やれやれ

今日、父が退院してきました。 やれやれ。 でも、これからは以前よりももっと食事に気を使わなくちゃいけないのかなあ…今まででも、我が家の食事はとっても脂肪分控えめなはずなんだけど。 体質なのかなあ。

先週の月曜日、いつものように近所のかかりつけのお医者さんに出かけた父。 しばらくしたら「心筋梗塞を起こしてるから、これから救急車で大学病院に移送される」と本人から電話が。 心筋梗塞!?…(絶句)。 いや…でも…本人がこんなに元気そうな声で電話してきてるのに?? 母があわて医院に駆けつけると、本人は普通な様子で「自分で歩けます」と言っているのを救急隊員に「動くと心臓が危ない」と制止され、到着したら「心筋梗塞を起こしてるので、すぐに動脈にカテーテルを入れて、血管をふくらませる金属片(ステント)を入れる」と救急処置室へ直行。 処置の説明の書類には、なんかたいへんそうなことがいろいろ書いてありました(コワッ)。 開腹しての外科手術ではないので、処置後に循環器系集中治療室に移された本人は相変わらずケロッとしていて…なんかキツネにつままれたような感じ。

お医者さんによると、実は旅行帰国の前日、父ひとりでいるときに気分が悪くなって、そのときに発作が起こっていたんだろうとのこと。 お医者さんに冷静な表情で「そのとき死んでても全然不思議じゃない」と言われてしまいました。 ぎょえ~っ、親孝行旅行どころか、親を殺しちゃうところだったなんて! ワタシと母の方がショックを受けているのに、本人は「へえ、でも全然そんな死にそうな感じはしなかったですよ」と終始ケロッ。 今から思えば、ひどい苦痛も、死ぬかもしれないという恐怖もまったく味わわずにすんだのは不幸中の幸いでした。 一日おいて、もう2カ所カテーテルによるステント挿入を追加。 待合室にいると、おばあさんが話しかけてきて「あら2回目? ウチの主人なんて今度で7度目のカテーテルですよ」とのこと。 一般病棟で同室になった60歳そこそこのおじさんは「私は9カ所にステントが入ってます」だって。 すごい人がいっぱいいて、さらにビックリ。 ということは、父はまだ何度もこういうことを繰り返す可能性があるわけですね。

8.29芙蓉

10日ぶりに家に帰ってきて機嫌良くしている父ですが、なんだかコチラがまだしばらく心配です。 高齢の両親と住んでいれば、いつかはこういう日が来ることはわかっていたのですが、旅先で死にそうになるとは思っていなかったのでショックでした。 しばらくは家でおとなしく家事に励みます。

リアルお知り合いのみなさま、父はすこぶる元気にしていますので、くれぐれもご心配なく。
Category: 日々の記録

予想外なこと

関西は来る日も来る日も猛暑日。 むし暑くて息苦しいくらいです。 とはいっても、別に夏バテして更新できなかったわけではなく、公私ともにあれこれあって落ち着かない1週間を過ごしていました。

まあ、仕事の方はいつものように…というか、いつも以上に過酷な締切だったんですが、他に気がかりなことがあったので、締切のきつさがあんまり気になりませんでした(いいのか悪いのか)。 担当者からだけでなく、大元の発注者にも「たいへんですが、がんばってくださいね」と激励されたのだから、ホントはとんでもなくたいへんな仕事だったのかもしれません。 あとは、へんなケチがつかないことを願うばかりです。 昨夜遅くまでねばっていたので、今日は一日眠くて眠くて。

8.27木のおもちゃ

今回こそは旅行記をササッとアップしようと思っていたのに、前半で止まったまま。 のぞきにきてくださったのに、なかなか進まなくてスミマセン。 上の写真の子たちは、今回の旅で買ってきたドイツの木のおもちゃ。 どれだけコレクションすれば気が済むんでしょうか、ワタシは(汗)。 飾る場所ないのに…。 とはいっても、ワタシが買ったのはお花を持った女の子とシェパードだけ。 愛らしい羊は「飾る場所ないんだから、買っちゃダメよ」と言っていたはずの母が、あまりのかわいさに我慢しきれず購入(笑)。 「そんなもの」とかブツブツ言っていたはずの父、実は白山羊さんと黒山羊さんをコッソリ買ってました!
 
