不穏な気配 鹿島田真希「冥土めぐり」

芥川賞受賞作の鹿島田真希「冥土めぐり」は本屋さんでさんざん迷った末、表紙にひかれて単行本を購入。 著者はドストエフスキーにのめりこんで日本正教(←ずっとロシア正教だと思っていた)に改宗して、夫も正教の聖職者だと報道されて、いったいどんな作品を書く人なんだろうとずっと気になっていたんです。 

芥川賞だからなあ…と身構えて読んでみると意外にそうでもないようで、最後まで読むと(併録されている短編も合わせた読後感は)「やっぱり芥川賞」なのでした。



生活破綻者の母と弟の呪縛から逃れるように、平凡な公務員の同僚と結婚した女性が主人公。 結婚してまもなく脳の病を患って体の自由がきかなくなった夫を介護しながら働く、地味な毎日を送っている。 ある日、母親が執拗なまでに繰り返し語っていた優雅な高級リゾートホテルが格安の保養所になっていることを知り、夫とともに1泊の旅に出る…。


えっと、ひと言でいうと、無垢な夫に魂を救われるという話…でいいんでしょうか? なにか不思議に要約しきれないものを抱えたような感じがする作品です。描いている内容はしごく真っ当で健全…なはずなのに、どことなく不穏なものが背景に漂っていて、でも実際には何も起こりません。 ひどい人たちとしてお母さんと弟のことが何度も作中で主人公の視点で語られるんだけれども、どうしてそこまで反発するのか、主人公に感情移入できない浅い描き方に思えてなりませんでした。 なんとはなしにつかみ所のない、モヤッとした読後感が独特といえば独特。 好きか嫌いかと聞かれれば、ビミョウ。 もう一冊読むかと聞かれたら、うむむ。 という感じ。

サッと読むと読みやすそうなのに…やたらと句読点が多い、平易な言葉で書かれているわりに不思議にちょっと読みにくい文体です。 ポツポツと切れた文体はこの作品を描くために使ったもののようで、併録されている短編はわざとだらだらと続くような文体でした。 併録の短編はヘンタイ的な世界観と粘っこい視線がひと昔前の「これぞ芥川賞」みたいで(単に私のイメージとしてですけどね)、これを先に読んだら本を途中で放りだしてしまっただろうな。

10.18白いマツムシソウ

清里で咲いていた名残のスカビオサ(マツムシソウ)。 薄紫のマツムシソウが好きだけど、真綿色もいいなあ。

清里から帰ってきて、京都の家の中が寒くて母がひどい風邪をひき、それが父にうつって、二人ともお医者さんに行ったのにいっこうに風邪は治らず。 ついに昨日から私も風邪。 来週はキビシイ日程の仕事がびっしりなのに。 今週中に治さないと(汗)。


■いつも拍手をありがとうございます。
■とりほさん、完全燃焼よかったですね。 厳しかった夏の疲れがドッとでませんように。 柳生真吾さんは残念ながらこの日はいらっしゃいませんでした。 声がソックリな方(兄弟かな)がいらして一瞬「オッ」と思ったんですが(笑)。

牧場での休日

1週間ほど前、ひさびさに八ヶ岳を眺めたくて遅い遅い夏休みを過ごしに清里へ行ってきました。

10.11小海線

緑の中を走る小海線に乗って(写真は帰りに撮影したものですけど)。 小淵沢からわずか3駅で降りるのが残念なくらい気持ちいいローカル線。

東京からは「ちょっと週末におでかけ」という感じで行けるエリアのようですが、関西から八ヶ岳方面はやっぱり遠い。 行きは名古屋まで新幹線→特急しなの→塩尻で中央線(ローカル鈍行)に乗り換え→小淵沢で小海線に乗り換え、完璧”鉄子”の世界。 帰りは塩尻から特急しなのに乗りっぱなしだったから、少しは楽でしたが。 私ひとりなら「わーい、鉄子の部屋♪」と旅気分が盛りあがるルートながら、年寄りにはきつかったようです。 こんな旅の計画を立ててゴメン。 親と一緒に八ヶ岳方面にはもう行けないなあ…。


10.11清泉寮別館

泊まったのはココ。 過剰なサービスは一切なし。 それがわが家にはちょうどいい居心地の良さ。 別館はまだ新しくてキレイ。 源泉かけ流しの温泉もあって満足満足。 平日でもお客さんはかなりいっぱい。 宿はリピーター率が高そうです。

10.11清里の朝

翌朝は快晴! 日の出直後、まだ誰もいない牧場にでて富士山を眺めました。 気分は最高!


