

6.10散歩道

これは1週間前、最高気温が36℃超えだった日に撮ったもの。 病院に着く頃には汗をあまりかかない私でも汗だくに。 それでも、広々したところを歩くのはとても気持ちいい。 広い空と東山を眺めたり、野草や植えられたいろんな花を眺めたり、たっぷりと枝を広げて葉を茂らせている大きな木をみあげたり、独り立ちしたばかりと思われる雀の子を観察したり。 このわずか1kmほどのお散歩のおかげで、病院へ行かなくてはいけないという憂鬱な気持ちがずいぶん軽減されています。

長袖のシャツを着てニット帽かぶって日傘をさして(春にはマスクもして)歩いていても奇異な目でみられないから、暑いけどそれはそれで気楽(お花見の外国人観光客におもしろがってカメラを向けられたときはさすがに凹んだ)。

早めに病院へ行ってひとりでランチというのも、たまに家族から離れられてちょっとホッとする時間。 いままではうどんか和風パスタを選んでいたけれど、味覚障害で醤油味がいやになってしまったため、さんざん迷って初めて牛フィレのピラフ+梅スカッシュ。 いつも以上にガッツリ(笑)。 見た目は醤油っぽい色合いで内心焦ったけれど、食べてみると旨みをいかした薄味で美味しい! 美味しいものを美味しいと感じて食べられるのは本当にうれしい。 しっかり食べれば、きっとそれが私の血肉となる…それが私の信念。 となりに座った2人連れは定食をオーダーした後、私がガツガツ食べているのをみて「次はあれにしようか」と小声で話してました。 よほど食いっぷりがよかったのかな? 点滴前に吐き気止めを処方されているのに、ずっしり重いもの食べて炭酸飲んで。 でも、大丈夫。 タキソールで吐き気がでたことありません。


化学療法室がものすごく混んでいて、部屋のあちこちで点滴終了のピーピー音やらタイマー音やらナースコールが鳴り続けていて、お医者さんも看護師さんも右往左往して慌ただしそう。 でも、針刺しはいつもの優しそうな若い先生が一発で入れてくれてホッ。 全12回の3分の2が無事終了。 タキソールはあと4回! でも、次の抗がん剤FECは「吐き気がひどい人がいるから初回は入院して点滴」と主治医から告げられてしょんぼり。 そんなに吐き気きついのか…そういえば、手術で入院していたときの同室の人がひどい吐き気でほとんど絶食状態になってヨレヨレになっていたような…いやいや、私はどうも普通の人と反応がいちいち違うみたいだから、きっと大丈夫。 気にしない、気にしない!(と自分に言いきかせる)

■いつも拍手をありがとうございます。 味覚障害に負けず、料理を工夫して連日ガッツリ食べてます。 ご安心を。