ひと息

更新がすっかり止まってしまいましたが、生きています。 京都は連日37℃近い猛暑でかなりバテていますが、まあ、なんとか元気にしています。 この異様な暑さ、さすがに「冷房が苦手」なんて言っている次元を越えています。 冷房嫌いだけど朝から寝るまで冷房漬けの毎日。 ご近所でひとり暮らしのお年寄りが路上で倒れていたとか…日中に外へでるのが怖い。

祇園祭の前頃から仕事がびっちり。 仕事でベルリンに突然行って帰ってきてから、ずーーっと仕事してた気がします。 種類の違う仕事を同時進行するのはちょっとたいへんだったけれど、なんとかかんとか仕上げて週末にアップ。 土曜の呼吸法&ストレッチもサボらず、仕事の寝不足でヨロヨロしながら行ってきました。 若い先生の指導でいつもと違うメニューをしたら、体中の凝りに凝っていた筋が伸びて、かえって疲れが全部噴きだした感じ。 

7.31雑誌

時間的にも精神的にも、本を読む余裕ゼロの2ヶ月間。 ひさしぶりに雑誌を買って、寝入るまでつかのまの妄想タイムを楽しみました。 部屋をきれいにしたいなあ、旅に行きたいなあ…。 倉敷で買ってきた備前焼っぽい馬、かなりお気に入り。 また、どこか美しい工芸品がいっぱいあるような街へ行きたい。


疲れて日曜・月曜とただただボーッとオリンピックをみて過ごしました。 今回のオリンピックのマイブームは柔道。 あの訳のわかんない旗判定の前からずっとみてて、ド素人ながら「これが柔道なのか?」と思うようなヘンさにすっかり目を奪われて(?)ます。 柔道初日はたびたびの中断、帯をわざとゆるゆるにして途中で何度も何度も解けてしまう選手(こんな人、即失格にすればいいのに!)、銅メダルをとったイタリア女性の無礼な態度とひどい試合内容、特にヨーロッパ選手によくみられるずっと場外ギリギリで試合をする消極的な試合運び…挙げ句の果てがあの旗判定。 両方の選手がかわいそう。 あの判定をするような審判を採用しているのはどういうこと?? 素朴な疑問がいっぱい。 今日は気合いがみなぎった松本さん、決勝で痛い腕を攻められても耐えてがんばった中矢くん、柔道らしいすがすがしさでした。 メダル、おめでとう!

■いつも拍手&コメントをありがとうございます。 ぎんこさんも、かわいいものお好きなんですね♪ 

Category: 日々の記録

祇園祭2012

暑いですねえ…京都はちょうど祇園祭の山鉾巡行の日に梅雨明けして、めまいがするほど暑いです。 家から出るのを躊躇するほど。 18日の京都は平熱(!?)だったとか。 仕事でパソコン使いっぱなしで、さすがに冷房嫌いなんていってられません。 電力需給が気になりますが、大飯原発再稼働のおかげ(怒)で心配いらないんだろうか…。

今年の祇園祭、宵山までが3連休と重なったので、どんだけすごい人出か想像していたつもりですが…想像以上にすごかった! 宵山なんて恐ろしくて近づけないので、宵々山にあたる日曜日の昼間、仕事の帰りにチラッと眺めようと山鉾町に寄ってみました。 梅雨明けしていない蒸し暑さ最高潮の京都なのに、昼間から観光客で細い通りはギューギュー。 仕事があるから体調を崩すわけにはいかないし、周辺部の山鉾をサラッと眺め、ちまきをいただいて早々に退散しました。

7.17豆鳩鈴

八幡山の木彫の鳩が新調されたと聞いたので、今年は八幡山だけじっくり見学。 浴衣を着たちびっ子たちに「ちまきどうですか。鳩笛どうですか」と声をかけられ、そのあまりのかわいさに吸い寄せられて豆鳩鈴を紅白で買ってしまいました。 かわいい。


7.17ハナゼキショウの花

先日買ってきたショウキハナセキショウの小さな花、ずいぶん咲いてきました。 かわいくて満足。


木曜日も暑くなりそうだけど、外仕事の日。 初めての島へ♪ 熱中症&日焼け&蚊対策だけはしっかりせねば。

■いつも拍手をありがとうございます。
Category: 日々の記録

楚々と咲く花

九州はものすごい雨が降り続いているようですね。 みなさんのお住まいのところは大丈夫でしょうか? 昨年の紀伊半島といい今年の九州といい、どうしてこれほど局地的に豪雨になるのか。 このあたりは耐えがたいほどの蒸し暑さながらも、あまり雨の降らない梅雨なのに。

