傷ついた心をやさしく包んでくれる良書 クシュナー「なぜ私だけが苦しむのか」

ずっと前から書こうと思っていながら、なぜかうまくまとめることができずにいたのがクシュナー著「なぜ私だけが苦しむのか-現代のヨブ記」。 ひさびさに読書の感想を書くのに、悲嘆の本を取りあげるのもどうかと迷いましたが、この本のことを書かないと次には進めない…なんだかそんな気がするのです。

5年前に悲嘆の本を探していたとき、多くの人がおすすめの本として取り上げていたのがこの本でした。 でも、どうしても読む気になれませんでした。 だって聖書にもヨブ記にもなんの興味もないし、信仰をもっていない私には関係ないんじゃない? この題名もなんだかなあ…で、そのときは本屋さんで探そうともしませんでした。

2年ほど前、たまたま本屋さんの棚を眺めていて目について「これも何かのご縁か」という気がして、とりあえず購入。 それでも読む気になかなかなれませんでした。 ある日、特に理由もなく読んでみようかという気になりました。 それは、秋に受けた人間ドックの結果が届く少し前のこと。 虫の知らせだったのでしょうか。

「要精密検査」の通知が来たのに、マンモグラフィーに何も写っていなかったからと精密検査の順番を後回しにされ、3週間も待たされている間に読了しました。 その時もまさか自分ががんだなんて夢にも思わなかったのですが、がんと告げられた後、何度も辛い局面に立たされるたびに、心のどこか奥の方でこの本のメッセージが響いていた気がします。 いいタイミングで読めて、本当によかったと今は思っています。

7.7なぜ私だけが

この本の原題は「WHEN BAD THINGS HAPPEN TO GOOD PEOPLE」。 邦題のニュアンスはちょっと違っている気がします。 もう少し原題に即したいいタイトルをつけておけば、私のように食わず嫌いする人が減るかもしれないのにと残念に思います。

著者はユダヤ教のラビ=聖職者(宗教に興味がまるでない私はこれだけで読む気が失せてました)。 早老病という治療法のない難病の息子を幼くして失いました。 神を信じ、ユダヤ教の信者のために精一杯尽くしてきた自分がなぜこのような試練を受けるのか。 しっかりとした信仰をもつからこそ、著者がどれほど懊悩したかは容易に想像できます。 しかし、タイトルから受ける印象とはまったく違い、この本の中では著者自身の苦しみについてはほんのわずかしか触れられていません。 自身の辛い経験を経て、著者が世の中にあふれる不幸について、ひりひりするような切実さをもって深く深く考えた結果がこの本なのだと思います。

実は、聖書のたとえ話にまったく興味がない(というか嫌いな)私には、冒頭にヨブ記がでてきてイライラ。 もしも私のように「こんなたとえ話はどうでもいいわ」と思っても、どうか読み続けてください。 いつか、思いもかけない不意打ちのような辛いことが身に降りかかった時に、きっとこの本を読んでよかったと思うはずです。

どうして正しい人に不幸が訪れるのか。 神が全能ならば、なぜ自分にこんな辛い思いをさせるのか、これは自分に対する罰なのか、自分はどこかで意識せずに悪いことをしてしまっていたのか…。 信仰が篤ければ篤いほど不条理を前に自罰的な気持になるだろうと思います。 日本でも「バチが当たった」といいます。 でも、この本は信仰のあるなしにかかわらず、不条理に直面して打ちひしがれた人を普遍的に救ってくれます。 「不幸な出来事にはなんの法則性もない」「あなたは何も悪くない」、著者のこの言葉は、兄の不慮の死と自分のがんで押しつぶされそうな心をそっと温かく包んでくれました。

8.21ユリ

 私たちが問うべきなのは、「どうして、この私にこんなことが起こるのだ? 私がいったい、どんなことをしたというのか?」という質問ではないのです。…(中略)…より良い問いは、「すでに、こうなってしまった今、私はどうすればいいのだろうか?」というものでしょう。(岩波文庫P218)

何か悪いことが起こった時、その原因を探しても意味がない。 原因がわかったとしても過去を変えることはできないのだから。 だからこそ、苦しみを味わった自分にとって大切なことは「これからどう生きるのか」。 どうしようもない過去ばかり振り返らず、前を向いて生きていくことだと、私はそんな風にこの本を読みました。