8.27羊

この羊、ほんとにかわいいなあ。 高さは2cm足らずなんですよ。

ブログ拍手をくださったTさん、いつも温かいコメントをありがとうございます! 旅の記録、ぼちぼち再開できそうです。 もう少し待ってくださいね。
Category: 日々の記録

ヨーロッパ2007【3】ドイツ/ミュンヘン

旅を計画した当初は、イタリアのピサから旧東独かチェコのプラハへ飛ぶつもりだったのですが、ピサ発でドイツ方面へはすべてミュンヘン経由。 ルフトハンザ系列航空会社のプラハ行きもミュンヘン発着。 そこでミュンヘンにも立ち寄ることに。 ミュンヘンは家族で数年以上住んでいたし、その後ひとりで1年語学留学した街ですから「懐かしい!」と胸がいっぱいになる一方で、「見知らぬ都会」のように大きくなってしまった街に戸惑ったり、少し寂しくなったり。 現在の都会的でおしゃれなミュンヘンに対してはちょっと複雑な気持ちです。 そのため、あまり行く気にはなれなかったのですが、観光客いっぱいで埃っぽいイタリアの後で訪れたら本当にホッとしました。

8.20アザム教会

いまさら観光なんてする気ゼロ。 ただ街をぶらぶら。 シンボルの市庁舎に工事のカバーがかぶさっていたこともあって、まったく街並みを写した写真がありません(汗)。 上は小粒だけどバロックが凝縮したアザム教会。 内部の装飾過多で直線のない空間は、ある意味スゴイですよ。 一見の価値ありです。

8.20レオポルド通2 8.20レオポルド通

大学近くから北へのびるレオポルド通り。 昔も留学時代も、このすぐ近くに住んでいたから懐かしい風景です。 母はポプラ並木が昔よりももっと高くなっていることにビックリ。 母に手をひかれた幼いワタシや、貧乏留学生のワタシの背中がいまも見える気がします。

8.20花屋 820庭園2

8.20庭園3 8.20スイーツ

ドイツはとにかく緑が豊かで、ワタシの中では「森の国」というイメージが強いです。 ドイツ人はイギリス人と並んで、欧米人の中でも特に花や樹木が好きなのではないかと思います。 夏は町のいたるところに花が咲いています。 お花屋さんの店頭もカラフル。 日本よりお花が安くて羨ましい。 市庁舎横の高級食材店「ダルマイヤー」でスイーツを買って、レジデンツ横の庭園で食べました。 あずまやからは、おっとりとしたアコーディオンの響きが流れてきて、初めてドイツを訪れた姪はドイツのスイーツのおいしさとのんびりした雰囲気にウットリ。 甘いものとパン・ハム、そしてもちろんビールはドイツの方がイタリアより数段おいしいです。 イタリアのスイーツは絶望的にまずいと、ピサに住んでいる姪も嘆いているくらい。 確かにピサのこぎれいなカフェで食べたジェラートはむやみに甘いだけで、本場のジェラートに憧れていただけにガックリ。 それにくらべてダルマイヤーのスイーツ、おいしい~ッ!(結構なお値段でしたが)

8.20ミュンヘン花 8.20ミュンヘン実

8.20ミュンヘン実2 8.20ミュンヘン花2

8.20ミュンヘン花3 8.20ミュンヘン実3

北のはずれにあるホテルの近くは緑豊かな住宅街。 散歩すると、あちこちにお花やかわいい実があって楽しいです。 ミュンヘンの中心近くは一戸建てがほとんどなく、アパートが主流。 でも棟と棟の間が広くて、その間にたくさん木や花が植えてあるので、日本の団地のような息苦しさがありません。 住環境の良さが羨ましいです。 日本より人口密度が低いからかな?

8.20ミュンヘン花4

真紅のバラの花束をくくりつけた大きなバイク、カッコいいなあ…と写真を撮っていたら、持ち主のごっつい男性が登場。 「え、撮ってくれてるの? ハンドルに掛けたパンの袋、どけようか?」だって。

8.20ミュンヘン花5

お遣い帰りのおじさんも、自転車にひまわりの花をくくりつけてます。 いいなあ、普通に男性が買い物のついでに花を買って帰るなんてステキ!

