食欲あり

まだら模様のようにハゲた自分の頭…鏡をみるたびテンションが急降下。 兄を事故で喪ったときと同様、全摘手術で胸を失ったり抗がん剤でハゲになったりは、頭で理解していることと実際に体験する気持ち、やはりまるで別物です。 たぶん自分以上に、娘のこんなまだらハゲ頭をずっと客観的に目にするのは、両親にとってはすごくショックでストレスなはず(昨夜、私の頭をみて母が涙目に)と思い、髪の毛が抜け始めてからは家の中でも一日中ケア用のニット帽をかぶっていますが、これは自分の精神衛生上にもいいのかも(鏡に映ってもドキッとしないでいられる)。 ハゲ鼠はいつまで続くんだろう。

明日の通院でのウィッグデビューに備えて、買って以来初めてウィッグをかぶってみました。 頭髪を押さえるためのネットの締めつけがイヤだな。 それに、頭がやたらと大きくなったみたいで変な感じ。 なんかおばさんっぽい…おばさんだけど!(笑)


やたらに凹みまくっているこの数日、でも食欲は旺盛で、食事の用意もできています。 母はたぶん疲れからひどい腰痛になってしまい、「これ以上悪化させて寝こまれたら、私が迷惑だから!」と毎日お願いしてじっとしてもらっています。 仕事もしていないし炊事ができる間はやると、口を酸っぱくしていうけど、なかなか納得してくれない。 そのことが私のストレスになるんだけど。

お願いして私が作らせていただいた(?)何日か前の夕食は

4.27ある日の夕食

頂き物の筍で、たけのこご飯とたけのこの木の芽焼き。 それに御見舞でいただいた鰺の干物、ほうれん草とにんじんの白和え、えのきと菊菜の炒めもの、頂き物のインスタントのお麩のお味噌汁。 この日は頂き物を活用して、わが家には珍しく純和風でした。

4.27焼きタケノコ

たけのこの木の芽焼き、美味しかった! たまたまみたNHKの「きょうの料理ビギナーズ」のレシピで。 ただ、たけのこのえぐみが、副作用でずっと軽い胸やけ状態の胃にはあまり優しくなかった…。

食い意地がはっているので

4.27パスタ本

パスタの本もネットで買ってみました。 いまのところ観賞用。


それと、最近とっても気になっているのが、ブログの名前と一緒だからか、ブログの管理画面にたびたび表示されるサッポロビールの新しいビール「空模様」。 美味しそうだしパッケージもきれいで、もう気になって気になって。 そのうちポチッとしてしまいそう…サッポロビールの思うツボ。


■拍手をありがとうございます!

悲しいときは草ひき

木曜日も金曜日も抜けるような青空。

4.25花水木

うちの門先にある花水木が満開です。 青空の日はひときわきれい。 今年は例年よりも花が赤っぽく濃い色になったような…気のせい??

4.25花水木2

いつのまにか高い木になって、頭上で花を咲かせています。 お隣さんの2階からは花がよくみえそうです。


4.25キュウリグサ

花水木の下では小さな小さなキュウリ草の花。


脱毛があまりにもすごくて、ちょっとしたホラー映画並み(といっても怖がりの私はホラー映画なんて一度もみたことありませんが)。 この数日、お風呂に入るのが憂鬱になってしまいました。 帽子をかぶっていても髪の毛がハラハラ落ちて、それをみるのがストレスに。 覚悟していても実際に抜ける光景は想像以上に気持ち悪くて凹みます。 もうやだ…と突然泣きたくなるときがあって、そんなときは庭で草ひき。 うつむいていれば、誰も涙に気がつかないし。 そういえば、兄が亡くなった後もこんな風に草ひきしていたな。 背中を温めてくれる陽射し、小鳥の澄んだ声、賑やかなツバメのおしゃべりに感謝。

