歴史の空白を想像力豊かに描く 村木嵐「マルガリータ」

桃山時代に天正少年使節として日本を発ち、ローマ法王に謁見、ヨーロッパ各地を見聞した4人。 見目麗しく勉学に秀でた少年たちはヨーロッパで熱烈な歓迎を受けたが、帰国後に待ち受けていたのは過酷なキリシタン禁制だった。 使節団の仲間たちが信仰に命を捧げるなか、ひとり千々石ミゲルだけが棄教。 キリシタンが多い長崎で激しい侮蔑を受けながらも、いっさい申し開きをしなかったミゲル。 なぜミゲルは棄教したのか。 彼が真に求めたものとは…。

マルガリータマルガリータ
(2010/06/24)
村木 嵐

商品詳細を見る


豊かな想像力と温かな視線で、歴史の謎に真っ向からとりくんだ正統派歴史小説。 昨年の松本清張賞受賞作です。

天正少年使節団の事実だけは知っていても、キリシタンというと迫害や拷問、殉教を思い浮かべてしまう私にはどうも苦手で興味をひかれないジャンルだったのですが、村木嵐「マルガリータ」は興味深く読めました。 信仰についてのドロドロとした内省ではなく、意外にも優しい友情の物語でした。 悲劇的な人生を描いているにもかかわらず内容的に重すぎず読みやすく、ミゲルの妻・珠の無垢な視点で描かれているので読後感もよかったです。

いままで名前も認識していなかった千々石ミゲル。 ほんとうはどんな人物だったのか、機会があれば他の本も読んでみたいと興味を持ちました。 デビュー作にして、このレベル、すごいです。 デビュー作というのに円熟味さえ感じさせる筆致と構成。 無理やりケチをつけるとしたら(別につけなくてもいいんですけどね)、うますぎてほんの少し物足りないというくらいで。 そんなふうに感じたのは、この本のすぐあとに百田尚樹のデビュー作「永遠の0」を読んだからかもしれません。 「キリシタンの歴史なんて全然興味ない」という方にこそ、おすすめしたい一冊です。 みなさん、ぜひ買って読みましょう!


10.25ホトトギス

わが家の庭は、いま野趣豊かな杜鵑(ホトトギス)の花でいっぱい。 真っ白から濃い紫までいろんな色の花が咲いています。 写真はオーソドックスな杜鵑。

読書中の本の影響で、磨き熱に片づけ熱が加わり、ひたすら衣類を選別中。 どんだけ必要ない服を貯蔵していたんだ、私は!とあきれてます。 片づけしようという気力がでるくらい、復活してきました。 完全復活まであと一歩…かな。

■拍手をありがとうございます。

うふふなもの

だらだらと以前の5倍の時間をかけて(←ただ単なる集中力欠如のため)仕事をしたり、年に1回の恒例行事=人間ドックに行ったり、父親のこれまた恒例となった心臓の検査入院があったり、姪3号が過労で倒れたという電話におろおろしたり。 うろうろしている間にどんどん日が過ぎてしまって、なんだか信じられない気持ち。

お掃除の神さまはまだご滞在中らしく、落ち着かない細切れの時間は台所やトイレをすみずみまでふき掃除したり、お風呂のタイルや壁・窓をごしごし洗ったり、ソファーやテレビ台・ベッドをどけて床の雑巾がけしたり、玄関を徹底的に掃除したり、蚊の襲撃にびびって夏に盛大に生い茂ってしまった雑草をひいたり、まったく私らしくないのだけれど掃除に励んでおります。 誰も気づいてくれないけど。 発見したこと=掃除機はぜんぜん楽しくないけど、雑巾がけや磨き作業は達成感が味わえるということ。 ふだん手抜きだから、ホコリがきれいに除去された感をいっそう強く味わえるのかもしれません(笑)。

10.23クリーム

近頃のうふふなもの。
友だちに教えてもらったスチームクリーム。 するっと肌に浸透するクリームの軽くやわらかな感触とラベンダー系の香りが心地よくて、家事で荒れた手やお風呂上がりのボディにせっせと塗っています。 缶のデザインが選べることにオンナ心をくすぐられ、すっかり会社の思うツボ。 ラベンダーの香り、こんなに好きだったけ? 最近、色や香りの好みが以前と少し変わったみたい。