苦難に直面している人だけなく、苦しんでいる知り合いにどう言葉をかけたらいいのかわからない人にも読んでいただきたい良書です。 「神様は乗り越えられる苦難しか与えない。あなたは強いから、大きな苦難を与えられたのだ」というようなことを言って(実際には励ましどころか落ちこませるだけで最悪!)、自分ではいいことを言ったと悦に入って、相手の心を傷つけたりしないためにも。


長いことかかって、やっとこの本の感想が書けました。 これで一区切りついた気がします。 読んだ本の感想も、またぼちぼち書いていきますね。
Category: 悲嘆の本

ラスト抗がん剤から10ヶ月

昨日で抗がん剤最終投与の日から丸10ヶ月になりました。

髪の毛は1ヶ月前に2回目の美容院でカットしてもらって、今はごく普通のショートカットの長さです。 伸びが遅い前髪も、押さえつけなくても自然な状態でほぼ眉毛まで達しています。 以前はしっかり太くて黒くて直毛だった髪質は、細くてこしのないくせ毛になりました。 が、ツルツルの禿げ頭を経験した後では髪の毛が再び生えてくれただけで十分。 美容師さんはくせ毛の扱いに慣れているから、それなりにいい感じに仕上げてくれますし。 ただ、いわゆる「そりこみ」といわれる額の両角がすごく薄いのは、いつか生えてくるのかしら?

白髪がすごく増えたので、ラスト抗がん剤から半年後の美容院再デビュー以来、染めてもらっています。 抗がん剤終了後1年くらいは染めない方がいいという説があるのも知ってはいますが、脱ウィッグするときにはきちんときれいでありたかったので。 美容師さんも「髪の生え方がしっかりしているから、染めても大丈夫」と太鼓判を押してくれましたし。 染めたダメージが気になるのでフルコースのヘッドスパもしてもらって、髪の毛は洗いっぱなしで手入れ手抜き状態だった以前とは大違い。

眉毛とまつ毛は薄くなりましたが、ごく普通です。 昔があまりにも濃くて困るほどだったので、唯一ほめられる身体パーツだった長くて濃いまつ毛がまばらで短くなってしまったのは残念ですが、現状に不満はありません。

8.21サンダル

美しくもない足をお見せしてすみません。 手と足の爪の黒ずみももうほとんど気にならなくなって、ついにこんなサンダルも履けるようになりました。 ジッと見ると左足の親指の爪の際が黒いんですけど(知らない人が見たら「この人、足をちゃんと洗ってないんじゃないか」と思われそうだけど)、もう気にしない!

体調は最悪だった7月に比べるとずいぶんマシになりました。 ただ、いくら食べても痩せるのが不気味。 毎日3食しっかり食べているのにな。 あとは手と足が少しだけむくんでいること(なぜか術側の手ではなく健側がむくんでいる)、なんとなく手に力が入らなかったり手を握りにくいこと、くるぶしや膝の関節が少しこわばった感じがすることくらい。 手足の不調はちょうどパクリタキセルをやっていた頃によく似ているんですが、投与が終わってから夏になるまでこんな症状はなかったのに。 不思議。

明日はストレッチ。 楽しみ♪


8.21ブックカバー刺繍

なんにもやる気がでない毎日。 仕事がヒマ期でボーっとしているのにあきてきて、家にある材料でちょこっと刺繍を始めました。 白い麻布がなくて地味な土台に刺したら刺繍が目立たない(泣)。  青木和子さんのデザインはやっぱりいいなあと思ったのですが、小さな図案で糸をしょっちゅう変えなくてはいけないので、実は思ったよりずっと面倒。 でも、草花を刺すのってヒーリング効果あります。


■いろいろな記事に拍手をありがとうございます!


プチ楽しみ

1年8か月ぶりにストレッチ&呼吸法の講座を再開しました。 もともと姿勢が悪かったのに、ずっと無意識に胸の大きな傷をかばっているようで、ますます猫背になってしまい、鉄板のような肩こり。 睡眠導入剤を飲まないと寝られない頑固な不眠もなんとかしたい。 そう思ってずっと前から講座を再開したかったんだけど、いかんせんウィッグではズレが気になって、よけいに肩が凝りそうで(笑)通う気になれず。 髪の毛もすっかり普通のショートヘアに戻ったので、ひさびさに行ってきました。

ゆるーいストレッチをしただけなのに、ガチガチに固まっていた身体が少し緩んで、心地いいだるさと眠気。 その夜は眠剤なくてもすんなり眠れました。 身体が緩むとすごく気持ちいい。 深く息をするのもひさびさ。 身体のためにも、ずっと張りつめた状態の神経にもいいと感じられるので、なるべく休まず続けていこうと思います。 講座は2週間に1度。 ホントは毎週でもやりたい気分なんだけど。