ハゲ鼠状態の頭。 もう外出はウィッグしないと無理だな。
Category: 脱毛・発毛

ついに

抗がん剤を毎週投与するウィークリータキソールは3週やって1回休み。 今週は初めての休薬期間。 たいして副作用がないから月曜に点滴がなければ元気いっぱいになっている自分をイメージしていたのに、地味にしんどい…のか、ただの怠惰なのか判然としないダルダルダラダラな毎日です。 ひょっとして白血球が減ってる? 前回投与する前、正常値ギリギリだったからなあ。 でも、熱がでるわけでもないし、やっぱりサボリ癖がついてるだけかも。

4.22白い山吹

タキソールの初めての点滴から22日目の月曜日、ついに髪の毛がドサッと抜け始めました。 洗髪していて手に残る髪の量がギョッとなるほどで、気持ち悪いから抜けるものは取ってしまいたいと手で梳いても梳いても後から後から抜けて抜けてキリがありません。 覚悟はしていたけど、普通ではあり得ない抜け方を目の当たりにするとやっぱり凹みます。 片チチでハゲって…女性としては悲しい(ふだんは女らしさなんてまるで考えたこともないくせに)。

4.22稚児百合

火曜日の朝の時点で「薄毛に悩んでいそう」な人状態。 まだ地毛で歩いていても誰もギョッとはならない程度だけれど、抜け毛が気になって一日中ニット帽を目深にかぶってます。 あちこちの乳がんブログで読んだ通り、頭頂部が薄くなって後頭部はまだふさふさ。 もうすぐ、おじいさん、カッパ、あるいは落ち武者…いやだなあ。 どうせならツルッと全部同時に抜けて、尼さん状態の方がまだ見よいのに。 落ち武者になるくらいなら剃っちゃいたい! ネットでみていると1ヶ月近くウィッグなしでも大丈夫だった人もいるようで、やっぱりレジェンドにはなれなかった。 残念。 これから1年半~2年はウィッグ生活…結構長いな。

4.22鳴子百合

抗がん剤って全身の細胞に染みわたっているわけで、ということは脳細胞もかなりやられているはず。 なんか、ずーっとボーーーッとしてて何もできないのは、脳細胞が死んでいるからか??(汗) だいたい手術後の確定申告で源泉徴収分を還付してもらいたかったのに、一番最後の肝心の還付される金額を書きこむのを忘れて(添付書類はちゃんとしているから金額はわかるのだけれど)税務署へ呼びだされたりして、すでに脳に転移していたらどうしよう(脳は術前の検査で調べていない)…とチラッと怖いことを考えてしまう。 ひさびさの病院以外の外出先が税務署だなんて…とほほ。

4.22エビネラン

庭は日に日に植物が芽吹いて花を咲かせて、やわらかい緑が目に心地いい季節です。 いまは白い花がいろいろ。

4.22長葉のスミレ

うちの前のゴミ収集場所で毎年可憐な花を咲かせているスミレをそっと抜いてきて植木鉢に植えてみたら、機嫌良く花をつけてくれました。 このベルベットのように濃い紫が素敵。

4.22シラネアオイかも

苔の中から顔をだしたのは、ひょっとして、シラネアオイ!? 昨年、北海道に住んでいる母の幼なじみから普通郵便で(!)花つきで届いたシラネアオイの株を埋めておいたあたり。 シラネアオイの双葉でありますように。


■piaaさん、一度もお会いしたこともないのに、そんな風に心配してくださること、本当にうれしいです。 こちらこそ、偶然にも同学年ということもあってなんだか中学か高校の同級生のような気がしていて。 これからもよろしくお付き合いくださいね。 がん日記じゃなくて、また読書ネタも書きたいものです。 病は気から…ひらりとかわして、のらくらだましだましやっていこうと思います。

■いっぱい拍手をありがとうございます。
Category: 脱毛・発毛

サプライズ!サプライズ!