■拍手と拍手コメントをありがとうございます。 若冲の白象、江戸中期の感覚とは思えないですよね。
Category: 日々の記録

肩のこらない展覧会 「帰ってきた江戸絵画」展@京都文化博物館

展覧会友だちMさんに誘ってもらって、日曜日は「帰ってきた江戸絵画 ニューオリンズ ギッター・コレクション展」へ。 展覧会が始まる前から誘ってもらっていたのに、ずるずる先のばししているうちに会期終了目前!ということで慌てて行ってきました。 連休の中日だから大混雑しているのでは、と心配していたんですが、ほどほどの混み具合でホッ。

この展覧会は若冲目当てのひとを狙っているようですが、若冲の作品はあまり多くありません。 それでも、なかなかに興味深いラインナップでした。 ギッター夫妻のコレクションは若冲や芦雪の墨絵もあれば、禅師の描いた禅画もあるし、華やかな琳派や浮世絵師の風俗画もあり、と「江戸絵画ならなんてでも」という雑ぱくな感じ。 それによって、かえって若冲をとりまく江戸時代の空気や、さまざまな絵師の個性を俯瞰できておもしろかったです。 絵画として大傑作のようなものはあまりなく(いや、あるのかもしれませんが…)、全体に小粒な印象。 それだけに肩のこらない気軽な展覧会で、いまの私にはちょうどよかった。

ひさびさの展覧会、ひさびさの友だち、ひさびさのMさんとふたりで言いたい放題の美術鑑賞、楽しかった! Mさんとは美術鑑賞のツボ、好み、知識レベルが似ていて、かつ私とは違った感性がとても刺激的で、一緒に好き勝手な感想を述べ合いながら眺めると数倍楽しめるのです。 誘ってくれてほんとうにありがとう。

10.09江戸絵画展

若冲の白象図(寛政7年)のてぬぐい、かわいい。 原画は掛け軸。 日本手ぬぐいにすると縦横の比率が原画のイメージに近くていい感じです。


■いつも拍手をありがとうございます。 ちょっとずつ社会復帰してます。
Category: 展覧会

ストレッチ

土曜日はストレッチ教室に初参加。 生まれつき(?)体が異様にかたいから、ゆる~く体のコリをほぐすだけで、筋肉を鍛えたりヨガのようなことはいっさいしなくてよさそうなところを探しました。

選んだコースは思っていた以上に、ゆるかった。 終わった直後の感想は「え、これだけ?」。 ガチガチにかたい体の私でも物足りなく感じるほどゆるい。 呼吸法も「深く吸って吐いて」だけで、特に腹式呼吸を意識しろというわけでもなく。 ところが。 夕方になったら、肩胛骨の間がジワーッ。 夜にはだるくてねむねむ~。

先生に「ここから背骨の骨ひとつひとつを意識して」とひと言アドバイスされたとき、確かに肩胛骨と肩胛骨の間あたりの背骨(これまでの人生で一度も動いたことがなさそうなところ)がゴキッと動いた感じがしたような…それが効いたのか? あと、遠くから先生に「顎に力が入っているよ」と指摘されて、ハッと気づきました。 意識したことなかったけど、どんだけ奥歯噛みしめてるんだ、私は! その後、ふと意識してみると、何をしているときもいつも奥歯を噛みしめてる。 顎の力ってどうやって抜くの??(さっぱりわからん) 教室に通ったら、じょうずに顎の力が抜けるようになるかなあ。 2週間後が楽しみです。

10.08シュウカイドウ

秋海棠の花って、なんともいえずかわいい。 透明感のあるピンクの花と金平糖のような黄色の花心が、葉のあかるい緑に映えてきれい。 うつむきかげんに咲く楚々とした和の佇まいの花がこんなに愛らしいと思うようになったのも、歳のせい?