8.20リス

最後はアパートのすぐそばでみかけたリス。 大都会なのに、この自然、このゆとり。 ミュンヘンはやっぱり住むのがいいなあ。

ヨーロッパ2007【2】イタリア/ルッカ

ピサから鉄道のローカル線で40~50分ほどのところにある小さな町ルッカへ、ピサから日帰りで行ってみました。 庶民的で雑然としたピサの繁華街とは対照的に、ルッカは町全体が瀟洒で洗練された雰囲気。 全長4kmの城壁にぐるりと囲まれた旧市街は中世の面影が色濃く残っています。 ピサにくらべると観光地としての知名度はあまり高くないはずですが、古い歴史的な街並みが残っていて、町の規模のわりにおしゃれなお店やレストランもたくさんあって、ぶらぶら町歩きするのが楽しかったです。

8.18ルッカの広場

ローマ時代の円形闘技場を利用して作られたメルカート広場。 カフェやお土産物屋さんが集まっています。 広場に立つと、楕円形の形以外に往時の面影はみあたりませんが、広場の外側を歩くと建物の外壁に遺跡らしき古い石造りの部分が残っていました。 広場の近くでランチを食べましたが、ピサより数段おいしかった! ルッカでおいしいイタリアンを食べなかったら、本場のイタリアンへの信頼が揺らぎそうなほどのレベルの食事ばかりだったので(高級店へ行かなかったから?)、ルッカへ行って本当によかった。

8.18ルッカの教会 8.18ルッカの町角

8.18ルッカの町角3 8.18ルッカの町角2

左上は町の中心にたつサン・ミケーレ教会。 ドゥオーモ(大聖堂)よりもこの教会の方が、繊細優美な外観とロマネスク様式らしい質素な内部でずっと美しく、均衡がとれているように感じました。 右上は古い呼び鈴(?)。 電気がなかった時代のものではないかと思いますが、どうでしょう。 右側に現役のブザーが付いていました。 右下は家の角、ずいぶん上の方に付いていた謎の金具。 たいまつでもかかげたんでしょうか。 父は入口横に牛か馬をつなぐためらしき金具をみつけたと言っていました。

8.19ルッカ路地

日本でも外国でも、歴史があって犬がのんびり寝ていて、趣のある路地がたくさんある町が好き。 そんなワタシにピッタリの町でした。 親と一緒だったため、町全体を見渡せるグイニージの塔に登れなかったのだけが残念(煙となんとかは上に登りたがるもので…)。

ヨーロッパ2007【1】イタリア/ピサ

ヨーロッパ家族旅行の目的のひとつは、一番上の姪が留学しているピサをみんなで訪れること。 ピサに乗り入れている飛行機がなかなかなく、結局、関西空港からルフトハンザでフランクフルト経由ミュンヘンへ。 ミュンヘン空港内で成田から飛んできた兄&姪チームと合流して、エア・ドロミテという小さな航空会社でさらにピサまで飛びました。 京都の自宅を出たのは早朝5時30分、ピサに到着したのは夜10時。 時差を考えると飛行機に乗ったり降りたりしてるだけで24時間くらいかかったのかな? 長い長い移動の一日に全員グッタリ。

ピサは今の西日本ほどではありませんが、日中はかなり暑かったです。 それでも熱帯夜ではないのでバテることはありませんでした。

8.18ピサ大聖堂

ピサ最大にして唯一のみどころ、大聖堂と斜塔のある広場。 わやわやといろんな人種、いろんな国の観光客が斜塔の前で記念撮影していました。 青空の下、広々とした芝生と真っ白の大理石の建築はとても晴れやかな風景です。 芝生の広場ってイタリアでは珍しい気がします。 たいていは一面の石畳なのでは。 のびやかで中世の重苦しさがないのがピサの魅力。
 
ピサには一度来たことがあったのですが、フィレンツェからの列車が遅れたために、大聖堂や斜塔の見学ができず外から眺めただけ。 「今度こそ斜塔に登ろう!」と意気込んだのに、姪に「15€も払って上がる価値はない」と言いきられ、そのとき1€が170円近くに高騰していたこともあって、つい弱気になって断念しました。 話のネタに登ってみたかったなあ…でも、2500円ってやっぱり高すぎ(ため息)。

8.18大聖堂 8.18ピサの斜塔

左は大聖堂の内部。 一面に金で装飾された天井がキレイです。 斜塔はほんとうに傾いてますね。 補強工事をしたそうですが、ホントに大丈夫? 