昨日・今日、骨の奥の方がじわーっと痺れているというか、かすかに痛いという感覚があって、気分が悪いというほどではないけれどなんとなく全身がだるい。 抗がん剤の副作用で骨髄抑制(白血球や赤血球・血小板が減少=詳しくはこちら)が起きるため、はしかが流行しているなんて聞くと人混みの中へでかける気になれません。

マンションで飼われている猫みたいに、ずっと家にいる毎日でつまんないなあと思っていたら。 今週は誕生日とクリスマスとお正月が全部一緒にきたみたいに、次々にサプライズが!

火曜日、鹿児島の従兄がふらっと立ち寄ってくれました。 一回り以上違うんだけど、子どもの頃はお隣同士でものすごくかわいがってもらっていた大好きな従兄の顔をみられただけでニコニコ。 この従兄には手術をしたことは伝えていたのですが、抗がん剤のことはいっていなかったので、どんな治療なのかを簡単に説明すると、従兄の顔がひきつっちゃって…ごめんね、ビックリさせて。 血をチラッとみるのも怖い人なので、血管を何度もチクチク刺されている図を思い浮かべるだけでしんどくなっちゃったみたい。 こんな人が旦那さんで乳がんになったら、さぞやたいへんだろうなあ(笑)。

4.18八つ橋の生菓子

手みやげにと持ってきてくれた、かわいい生八つ橋のお菓子。 もうすっかりおじさんなのに、こんなかわいいお菓子をよく知ってるなあ。 以前から気になっていたnikinikiのお菓子。 ビジュアルだけでなく、ほのかなニッキの風味とあっさりした甘みでとても美味しかった。 いつか買いに行ってみよう。


4.18虹色マグカップ

東京の従妹Hちゃんからは、東北の雷窯の虹色マグカップが届きました。 やさしい淡い色合いはもちろん、持ち手の付き方や口当たりのやわらかさ、釉薬のかかったすべすべな肌が実際に使ってみるとすごくいい感じ。 持っていると、とっても癒されます。 作り手の経験から生みだされた形なんですね。


4.18ブレスレット

胸が目立たないふわりとしたフェアトレードのインド綿ブラウスを買ったら、次の日に友だちからブレスレットが届いて、それがまたコーディネイトしたみたいにぴったり! ブレスレットはネパールの女性たちが作ったフェアトレードのものだそうです。 乳がん手術の後は締めつける腕時計とか指輪はつけられないんだけど、これはユルッとしているから大丈夫。


4.18パンダ写真集

さらにその次の日には、友だちからかわいいパンダの写真集♪ この表紙、かわいいなあ。 パンダと目が合ってる感じがしてニマニマしてしまいます。 パンダってどうしてこんなにかわいいんでしょう。 右の本は自分で買った「人生ニャンとかなる!」。 ニャンの方はちょっとやらせが過ぎるような写真が多いんだけど、パンダの写真集は自然な表情でいいわ~♪

みんな、いろいろ心にかけてくれてありがとう! 私のことを思ってくれている、その気持ちがなによりも本当にうれしいです。 元気でます。 白血球が減りすぎなかったら、また遊んでやってください!


外出はあまりできないけれど、庭の花がいっせいに咲き始めて癒されています。

4.18ボケ

これは、お隣のボケ。 うちの方に向いて咲いてくれています(笑)。 この淡い淡いグラデーションがたまりません。

4.18白い椿

白い椿も次々に咲いています。 ほんの少しピンクがかっている白はいくらみても見飽きません。



さて、私の髪の毛。 昨日シャンプーをしていて、ついにちょっと抜け始めた…みたい(まだ少し)。 レジェンドにはなれないか、やっぱり。 せめてレジェンド葛西のように最長不倒距離(?)で主治医を驚かせてみたかったんだけどな。

■いつもたくさん拍手をありがとうございます! さて、ウィッグデビューはいつになるでしょう?

