岡山の旅(1) 児島その1

従妹のHちゃんとは岡山で落ち合う予定。 迷った末に、新幹線ではなく在来線でのんびり岡山へ向かうことに。 どうせなら普通には乗らないような、思いきりローカル線ぽいルートを通りたくて赤穂線を経由。 2両編成なのに、ほとんどの駅は1車両分しかプラットホームがない。 希望した以上にローカル色が濃くて鈍行の旅を満喫できました。 意外に、日生以外は海はほとんどみえないルートでしたが。 3時間半くらいで岡山到着。

Hちゃんが着くまで1時間。 あんまりお天気がいいので市電に乗って後楽園へ。


5.25後楽園2

後楽園をぐるっと1周。 朝から全然動いていなかったので、ちょうどいいお散歩です。 あいにく花の端境期だったようだけど、輝くような新緑がきれいで気持ちいい。 後楽園は兼六園や京都の純和風庭園とはちょっと趣が違って、芝生の明るい庭園でとてものびやか。 

5.25岡山城

岡山城を横に眺めながら、約束の時間に間に合わなくなりそうで大急ぎで岡山駅へ戻ります。 天気がいいと、なんでもきれいに見えますね。 Hちゃんと合流してJRで児島へ向かい、鷲羽山の宿へ。

翌朝も快晴。 ふたりとも気になっていた「風の道」を歩くことに。 風の道は廃線になった下津井電鉄の線路跡を歩行者・自転車の専用道に整備したもの。 

5.25風の道 5.25風の道3

5.25風の道2 5.25風の道4

緑陰がすがすがしくて、お散歩に最適なコース。 散歩やランニング・自転車など、地元の人の姿もちらほら。 畑仕事のおばあちゃんともお話ししました。

5.25風の道5

風の道の終点、旧下津井駅に到着。 ずっと下り坂でラクチン♪(ということは、帰りは登りばかり…)。

5.25下津井漁港

下津井漁港から瀬戸大橋を眺める。 いいお天気!
Category: 岡山の旅

伝統工芸展をハシゴ

土曜日は高島屋と大丸の伝統工芸展をはしごしました。 大丸は着物関係だけの「日本伝統工芸 染織展」、高島屋は陶芸・木工・染織・金工などが展示された「日本伝統工芸 近畿展」。 工芸作家に転身された、かつての職場の先輩の作品を鑑賞するのが主な目的でした。 いまや中堅作家なんだからなあ。 先輩、すごい…と、毎回ただただ感心。 紬を織るのってどれほどの根気と緻密な作業がいるのか…考えるだけで気が遠くなりそう。 あとは陶芸作品をじっくり鑑賞。 どのジャンルもほとんど実用性を無視して新たな表現を追究という感じなんだけど、素人には陶芸作品がやっぱり一番わかりやすい。 象嵌の陶筥がよかったなあ。 いろいろな技法の作品がみられて、目の保養になりました。

午前中はストレッチ教室。 ゆるんだわあ…と、通い始めて半年以上経って初めて実感できました。 前は体(特に背中と首筋)がカチカチでどうしてもできなかったポーズが今日はできて、コリがほぐれた。 気持ちよかった。  

5.26リラックス猫

このくらいゆるんだニャン。 ねむねむ~。 岡山の旅を書くより寝たい(笑)。

■拍手をありがとうございます!
Category: 展覧会

晴れの国・岡山

先週の金曜日から2泊3日で岡山を旅してきました。 ものすごく楽しくて魂の洗濯ができました。 Hちゃん、このタイミングで旅に誘ってくれてほんとうにありがとう。

関東人の従妹Hちゃんと一緒に2人だけで旅をするのはひょっとして初めて?? ふたりともその日の天気や気分で気ままに旅するのが好きなタイプだから、ひさびさに会って話に花が咲いて宿でのーんびりになるかと思っていたけれど。 予想外にあれこれ体験した内容の濃い2日間を過ごしました。

5.21瀬戸内海

「瀬戸内海をみたい」というHちゃんの希望で1泊目は瀬戸大橋を望む児島のホテルに宿泊。 翌朝は気持ちよく晴れわたって、青空と青い海、島影が幾重にも重なる穏やかな風景を満喫! 車の往来がほとんどない海辺の空気で肺の中まで浄化された気がしました。

上げ膳据え膳でご飯が食べられる幸せをかみしめる←結婚もしてないのに専業主婦並みに心底うれしい。

かなりよく歩いたけど、気分的には下の写真の方ぐらいゆるゆる。

5.21瀬戸内の猫

盛りだくさんな旅の話、少しずつご報告しますね。 でも、その前に仕事しなくては…。

■いつも拍手をありがとうございます。
Category: 岡山の旅

おそいゴールデンウィーク

日曜日の深夜に、4月上旬から抱えていた仕事が一段落してホッとひと息ついていました。 ああ、すっきりした! この開放感、ひさしぶりだわ~。 月曜日に待ち時間が長ーいお医者さんへ行って、もう一つ義務を果たした気分です。 抗うつ薬もやっとまた一歩減薬。 15mg→10mgになりました。 20mgを15mgに減らしただけでめまいのような気分の悪さがあったけど、今回は減っても平気。 お医者さんに通い出してから初めて、自分でも「よくなってる」と実感できて、それにも心底ホッとしています。