8.11ムーミンミニワッペン 8.11かわいい記念切手

ネットでみつけたユニクロのムーミンのワッペン。 こんなかわいいのがいろいろあったなんて知らなかった。 不覚だ。 一気に3個くらい買いそうになったけど、使うあてもないのに在庫を増やすのはいけないと1個で我慢。 かわいい記念切手もたまたま郵便局でみつけました。 筆不精のくせにシートでお買い上げ。 こういう小さくてかわいいものが手元にあるとそれだけで、なんだかウレシイ。


甘いものも手っ取り早く心を癒してくれます♪

8.11自家製かき氷

あまりの酷暑で、かき氷が食べたくて食べたくて。 でも、外出するのも勇気がいるほどの暑さ。 そこで、小豆をゆでてグリーンティーをかけて自家製かき氷を作ってみました。 かき氷器がないので、スティックミキサーでガーッ。 うーん、ちょっと氷がちょっと粗すぎだけど(2回かけると少しはましになるだろうか)、今年初の宇治金時が食べられて満足!

8.11北海道展のエッグタルト

昨日は母に付き合って、デパートの北海道展へ。 初めて買った「まいこのエッグタルト」はきちんとした材料を使って手作りされた素朴さが私の好みにぴったりでした。 濃厚で美味。 食べ応えもあって気に入りました。 試食させてもらったスイートポテトも手作りらしい味でおいしかったので、期間中にもう一度行けたら買ってみたいな。

甘いものの食べ過ぎかなとは思うのですが、我慢するとストレスになりそうだし(と自分に言い訳)。 去年の今頃は抗がん剤の副作用がMAXで気持ち悪くて何も食べられず、梨で命をつないでいました。 それを思えば、こんな風に好きなものをおいしく食べられるのは本当に幸せなこと。 ああ、去年の私、ひとりでホントにがんばって偉かったよ。 ということで、現在は自分には甘あまになってます。

■いつも拍手をありがとうございます!

■ぎんこさん、かごバッグをほめてくださってありがとうございます。 デザインはいいんですけどねぇ…昨年買って、あまりの臭さに気分が悪くなりそうでした。 1年間乾燥した部屋に置いておいたんですが、かび臭さが完全には抜けなくて。 とりあえず、姪っ子たちには素知らぬ顔で送りつけておきました。 そのうち臭さに気が付くかな(汗)。 ブログをみている皆さんには臭さが伝わらずよかった(笑)
Category: 日々の記録

在庫消化

京都は暑くて暑くて、そよとも風が吹かず、むしむし。 サウナの中で生活しているみたいです…え、サウナなんて入ったことないんだけれども。 39.1℃を記録した後、連日37℃越えで、もうなーんにもする気がでません。 仕事では人生初といえるほど、締切を大幅にオーバーしてしまい、南向きで冷房なしのキッチンで夕食を作るたびに息も絶え絶え。 冷房の部屋に座って、ただただボー。 夏が苦手な私には今年は骨身にしみる暑さです。

やる気ゼロなんだけど、どうしても暑いうちに仕上げなくてはいけないものがあって、仕事のキリがついたのでやってみました。

8.6かごバッグ

ハンドメイド…材料がいっぱいあるのに手をつけていないものがあり過ぎ! 取り急ぎ、姪たちに送る約束をしたかごバッグ3個を片付けました。 完成品のかごにザックザック刺繍するだけだから簡単だろうと思っていたら、これが大間違い。 昨年買ったものの、治療の副作用で爪が弱っていたときは、とてもできるものではなかった。 そのうえ、これは○ェリシモの持越し品だったからか、異様にかび臭くて…治療で気分悪いし、免疫力が低下している状態の私にとっては最悪でした。 カンカン照りの下で何日も干して、除菌スプレーがんがんして、でもなんだか今でも臭いです(泣)。 治療中に1個だけ作って放置していたんですが、なんとかあと2個作りました。 できあがりに全然満足できなくて、達成感ないのがなんだかなあ…。 でも、部屋の中を占拠していた一画がちょっとだけスッキリして、気分もスッキリ。 もっと楽しいクロスステッチをひさしぶりに刺してみたくなりました。

8.6夕空

夕方の空。 夏らしくない雲が広がり、暮れなずむ空を背景にして電線にとまったツバメが音符みたいでかわいい。 せめて夜だけでも早く涼しくならないかなあ。