抗がん剤タキソール3回目

昨日は抗がん剤タキソール投与の3回目。 病院到着後すぐに採血をした後、吐き気ゼロの私はパスタのランチを食べて食後にコーヒーを飲み、抗がん剤前の吐き気止めの薬を点滴しながら、飲むヨーグルトを飲んでおやつのカステラをパクついていました。

抗がん剤治療を受ける前に病院からもらったパンフレットには、吐き気を誘発しないために点滴前数時間は飲食しない方がいいというようなことが書かれていたのですが、食べないと血糖値が下がりすぎてかえって気持ち悪くなりそうでランチ抜きは考えられません。 ランチは何を食べようか?と、点滴前日はいつも真剣に考えてます(笑)。 「好き嫌いが多そうな顔してる」とよくいわれるのに、ほとんど好き嫌いがなくて、おいしくないものが出てもあまり文句をいわずに食べる(文句をいっても決して美味しくならないんだもの)私は、全摘手術後すぐから食欲モリモリで、看護師さんからも同室の人たちからも驚かれ、病棟の看護師長さんから「食欲がある人はやっぱり回復が早いわ」と感心されてたくらい。

水分摂取はさらに増えて、点滴中に600mlのペットボトルのほうじ茶2本+飲むヨーグルト100mlをゴクゴク。 自分でも「腎臓大丈夫か?」と心配になるほど飲んでしまいました。 帰宅後は、野菜たっぷりの鶏肉団子のスープ+チンゲンサイのポンズがけ+レンズ豆のマリネ添えポテトサラダの夕食を作って完食。 夜中、目が覚めるたびに枕元のほうじ茶をゴクゴク。 吐き気も下痢もなくてホントに不思議なほど元気です。

今日はあまりにもいいお天気で、午後はお散歩がてら百万遍の手作り市をのぞいてきました。 15時過ぎでもう帰ってしまった店も多数。 でも、人混みにもまれずのんびり境内を歩けて、抗がん剤で免疫力低下中の私には良かった。 おやつのケーキを買って、疲れたのでバスで帰宅。 いつもなら往復歩くところなんだけど。 やっぱり疲れやすいのは抗がん剤のせいなんだろうな。 


4.12スノードロップ

脱毛はまだ。 昨日の診察で、主治医が私の頭をみながら「まだ抜けませんか?」と不思議そうでした。 「まれに抜けない人がいるそうですが、私自身はまだそういう人を一人もみたことがありません」といわれてしまいました。 これで抜けなかったら…レジェンド!? ま、そんなことは、いまさら万に一つも期待してませんけど。

お気に入りはレンズ豆

「タキソールを2回投与したらすぐに抜けます」と主治医から笑顔で(こんなときも笑顔!←神経がささくれている患者だったら怒っちゃいそう。私はすごく深刻そうに話をされるより気楽でいいけどね)いわれていたから覚悟していたのに、まだ髪の毛は健在です。 いきなりドサッと抜けるらしいから、そろそろニット帽をかぶっておくべきかとも思うのですが、抜ける気配がいまのところありません。 いつ抜けるんだろう。

副作用はあいかわらず自分で驚くほど軽いです。 一番気になるのは前腕外側と下肢がゆるーくだるいことと、口の中の粘膜が弱ってきていること。 タキソールは末梢神経に作用して、しびれたり感覚が鈍ることもあるそうです。 昨日、包丁をもったときに、かすかに握りにくいような、力が入りにくいような感覚がありました。 以前よりも注意しないと。 家事は以前に比べてずいぶん母親に助けてもらっています。 副作用で白血球が減少して、指先のささくれから感染症になる可能性もあるとか、いろいろ脅されているので、洗い物などの水仕事は母が率先してやってくれます。 母が疲れて寝こんでしまわないかが心配なのですが、母は私のためにできることはなんでもやりたい気持ちのようなので、素直に甘えておきます。  