5.17テッセン

仕事が忙しいと騒ぎながらも、隔週土曜の呼吸法&ストレッチには休まず通っていたし、日曜は細見美術館の「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展の最終日に駆けこみで母とみにいってるし、最低限の息抜きはちゃっかりしていました。 毎日のご飯はもちろん、兄の三回忌の法事に関するあれこれ、母が撮ってきたデジカメ画像の焼きつけ…などなど、家の雑用もいろいろやっていたし。 かなり元気な証拠。

5.17ナニワイバラ

元気になってきた証拠その2。 水曜、やっと美容室へ行って髪の毛をバッサリ切りました。 伸びきってボーボーになっていたボブからベリーショートに。 べっぴんさんのモデル今宿さんの一番短かった頃の写真を持参して「これくらいにしてください」と、顔が違うことを無視して(笑)オーダー。 そのへんの男子より短いかも。 すっきりした。

5.17ツボサンゴ

元気になってきたところで、明日から従妹のHちゃんに誘われて岡山へ小旅行。 ひとあし早く東京をでて鳥取に行っていたHちゃんと現地集合の予定。 私はのんびり在来線で岡山へ向かうつもりです。 途中の明石で明石焼、食べていこうかなと考え中。 いってきます! 
Category: 日々の記録

花ざかり

まだまだ仕事べったり、ひきこもりの毎日が続いています。 追加の仕事まできて…このご時世にありがたいと思って受けました。 ひと息つきたいんだけどなあ…なんて思うのは贅沢なんだろうな。

どっこも行けないけれど、パソコンの画面を凝視しているのが嫌になったら、ぶらっと庭にでて気分転換しています。 いま、わが家の庭は次から次へと花が咲いてとっても賑やか。 鉢植えに水やりしたり、木陰にしゃがみこんで草ひきしたり。 クマンバチの低い羽音、すぐそばの木から聞こえるメジロのささやき、遠い頭上から降ってくるツバメのおしゃべり、目の前を不意に横切るアゲハチョウ…ひょっとして、あれは昨秋かわいがっていた青虫くん?


去年、デパートの園芸コーナーで一目惚れしたツボサンゴ。 今年もいっぱい花を咲かせてくれました。

5.10ツボサンゴ

かわいくてかわいくて、どれだけ眺めてもあきません。 風にゆらゆら揺れてる姿も愛おしくて、1日に何度もうっとり。 癒されてます。



5.10菖蒲 5.10オダマキ

5.10紫蘭 5.10オオデマリ

冬が厳しい方が植物は元気になるのかな? 今年は紫の花は特に深い深い色で、とてもきれいです。

5.10二人静

楚々とした二人静も増えました。 木漏れ日の下で、若葉と白い小さな花がなんともいい風情です。 ずいぶん離れたところでも勝手に咲いていて、うちがよっぽど気に入ったみたい。


■慰めの(?)の拍手を、みなさんありがとうございます。
Category: 日々の記録

仕事ばっかり

みなさま、こんばんは。


これ以上放置していると、いらぬ心配をかけそうなので、とりあえず生存報告。

5.6日吉大社2


もうね、ずーーーーっと仕事。 ゴールデンウィークの前は大っ嫌いなテープ起こしを根を詰めてやり、GW直前は大阪の打ち合わせに呼びつけられて「GW開けにアップ、よろしく」と申し渡され、GW中はひたすら家にこもって仕事、仕事、仕事。 ふと気づいたら丸1週間、靴を履いてませんでした…家族以外の誰とも話をしてませんでした…不健康な生活。

どんなにすごい仕事をしているのかと思われそうですが、おもしろくもおかしくもない、ただただ根気と気力が要るだけの内容で。 こういうクリエイティブなことから最も遠い仕事は、もっと要領よくササッとできるというか、割りきれる人なら、私の3倍くらいのスピードで仕上げられそうな気もします。 仕事しかしてなくて、2ヶ月前だったら心身がよれよれになってたかもしれない過酷な監禁生活なんだけど、意外にもわりと元気です。

5.6日吉大社3

世の中ゴールデンウィークというのに1日も休みなしというのは、かえって集中力が低下しそうなので、GW最後の日、ちょっと息抜きに大津へ。

わけあって、ドイツ弾丸ツアーの仕事がお流れになってトホホな女二人、憂さ晴らしに本場ドイツビールを飲みにヴュルツブルグへ。 ひさびさに香ばしい黒ビール・ケストリッツァーを昼間っからグビリ。 ドイツ料理でお腹パンパンに。

気持ちよくなったところで、ローカルな気分が満喫できる京阪石坂線で、のんびり坂本へ。 お気に入りの陶芸作家さんが月に1回だけ公開されている工房を訪ねて、のんびりおしゃべりして、いやほど時間をかけて器を選んで。 で、作家さんの次の催しに行きたくなって…金欠なのになあ。 ま、いいっか。

5.6日吉大社

さて、GW中だけ特別公開の庭園でも眺めようかと思ったら、なんと3時で終わり!? 坂本の町並みは以前より整備されて、古くていい感じ。 お天気も持ち直してきたので、日吉大社の参道をぶらぶら歩いていたら、モミジの若い若い新緑がきれいで、そのまま日吉大社を参拝することに。 境内はモミジの新緑でいっぱい。 きれいな清水が境内の中を流れていて、空気も良くて(花粉も飛んでなくて)、すがすがしくてすごく気持ちよかった! 社殿も国宝やら重要文化財やらいろいろあって立派だし、午後遅めだったからか人もほとんどいなくて穴場でした。

5.6日吉大社4


GWが開けても仕事はできてなくて、ただいま四苦八苦中。 今週いっぱいは仕事一色だなあ。


■いつも、いろいろな記事に拍手をありがとうございます!
Category: 日々の記録