8.18ピサの馬 8.18バナナ

レース編みのステキな耳カバーをした馬。 馬主の奥さんのお手製かな。 右は書店の店頭。 イタリアでもバナナ(上から4番目に顔写真が)とハルキが大人気なんだそうです。

「イタリアは食事が楽しみ~!」と一家で期待していたのに、ピサでは満足のいく食事にありつけずじまい。 原因のひとつは開店時間の遅さ。 レストランでの晩ご飯は20時頃からしか食べられないんですよ。 みんな疲れていて、とてもそんな遅くから晩ご飯を食べる気になれず、仕方なく妥協して夕方に開いている軽食の店へ。 おいしいものが食べたい方は、ちゃんとしたレストランが開く21時頃まで待ちましょう。 ちなみに、姪が親しくしているイタリア人夫妻が晩ご飯に招待してくださったのですが、手作りのお料理はどれもとてもとてもおいしかったです。 イタリア人は料理するのが好きで、あんまり外食しないみたいですよ。

8.18ピサスープ 8.18ピサのピザ

左のピサ風スープ(トマトベースの野菜スープの中にパンが入っていて、本物は水気がなくドロドロしているそうです)はそれでもおいしかったけど、右のピザを食べた店は史上最悪。 素材そのものの味はおかしくなかったけど、ハムは乾燥してぱさぱさ、モッツァレラは解凍したピザ生地を温めた上にそのまま載せただけみたいな感じで、ファーストフード以下のクオリティ。 そのうえ頭上にはハトがとまっていて、いつ糞が投下されるかヒヤヒヤ、お客の連れてきた放し飼いの大きな犬は図々しくテーブルの上に鼻ズラ載せておねだり。 ピザをやらなかったら、テーブルの横でおしっこジャージャー(笑)。 あげくの果てに、テーブルに寄ってきてしつこく物乞いする老婆にすんでのところでバッグを奪われそうに。 狙われたバッグから一番離れたところに座っていたワタシが気づいて、「この婆さん、あやしい! バッグに気をつけて!」と立ち上がって大声で言ったら(もちろん日本語で)、何やら捨て台詞を残して逃げていきました。 被害に遭わず、やれやれ。 あまりにもへんてこな店で、姪たちとお腹をかかえて大笑い。 ピサで一番印象に残っています。 旅って、こういうちゃんとしていないことの方が後で思い出して楽しかったりします。

犬文字を妄想したり 森見登美彦「太陽の塔」

昨夜は暑くて暑くて、夜中に目が覚めたら眠れなくなってしまいました。 布団の上で「暑い!」と誰にともなく怒ってみても涼しくなるわけでもなく、仕方なく(?)森見登美彦の「太陽の塔」を寝たり覚めたりしながら、結局、最後まで読んでしまいました。 この作家の「夜は短し歩けよ乙女」がずっと気になりつつも買うまでにはいたらず。 デビュー作がいつのまにか新潮文庫から出ていたので、とりあえずこちらを読んでみることに。
 
9.28太陽の塔

でも、この本を読む気になった最大の動機は、ワタシのテリトリーを舞台にしているから。 地域小説っていうか…自分の生活圏がそのまま小説になってるのが何よりおもしろかった。 作者はウチの至近距離に下宿していたんですねえ。 一瞬、「もしかして裏のおんぼろ学生アパートか?」と思ってしまいましたよ。 読んでみて、「おーい」と呼んだら聞こえるくらい近いところにいたことが判明しました。 絶対に、森見さんとはウチの前の坂で何度もすれ違ってるワ(笑) 森見さんって、どんなくらいもっさりした京大生だったんだろ? ということで、ワタシがどんなところに住んでいるのか知りたい方は必読(笑)です。

えっと…ストーリーについて、ぜんぜん触れてませんでしたね。 まったくもてない男子大学生(=理系の京大生)の生態と妄想を描いた作品、としか言いようがありません。 全編にわたって筋というほどの物語はなく、「何が言いたいのか?」と読者を悩ませるほどの問題提起もなく、だらだらと現実と妄想が錯綜していくだけ。 それじゃ退屈かというとそうでもないけど、おもしろいかというとそれほどおもしろくもなく。 途中で放りだしたくなるようなイヤな感じはなく、でも読み終わって何も残っていないような。 もてない京大生(なかにはイヤほどもてる人ももちろんいます)の生態観察というところでしょうか。 この延長線に「夜は短し…」があるのなら読まなくてもいいかな、と思いました。