3日坊主の小学生のように(笑)、あれこれ書くことがたまってしまったので日付をさかのぼって書いてます。

■拍手と拍手コメントをたくさんありがとうございます。 心配してくださっているみなさんの思い、とてもとてもうれしいです。
Category: 日々の記録

ブツヨク

先週の半ば、なんの脈絡もなく突然、お掃除の神さまが降臨。 台所やらリビングやら、やたら拭き掃除して磨いてます。 さらに衣類のひきだしを整理したら、半分がゴミになりました。 ひきだしがスカスカで開けるたびに気持ちいい。 ふだんは苦手な掃除や整理をしてみようという気になる時点で、ずいぶん元気がでてきたってことみたい。 自分の部屋は床から林立する本の高層タワーと手芸材料に手がつけられず、とりあえず拭き掃除だけ…。

そして、この2ヶ月近くずっと気になりながら、事故のことを思い出すのが嫌で放置していた手続きとメールを昨日・今日でやっと片づけました。 外国の病院に駆けつけたときに自分が持っていたバッグも、手を触れるのも見るのも嫌でずっと1年以上部屋の隅に転がっていたんですが、思い切って捨てたら気持ちがものすごくさっぱりしました。

やった方がいいことは十分にわかっているのにどうしてもできない、頭の悪いハエになったみたいに堂々巡りしてた自分に少しサヨナラできそうな気がしてきました。

10.7ツイードバッグ

散歩していて近所の雑貨屋さんで一目惚れしたツイードのバッグ。 赤いものをほとんど身につけたことがないのに、どうしてもこの赤いチェックが欲しくなって。 この1年以上、なにをみても「欲しい」と感じなかった自分が心から欲しいと思った初めてのものです。 バッグはこの間6個捨てたから1個くらいいいよねと誰にともなく言い訳しつつ買いました。 ブツヨクがでてきたのも、きっといい徴候。

■励ましの拍手をほんとうにありがとうございます。
Category: 日々の記録

鳴く鹿の声きくときぞ

すっかりご無沙汰しました。
みなさん、お変わりありませんか?
ずいぶん更新していないのに、のぞきにきてくださった方、励ましのポチッを押してくださった方、ありがとうございます。
リアルお知り合いのみなさん、全方位的に誰にも連絡とらずゴメンナサイ。


気が遠くなりそうなほど暑い毎日がいつの間にかふっと終わり、気がつくと日暮れが驚くほど早くなっていて、澄みきった夕空が美しい季節になっていました。

わが家の庭はいつもの年と同じように、金木犀が香り、杜鵑草(ホトトギス)や秋海棠(シュウカイドウ)があちこち気ままなところで咲き、雑草の茂みには現の証拠(ゲンノショウコ)が白い花がぽつぽつみえています。 夜が更けると、東山の裾野から鹿の甲高い鳴き声がきこえ、たまに正体不明の生き物が庭用のつっかけをかじっていったりして、あいかわらず「家守綺譚」の世界そのまま。

私はというと、7月下旬からお医者さんを替えました。 安定剤では効かないところまできているといわれ(抑鬱気分だけでなく身体のあちこちに症状がでていたので)抗うつ薬を飲み始めたのですが、なかなか自分に合う薬に出会えなくて。 抗うつ薬に対する認識がなかったもので、「飲めばスッと気分が楽になる」と期待していたら大間違い。 効きめがあらわれるまでに2、3週間かかるため、自分に合っているのかどうかもなかなかわからず。 3種類目にして、やっと「少しは効いているのかな?」と感じられる程度。 考えてみれば、あんまり急に効く薬なんてコワイですよね。

10.1洗濯日和

気持ちよく晴れた日には、家族の夏布団を洗濯したり冬の布団を干したり、なにもする気にならない毎日でも家事は不思議にあまり苦になりませんでした。 とはいえ、自分の部屋は荒廃しきっていて、この1週間ほどでようやく埃まみれのぬいぐるみを洗ったり、不要なものを捨てる気力がでてきました。 リラックスできそうなストレッチ教室もたまたまみつけて来週から通うことに。 外へ出る気持ちがちょっとずつ芽生えてきた予感(仕事では外へ出てるんですけどね)。

やっぱり薬の効果かな?? こんな小さな1粒の薬ごときで、自分の情動をコントロールされるのはなんとなくシャクな気がするけど…。 薬に頼らずに自分でなんとか立ち直ろうなんて考えていたから、ここまで落ちこみをこじらせてしまったんだろうなと、いまは思えます。

以前は大好きだった手芸もカメラも旅も、いまはまだ気持ちが向きませんが、ぼつぼつ読んでいる本の感想は少しずつアップしていきたいと思っています。
とりあえずの近況報告まで(というわりに長文失礼)。
Category: 日々の記録