父と娘の物語であり作家の物語でもあり 朝井まかて「阿蘭陀西鶴」

原田マハ「太陽の棘」「キネマの神様」と一緒に、予備知識なしで本屋さんの店頭でみつけて買った朝井まかての「阿蘭陀西鶴」。 ふだん、まったく時代小説は読まないのですが、帯の「父娘小説」にひかれました。 それに、すっかり忘れていたけれど、朝井まかてといえば直木賞受賞作「恋歌」が思いの外、好みに合っていた(特に文章や表現)と思い出したのでした。

「キネマの神様」と「阿蘭陀西鶴」、はからずも連続して父娘小説を読んだワタシ。 どんだけ父親への葛藤を抱えているのか…(笑)。

10.08阿蘭陀西鶴


主人公のおあいは井原西鶴の娘。 幼い頃に視力を失ったが、母親にしっかり仕込まれて、料理が得意で家事はなんでも自分でこなせる、しっかり者だ。 母亡き後、俳諧師で勝手気ままな父親との二人暮らしでは、やることなすこと無神経な(と娘には思える)父親に対して強い反発を感じてばかり。 ある日、西鶴は強引におあいを淡路島への旅に連れだし、それまでになかった「ものがたり」を書き始める。 旅先で、おあいはずっと毛嫌いしてきた父親の別の一面に気づき…。

まったく期待せずに読み始めたけれど、おもしろかった! 

時代小説にも江戸時代にも西鶴にもまったく関心のないワタシでも、ひさしぶりに読む楽しみを味わえた小説でした。 朝井まかての文章が心地いいんです。 最近の小説ってストーリーの動かし方ばかりに腐心して、どうにも味わいに欠けているから文章を読む楽しさがなんですよ。 朝井まかては何気ない書き方みたいで、じっくり練って書いていると感じます。

とはいえ、実はこの小説、つかみはバッチリ!とはいかず、冒頭の「巻二」までは父親に対してやたらに不機嫌な娘の態度にモヤモヤ←自分のことは棚に上げて(汗)。 料理のシーンが多くて「ひょっとして、この小説はいま流行の美味しい手料理が売りものの”小川糸”系なのか?」と初めはなかなか小説に入りこめず。 淡路島へでかけたあたりから、西鶴の物書きとしての人生が動き始めてぐいぐいひきこまれました。

父娘の葛藤と和解の物語であり、西鶴が日本初の「小説家」となるまでの苦闘の物語であり、書くことにとりつかれた者の業を描いた物語でもあり。 いろいろな読み方ができる小説でした。

10.08秋海棠

西鶴って歴史的に高く評価されているけど、どういう意味で?とまるでわかっていなかったのですが、ようやく理解できました。 それにしても版元は売れれば儲かるけど、作者は買取原稿だから売れてもちっとも儲からなかったのね(浮世絵師もたぶん同じ)。 現代の編集プロダクションと同じシステムなんだなあ。

西鶴には盲目の娘が一人いたということしか記録に残っていないらしいのに、これだけの物語にできる想像力と創造力はすごいと思います。 それも、主人公が盲目だから情景描写がないのに、全然そう感じさせない筆力がすごい。 時代小説は苦手なんだけど、まかてさんのはまた読みたい。


夏に読んで感想を書きかけたまま放置していたのを、ようやく最後までかけてやれやれ。 ノーベル文学賞をとったカズオ・イシグロのことも書きたいけど、それはまた今度に。


Category: 朝井まかて

維新前夜の激烈な日々 朝井まかて「恋歌」

何者」がピンとこなかったのに、またまた直木賞受賞作が文庫本化されているのをみつけて買ってしまいました。 年末に読み終わっていたけれど、年始にはあまりふさわしくないように思えて、感想のアップが今頃に。

朝井まかてという作者の名前も知らず、維新直前の水戸藩にもまったく興味なし。 ふだん時代小説をあまり読まないのに、それでも手にとったのは樋口一葉の師、中島歌子のことをついて最近テレビでちらっとみたから。 水戸藩の攘夷派の奥さんだった人が、維新後に歌人として華々しく活躍したのがとても意外で。

12.22恋歌

幕末の江戸、裕福な宿屋の娘・登世(のちの中島歌子)は、宿に出入りしていた水戸藩士=尊王攘夷の志士、林以徳(もちのり)に一目惚れし、ついに家柄の違いを乗り越えて林家に嫁ぐ。 しかし、水戸藩内の厳しい掟にしばられ、動乱の時代では夫と顔を合わせることもほとんどない。 やがて、登世は藩内の主導権争いに巻きこまれて、藩の牢獄につながれ…。

和歌が恋のきっかけになり、やがて歌人として成功した人が主人公と知って、和歌が苦手な私は店頭で買うかどうかずいぶん悩みました。 和歌が苦手な人、安心してください、和歌はほとんどでてきませんから。 題名からべたべたな恋物語かと想像したのですが、甘い恋は冒頭のみ。 実は、水戸藩の血で血を洗う凄惨なお家騒動が中心なのです。 水戸藩の内紛、知っていた以上に怖かった。 恋の話の間はそれほどおもしろいと思わなかったけれど、恐ろしい運命にさらされる登世から目が離せなくなって、後半は一気読みでした。

1.20雪化粧

時代小説独特のなんだか堅苦しい語り口ではなく、現代人が違和感なく読める文章が時代小説としてはとても新鮮でした。 しっかり練って書かれた文章、なぜ歌子が自分の前半生を書き記したのかという謎を提示した構成、そして壮絶な話でありながら読後感の良さがあって、さすが直木賞受賞作。 あまり歴史小説や時代小説を読まない人の方がいっそう楽しめるかも。 とても読みやすいですよ(内容はハードだけど)。

1.20白椿に雪


月曜日からバセドウ病の薬メルカゾールを飲み始めて4日目。 いまのところ、副作用の皮膚のかゆみや発熱はなし。 薬が効いている感じもいまのところなし。 心臓がバクバクして寝にくいです。

仕事の締め切りが迫っているのに、気分転換と自分に言い訳して(笑)美容院へ行ってきました。 薬の副作用でひょっとして皮膚が敏感になっているかもと思いつつも、カラーリング・ヘッドスパ・トリートメントまでしちゃいました。 髪の毛がさっぱりして、さ、仕事がんばろう…明日から(汗)。

美容院で鏡に映る自分の姿を眺めながら、1年前には赤ちゃんの産毛みたいだった髪の毛がこんなに普通になるなんて思いもしなかったなあと、思わずウルッとなりそうになりました。


■たくさんの拍手をありがとうございます。 薬の効果がまだでてきていないからか、別に普通。 集中力が欠如しているのを薬のせいにしてはいけませんね。
Category: 朝井まかて