8.17大文字山

この小説の中に、「大文字を犬文字にしてみたい」という妄想が出てきました。 昨夜の「太文字」をみたとき、「ああ、犬文字でなかっただけマシか」とワタシも思いましたです。 「犬」になったとしたら、完全な山火事。 我が家も焼けてしまったかも。 今日、大文字山を見ると、文字でないところが広範囲に焦げていました。 実はほんとうに危なかったのでは。 しかし、どこも報道していないのが不思議。 街中の人は気づいてもいないみたいだし。 角度によって見え方が違うのかな。

Tさん、コメントをありがとうございます。 五山の送り火をご覧になったことがあるんですね。 他府県の方にとって、はたしておもしろい行事なんだろうかと疑問に思っているのですが、京情緒感じられました??

太文字の送り火!?

8月16日は大文字の送り火。 今年はNHKでも生中継されていましたね。 五山の送り火は、お盆の間だけ家に帰ってきていた先祖の霊があの世へ帰って行くのを静かにお見送りする行事。 観光行事とは全然意味合いが違うもの、ということを伝えようとしていた姿勢に好感が持てました。 京都人は自宅の近くにあって子どもの頃からずっと眺めている五山のどれかひとつに火が灯るのを静かに見守って、消えていく火に手を合わせます。 ひっそりとした、ちょっともの悲しい感じがするのが送り火。 子どもの頃は「ご先祖の霊が…」なんてことはあまりわからず、でも長いと思っていた夏の終わりが近づいているのを感じて、子どもなりに何やらしんみりした気持ちになりました。
 
今年も一家揃って無事に見られてよかった…とホッとしていたのですが、あれ、なんか火の勢いがヘンじゃない? なんか横に広がってないか??と思う間に、うわぁ~「太文字」になってしまいましたよ!

8.16太文字

両親だけでなく、ご近所の道から大文字を見上げていた人たちも口々に「こんなの初めて見た」とビックリしてましたよ。 そのまま燃え広がっちゃったらどうしよう…とドキドキしてしまって、今年はしんみりするどころじゃなかったです。 でも、NHKでは放送してなかったみたいですね。 実物を眺めていたので、その間はテレビみてなかったけど。 とにかく山火事にならなくてよかった。 
Category: 日々の記録

厳暑お見舞い申し上げます

本当に毎日暑いですね。 暑さにことのほか弱い体質なので、「暑い」という言葉以外、何も日本語を知らない人みたいに、口を開くとそれしか出てきません。 言っても仕方ないから言わないでおこうと思っていても、ついつい情けないうめき声を発してしまいます。 洗濯物を干している間に干物になってしまいそうだし、室内にいても湿度が高くサウナの中みたいに息苦しい感じ。 今日、京都では37℃以上あったそうです。 明日も37℃だそうです。 勘弁して(泣)。
みなさんは体調、大丈夫ですか?

昨朝、猛暑の日本に無事帰ってまいりました。 イタリアのピサは暑かったのですが、ドイツが涼しくて(というか肌寒い!)1週間ほど滞在しただけなのに、カラダはすっかり日本の暑さを忘れ去っていました。 そのため暑さがさらに厳しく感じられます。
いまのワタシはこんな感じ↓

8.16ルッカの犬

イタリアのルッカ、炎天下の広場で。 暑くてへばっているのかと思ったけれど、よく考えてみれば日陰だってあるんだから、実は暑いのが好きなのかも? 焦げるような日射しで石畳もそうとう暑くなっているはずだけど…前の晩、お腹を冷やしちゃったのかな。

8.16ミュンヘンの犬

ミュンヘンのワンコは涼しくて快適そう。 ご主人と真反対向きに座っているのがおかしい。

Dさん、そしてウェブ拍手をしてくださったみなさん、元気で帰ってきました。 お見送りをありがとうございました。 旅の詳細は画像を整理しながらぼちぼちアップしていきます。
Category: 日々の記録