副作用で必ずなるといわれた便秘も、たいしたことありません。 乳がん発覚前から食べものには結構気を使っていたので、自然に食物繊維がとれているのかも。

4.12お豆さん

ここ数年、わが家の食卓にたびたび登場しているのがレンズ豆(左の瓶)。 キロ単位で買って常備しています。 実は、お豆ってあまり好きではなかったんです、五目豆とか甘く炊いたお豆といった和風の豆料理は。 それがレンズ豆で洋風の豆料理に目覚めて以来、すっかりお気に入り。 ひよこ豆(右の瓶)や銀手亡(手前)もたまに食べていますが、レンズ豆は事前に何時間も水につけておかなくても簡単に煮て食べられるし、そのものからでる味で十分おいしい! 便秘にもいいらしいです。 明日の朝食はレンズ豆のスープ♪


4.12桜吹雪の下で

金曜日、わが家の山桜はみごとな桜吹雪で、土曜日にはすっかり葉桜に。

4.12薄紫スミレ

山桜の下で薄紫のスミレがいっぱい咲いています。

4.12カリンのつぼみ

カリンのピンクの蕾がふくらんできました。 来週、暖かくなったら一気に満開になりそう。


そんなこんなで、いまだに自前の髪がふさふさ、見た目はごく普通に健康な人のまま、家で何をするでもなくぶらぶらな毎日です。

抗がん剤タキソール1回目副作用+2回目

月曜日は抗がん剤治療の日。 タキソール投与2回目でした。 1回目よりも薬剤を溶かしているアルコールに慣れたみたいで、心臓がドキドキしたり顔が赤くなったりもしませんでした。 前回の看護師さんのアドバイスで、タキソールの点滴が始まる前からお茶をどんどん飲んだのが良かったのかも。 事前に投与される吐き気止めで、たいていの人がグーグー寝てしまうらしいのに(化学療法室のあちこちから気持ちよさそうな軽いイビキが聞こえてきました)、あまり眠くならなくて残念。 どうせならぐっすり寝てる間に点滴が終わればいいのになあ。

点滴中も家に帰ってからもやたらに喉が渇いて、「どれだけ飲むんだ!?」と自分でも驚くほど水分を摂取。 夜中も目が覚めると、枕元のお茶を飲んで…午後から翌朝までに2リットルは飲んだと思います。 それのためなのかは不明ですが、前回の2日目よりも気分いいです。 タキソールは回を重ねるごとに副作用がしんどくなるそうなので、まだまだこれからなのかな?

1回目の副作用は軽かったです。 ずっと胃腸がなんとなく気持ち悪いんだけど、食べればなんでも美味しく食べられました。 便秘気味になったけど、処方されたマグミットを飲んでいたためか、特にしんどくもならず。 投与翌日に前腕の外側がなんとなくだるい、4日目に股関節と膝関節が少し痛い(でもたいしたことはない)、少し疲れやすい、顔色が悪いという程度。 抗がん剤のせいなのかどうか不明だけれど、不眠が一番辛かったです。

いつも笑顔の主治医は副作用が軽いと知って、さらにニコニコ。 いまのところ血液検査の結果も良好。 不眠対策にマイスリーを処方してもらい、昨夜はひさびさにぐっすり眠れて気分よし。


4.8山桜

わが家の山桜も満開から散り初めへ。 歳を重ねるごとに、華やかな染井吉野より楚々とした山桜の風情にひかれるようになってきました。 仰ぎみるほど大きな木だから、目ではこんなにハッキリみえないんだけれど。 この山桜は父方の祖父がここに家を建てたときに植えたものだそうです。

4.8木蓮

その桜の近くで花を咲かせているのは、母の実家から移植した木蓮。 今年は例年よりもたくさん花をつけてくれました。 祖母が曲がった腰を伸ばして、毎年それはそれはうれしそうに愛でていた姿を今も覚えています。 祖母の傍らで一緒に見あげていたときは子どもだったから大木にみえたけど、いま見るとあまり大きくありません。

4.8利休梅

真っ白な利休梅も青空に映えてきれい。 若葉と一緒にたっぷり花を咲かせている姿がとても好きなんだけど、なかなか写真に上手く撮れないのが残念。

4.8利休梅2

アップで見ると、こんな花。

写真を撮ろうという気になるくらい今日も一日元気でよかった(*^_^*)


■拍手をいっぱいありがとうございます。 なんとか元気に(?)闘病中です。

春の庭

わが家の庭も春が到来。 先週撮った花の写真をアップしないままになっていました。 まことんさんのリクエストにお応えして、まずは貝母(バイモ)。

4.6貝母

貝母はすでに満開。 今年はいつのまにか1株増えて元気に咲きました。

4.6貝母2

この先っぽのクルンとした葉っぱがかわいい。 倒れないように何かにつかまるため?