10.11八ヶ岳

ピクニックバスという巡回バスの一日乗車券を買って、乗りっぱなしでぐるぐる。 お昼前に、まきば公園に到着。 八ヶ岳もばっちりみえました。 ああ、できるならあの山の上を歩きたい。

10.11まきば公園

まきば公園は遠足にきた保育園児がいっぱい。 緑の牧場を歓声をあげて走り回って、迷惑そうなヤギを追いかけ回して群がっているちっちゃい子どもたちの姿に、3人ですごく和みました(写真がのせられないのが残念)。 ここのレストハウスで昼食をとるつもりでしたが、食べ応えがありすぎのものばかりだったので、八ヶ岳倶楽部へ行くことに。


10.11八ヶ岳倶楽部

八ヶ岳倶楽部のテラス席は森に面していて、とっても気持ちよかった! パスタもおいしかった。 八ヶ岳倶楽部は柳生博さんと息子で園芸家の柳生真吾さんがつくった雑木林の庭。 NHKの園芸の時間によくみていたところ。 公開されているとはぜんぜん知りませんでした。 歩いて1周10分ほどのさほど大きくない敷地だけれど、とても静かで(観光シーズンはもしかして賑やか?)自然な庭が好きな人ならウットリするような場所でした。 気軽なレストランと雑貨ショップ、山野草などの販売コーナー、ギャラリーを併設…と聞いて”いかにも観光地”なのでは…と思ったのは杞憂。 センスがいい! バスの本数が少なくて、ゆっくりできなかったのがすごく残念でした。


10.11名物ソフトクリーム 10.11売店のプリン

清泉寮といえばソフトクリーム、なんですってね。 いつみても団体さんがズラッと行列して買っていたから、好いているときに私たちもつい食べてしまいました。 甘めで濃厚。 濃い牛乳を食べているような素直な味。 でも実は、売店のミルクプリンの方が個人的にはおすすめ(ソフトクリームも添えられてるし)。 キャラメルの苦みが濃厚なミルク味のプリンと相まって、小さくても食べ応え十分。 もう一度、食べたいなあ。

10.11ディナー前菜 10.11ディナーメイン

10.11ディナーデザート 10.11ディナーデザート2

宿の食事はあっさりした洋食が好き、野菜が好き、スイーツ好きなわが家にはピッタリで満足満腹(早く食べたくて、おざなりな写真…)。 前菜とデザートはビュッフェ。 といっても内容はとても充実していて、ホテルにありがちなつまんないビュッフェとはぜんぜん別物でおいしかった。 特にデザートがどれもこれもおいしくて…全部食べたいけど1回では食べきれません、絶対に。 八ヶ岳の地ビール・タッチダウンもおいしい~♪ 朝ご飯のビュッフェもすごく満足。 泊まっている間、朝から晩まで濃厚な牛乳をいろんな形でいっぱい摂取して(とにかくおいしんですよ)骨密度強化合宿みたいでした(笑)。


というわけで、いつも旅の記録は書きかけになってしまうので、今回は1回でまとめてみました。



■いつも拍手をありがとうございます!
Category: 清里の旅

大人のための短編集 カズオ・イシグロ「夜想曲集」

自分のブログを開けてビックリ! ちょっとチェックしていなかったら、その間にテンプレートが消えてましたね(汗)。 あわてて新しいテンプレートを探してみたけど、気に入るものがみつからず。 パソコン用のテンプレートって需要が減ってしまったのかな…寂しいな。 結局、以前使っていたテンプレートをひっぱりだしてきました。 このテンプレート、背景の色が白い方が断然いいのになあ…とずっと思っていたので、初めてカスタマイズしてみました。 おお、簡単にできた! 前にホームページをつくってみたいと思って、ほんの少しかじっていたのを忘れてなかった。


さて、読書の備忘録を。 ひさびさにカズオ・イシグロ。 「夜想曲集」は秋の夜長にぴったりの短編集です。



ほろ苦くて、でもほんの少し滑稽…そんな人生の一コマを切りとる手腕が秀逸で、さすがにカズオ・イシグロ。 小品という感じで、長編のようなずしっとした読み応えはないけど、深さを感じさせる独特の軽さもステキ。 大人でなくては味わえない小粋な短編の世界を堪能しました。


9.28ミズヒキソウ

台風前の晴れわたった日に、蚊と戦いながら庭でパチリ。 ミズヒキソウをマクロレンズでのぞいたら、小さな小さな花が咲いていました。 いわゆるミズヒキソウらしい姿は蕾だったんですね。 初めて知りました。


明日から遅い夏休み(遅すぎ!)として、親と一緒にちょっとでかけます。 85歳&84歳が転ばないように、しっかり荷物持ちしてきます。 大好きな山方面の温泉付き。 楽しみ~♪ 


■拍手をありがとうございます。 古い記事への拍手もうれしいです。