仕事が一段落したので、ひさびさにご近所友だちRさんを誘ってランチに。 おしゃべりしてほっこりできるところということで、前からずっと気になっていた町家カフェ「樹々丸」に行ってみました。 思っていた以上によかったです。 でも、観光地でもない立地で平日なのにあっというまに満席になって驚きました。 耳に入ってくるのが中国語だったり英語だったりして不思議に国際的(?)。

内部はいっさい撮影不可なので写真はありませんが、家庭的ないかにも手づくりのご飯、板敷きの床+白い漆喰の壁に改装した内部、そして室内や庭に置かれた山野草やサボテン・多肉植物の鉢植えが相まって、とても気持ちいい空間でした。 緑がある町家っていいな。 そしてなにより、何気なく置かれた植物のセンスがいい! 町家にあるとよけいにステキ(笑)。 で、一目惚れした小ぶりの山野草を一鉢買ってしまった…器で財布の紐が緩みっぱなしなのに、また散財。 でも、うれし。 鉢植えを作っておられる若いご主人がていねいに育て方を教えくれました。 山野草はむずかしいものが多いけれど、とっても育てやすいようです。 よかった。


7.13ショウキハナゼキショウ

連れ帰って早速記念撮影。 すっと伸びた花の穂が涼しげ。 「鍾馗花石菖(ショウキハナセキショウ)」というそうです。 葉っぱの感じは祇園祭の頃に咲くヒオウギに似ているけど、まったく別種とのこと。 こじんまりした全体の姿もかわいい。 実は買ってから2日の間にたくさん花が咲いて、写真よりさらにかわいくなってます♪

7.13ショウキハナゼキショウ花穂

小さな小さな白い花が下から順番に咲いています。 意外にも日当たりのいいところを好むといわれたのですが、葉っぱが焼けそうだからという母のアドバイスで半日陰に置くことに。 やきものやガラスの器にはまって、山野草に心わしづかみにされて「すっかり中高年ね」とRさんに笑われたけど、ま、昔から渋好みなもので(ってことにしておきましょう)。


7.13ラムレーズンチーズケーキ

食後はぶらぶら歩いて「Papa John's」へ。 初めて食べたラムレーズンチーズケーキ、おいしかった! 母校横のおしゃれなカフェで、お墓の探し方について真剣に話しこむふたり…ああ、やっぱり中高年だわ。 帰りにお墓参りして、蚊にいっぱい献血。 かゆい(涙)。


■みなさん、拍手をありがとうございます。 donauさん、いつも優しい言葉をありがとう。胸の奥にじわっとしみました。
Category: 日々の記録

あの日から2年

みなさま、コメントと拍手をありがとうございます。 なかなかブログを更新せず、ご心配をおかけしました。 梅雨の蒸し暑さに頭が煮えそうになりながらも、なんとか元気に暮らしています。

弾丸トラベラー並みのベルリン往復で、時差ボケやら飛行機疲れやらでヨレッとしながらも、必死でドイツ語の聞き取り勉強のようなテープ起こしをして仕事にまとめたのは、すでに遠いことのような気がしています。 その後にガラスの工房を訪ねたり、企業OBのありがたいお話を拝聴したり、ぼつぼつ仕事が入っていたので。

7.4雨の紫陽花

今回の仕事、たぶん兄が亡くなってから受けた仕事の中で、期日的にも体力的にも精神的にも最も厳しいものでした。 心身ともに耐えられるかな…と、内心かなり不安だったのですが(親も非常に心配していたみたい)、でもやってよかった。 私がいまもっている力すべてを振り絞って連日午前3時、4時までがんばって仕上げました。 端からみたら「それで必死なの?」と突っこまれそうなんですが、私の仕事のスピードはまさにナマケモノの全速力。 本人にとっては必死なんです、これでも。

自分なりに仕事に精一杯集中できたことで、やっと自分の人生を改めて自分の手に中に取り戻せたように思えています。 あの悪夢のような事故の日から凍りついていた時間がやっと少し流れ始めた感じ。 兄の命日直前にドイツで仕事があったのも、何かの縁だと思います。

7.4ホタルブクロ


6月29日、兄の命日に50歳になりました。 びっくりです。 いつのまに。 そんな年齢になったのがいまだに信じられません。 兄はずっと年上のはずだったのに、少しずつ兄と私の年齢が縮まっていって、このままいくと兄より歳をとってしまうんですね。


7.4南天の花


今年は親から「おめでとう」と言ってもらえてうれしかった。 去年の6月29日のわが家は最悪だったから。 お兄さんを突然に喪った友だちが言ってくれた「三回忌が過ぎたら、少し気持ちが変わるよ」という言葉が実感としてなんとなく分かってきました。
Category: 日々の記録