ただいま!

みなさま、見送りのメッセージ&拍手をありがとうございました。 無事に帰国しました。 ベルリンは遠かった…疲れ果てて家にたどり着きましたが、12時間近く(!)爆睡して復活。

6.21ベルリンの熊


着いた翌日にもらえたフリータイムで、おのぼりさんらしくブランデンブルグ門へ。 ベルリンについて予備知識を仕入れる時間もなくて、思いつくのはここくらいだったもので。 あと半日時間があれば博物館に行きたかったな。 ブランデンブルグ門の前はありとあらゆる国からの観光客で賑わっていました。 門の向こうに目障りなものが立っているなあと思ったら

6.21サッカーファン

サッカーのヨーロッパカップのパブリックビューイングでした。 撮影スポットも用意されていて、この日の夜におこなわれるドイツの試合に向けて、昼間から人が集まってきていました。

テレビで試合がみられるかもと思っていたけれど、あまかった。 打ち合わせを兼ねた晩ご飯の後、午前2時過ぎまでホテルの一室にスタッフが集まって翌日の資料作り。 部屋に戻ってシャワーを浴び、午前3時頃、気絶するように就寝。

今回の出張で一番うれしかったのは、ドイツ関係の仕事で知り合ったRさんに10数年ぶりにベルリンでお会いできたこと。 Rさんには、直前に決まった今回の仕事で頼もしい助っ人を紹介していただいた上に、わざわざライプツィヒから私の空き時間に合わせてベルリンまで来ていただいて、おのぼりさんの観光につきあってもらって、感謝の気持ちでいっぱい。 自己主張の強いドイツ人に囲まれての生活はたいへんなはずなのに、やまとなでしこの優しさをもち続けておられるRさんとお話しできて、長旅の疲れと仕事の不安で張りつめていたものがとてもとても癒されました。 出張に同行していた営業さんに、Rさんと会った後に夕方落ち合った際、開口一番「昨日はやっぱり飛行機で気分悪かったんですね。vogelさん、今日は昨日とは別人みたいに元気そう」といわれたほど。 Rさん、ほんとうにありがとうございました! 今度はぜひ京都でお会いしましょう。

6.21ブランデンブルグ門

ベルリンはドイツのいろんな時代の歴史が地層のように重なっている、とても不思議な街でした。 東西統一してから20年以上経っているのに、まだまだあっちもこっちも工事現場。 あんまりドイツらしくないなあというのが率直な印象です。

さて、ベルリンのことはあれこれ書いている時間があれば、仕事を一刻も早くまとめろと叱られそうなので、そろそろ苦手なテープ起こし作業に戻ります。 あと、ふたがんばり!?
Category: 日々の記録

ドイツ弾丸ツアー!?

兄の三回忌を10日に無事に終えてホッとしたら、心身の芯に鉛でも入っているのかと思うほどの疲労感がでてきてヨレッとしかけたのですが、降って湧いたような仕事で突然、弾丸ツアー並みにドイツ往復することになりました。 ビックリして頭がフリーズしそう。 何から手をつけていいのかアワワ…となっています。 資料にもまだ目を通せていないし、用意はなにひとつできていません。 どうなるのか…どきどき。 土曜日出発して水曜には戻ってきます。 戻ってきても、締切地獄でたぶん週末までは消息不明です。 とりあえず、生存報告まで。 いってきます!
Category: 日々の記録

岡山の旅(2)児島その2

下津井漁港から海岸沿いに歩いて下津井の集落へ向かう途中、祇園社に寄り道。 祇園社って、あちこちにあるんですよね。

6.1下津井祇園社

急な階段を上がった高台にある神社。 こぢんまりしているけれど、じっくりみると結構凝った造りです。 拝殿の後ろに小さな本殿が2棟ありました。

6.1祇園社

立派な彫刻は漁師さんたちの寄進でつくられたのかな。 龍と太刀をもった神様(あるいは人物?)、下には飛翔する鶴と美しい波文様に亀。

6.1祇園社2

Hちゃんがみつけたかわいい彫刻。 リスと葡萄のモチーフって、なんだかヨーロッパ風!?


6.1賽銭箱

猫に小判…?

6.1祇園社3

真っ青な瀬戸内の海が眼下に広がって、気持ちのいい場所です。


6.1下津井の町並み

下津井の集落には、ぽつぽつと古い佇まいの家や土蔵が残っています。 10年以上前に来たときはほんとうにさびれた寂しい町だったんだけど、いまは少し観光化されてきているみたい。 下津井といえばタコ料理の本場なんだけど、まだお昼には早過ぎでした。

6.1鷲羽山の宿

ハッと気づけば、バスの時間が迫っている! こんな急坂の上にある宿に戻れないよ~と弱気なHちゃんを叱咤激励して無理やり登り坂を早足で上がる。 おお、最近あんまり歩いていなかった割に歩ける自分に感動。 ひさびさに元・山ガールの血が騒ぎました。 宿に預けていた荷物を受けとって、1日に2本くらいしかないバスに無事乗りこみ、JR児島駅で倉敷行きのバスに乗り継げました。 ローカルな路線バスの旅って楽しいよねとHちゃんと2人で上機嫌。

■拍手をありがとうございます。
Category: 岡山の旅