4.6レンギョウ

今年はわが家のレンギョウもたっぷり花をつけました。 陽射しを浴びた黄色と若い緑、発光してるみたい。

4.6白椿

白い椿も3月の末頃から次々に開花。 メジロやヒヨドリが蜜を吸うためにつつくから、傷のついていない真っ白な花はなかなかありません。

4.6ラッパ水仙

花壇ではラッパ水仙が咲き、

4.6ヒメウズ

花壇の縁では雑草のヒメウズに米粒よりも小さな白い花。 影もちっちゃい。 

4.6アオキの実

庭の隅で、人知れず青木の実が真っ赤に色づいていました。 人間は気がつかないけれど、鳥たちには人気の実。


明日は抗がん剤タキソールの2回目。 1回目はたいした副作用もなく1週間過ごせたし、2回目もそうだといいな。 ただし、これでいよいよハゲるそうです。 土曜日にウィッグを微調整してもらい、地毛は抜け毛で悩まされるストレスを軽減するためにベリーショートにカットしてもらい、おしゃれな夏素材のベレー帽も買いました。 抜け毛を掃除するコロコロクリーナーは衣服用とフローリング用を買って、用意は万全。 脱毛、来るなら来い!って心境です。 
Category: 日々の記録

甘いもの♪

月曜日、初めての抗がん剤の点滴を終えて帰宅すると、ドイツからとってもかわいいチョコが! いけぼんさん、ありがとう!

4.4イースターチョコ

ドイツでは復活祭の朝、ウサギがきれいに絵付けしたタマゴを隠しているとされていて、子どもの頃、母が小さな穴を開けて中身を出した卵の殻に色とりどりに絵付けするのがとても楽しみでした(信仰心のカケラもないけど)。

パッケージのウサギの柄に懐かしい子ども時代を思い出して、ちょっとテーブルアレンジ。
 
4.4イースターチョコ2

子ども時代からわが家にいる小さなイースターバニー(ひょっとしたら私より年上!?)と木製のイースターエッグ。 ドイツの旅で、友だちからプレゼントしてもらった小さな小さな青い鳥も友情出演。


記念すべき(?)抗がん剤1回目直後のおやつは、御見舞に送っていただいたツマガリの「青森紅玉」というケーキ。 甲陽園で有名なお店なんですよね。 噂だけは聞いていても、いままで一度も食べたことがなかったので、うれしいな。 

4.4紅玉のケーキ

甘酸っぱい大好きな紅玉と良質のバターの風味が濃厚で、しっとりしていておいしい♪ タキソールは副作用に吐き気を感じる人もたまにいるそうだけど、ペロッといただきました(笑)。 「胃が重い」などといいながら、甘いものは完全に別腹。 私のガン騒ぎで振り回されてストレスと疲れが蓄積されてきている両親も大喜び。 3日間にわたって贅沢なケーキタイムを楽しみました。 Tさん、本当にありがとうございました!

4.4竹のふし

伊賀の紅梅屋の和菓子もペロリ。 京都の和菓子に負けずおいしい。 お気に入りの高田志保さんの器も使うたびにウットリ。

というわけで、多少の不調はあるものの、いまのところはおおむね元気です。

■ぎんこさん、十数万でも一番安いんですよ。 いいものは倍のお値段…恐るべし医療用ウィッグ。 でも、やっぱり使い心地は値段によって全然違うんですね。 そう聞いてちょっとホッとしました。
■たくさんの励ましの拍手をありがとうございます。