表現のきらめきがすべて 川上未映子「すべて真夜中の恋人たち」

今年最初に読んだのは、川上未映子の長編小説「すべて真夜中の恋人たち」。 途中でだれてしまって休み休み読みましたが、終わってみれば、これはこれなりにおもしろかったような気もしています(曖昧)。

恋愛小説を読みたい気分ではなかったのに、著者+装丁の美しさ、そして主人公の仕事が校閲というところに興味を覚えて買った本です。 

1.31すべて真夜中の恋人たち

フリーランスで校閲の仕事をしている「わたし」は、職場の人とも言葉を交わせないほどに、人付き合いに臆病。 誰にもほとんど会わずに済む校閲の仕事に満足し、仕事以外には世間との接点が皆無の、閉じた世界で一人生きてきた。 しかし、次第に心身のバランスが壊れ始めた時、偶然に冴えない中年男の三束さんに出会って…。 芥川賞作家渾身の恋愛小説です。

これは恋愛ではなくて、ただひたすらな片思いのお話でした。 主人公が孤絶した生活の中で壊れそうになっていく過程がやたらに長くて辛くて、読んでいてもしんどかった。 それに、言葉を扱う仕事をしているのに、自分の感情を言葉にできないために、他人と素直に関わることができない主人公の狭い狭い生き方にイライラ。 自己完結してる恋にもあまり共感できず。 後半になってようやく話が進んで、やれやれ。 終わり方は予定調和のようでもあるけれど、それはそれで後味がよくてホッとしました。

物語を味わう小説ではないなあ、というのが私の感想です。 物語がどんどん動いていくのが好きな人はやめておいた方がいいです。 川上未映子を始めて読む人にもおすすめしません。 私はこの人の表現=言葉の選び方が感覚的に好きなので、文章そのものを味わいました。 ところどころにキラッと光る感性があって、息長く続くセンテンスなのに、くどさを感じさせない独特の筆致もいい。 でも、この小説はちょっと冗長過ぎ。 3分の1くらい削ったら、ずいぶん良くなりそう。

内容とは関係ありませんが、本のカバーのストーリー紹介に主人公の仕事を「校正」と書いてあって「?」。 校閲と校正は違うと思うんだけど。 この文章を書いた人、ホントに中身読んだ??


1.31ベージュ恋猫

早朝から深夜までうちの周りをぐるぐる、愛しい誰かを声の限り呼んでいるこのヒト。 全身全霊、恋の季節。 いいねえ、狂おしいほどの情熱。 ちょっと羨ましい(笑)。


金曜日に大阪へ仕事の打ち合わせに行って夕方帰ってきたら、なんともいえず気分が悪くて、頭も身体も鉛がつまったかのような疲労感。 丸2日、家でただひたすらぼんやりと過ごして、ようやく何かをするエネルギーがでてきた感じ。 ずっと「やらなきゃ」と思いながらだらだら後回しにしていた仕事関連の雑用を片付けて、気分がスッキリしました。 このしんどさは薬で甲状腺ホルモンが急激に減っているからなのかな。 全身的なしんどさはいつまで続くんだろう。 明日はまた病院へ。

■いろいろな古い記事にもたくさんの拍手をありがとうごさいます! 励みになります。
Category: 川上未映子

狸谷山でがん封じ祈願

今年も狸谷山不動院の初不動に行ってきました。 今年も無事に行けてよかった。

甲状腺の薬を飲み始めてから数値が落ち着くまでは、ある程度安静にしていた方がいいらしい。 仕事をだらだらやっていたことや大寒波が来襲したりして、しばらくひきこもっていました。 頭はずっとぼんやり。 歳のせい? バセドウ病のせい? それとも薬のせい??

でも、今日はお天気がよくて暖かかったから、狸谷山の初不動の「がん封じ」祈願は行っておきたくて、狸谷山までテクテク…というよりノロノロ~というかトボトボ。 

お医者さんに「運動は心臓がドキドキしない程度に」といわれているので、今日は麓からお迎えのマイクロバスに乗せてもらいました(初不動と節分のみ運行しているようです)。 おかげさまで往復とも急坂はパスできてずいぶん楽ができました。 石段はゆっくりゆっくり10段上がっては立ち止まって深呼吸。 心臓がバクバクしない程度にそろそろ上がっていると、だんだん自分でも「病の人」みたいな気分になってくるから不思議(笑)。

1.28狸谷山

山陰で日が差さない場所にあるから、本堂近くにはまだ雪が残っていて、手水鉢には分厚い氷があってみんなビックリ。

本堂ではいつものようにお札と護摩木を納めて、しつこくしつこく「再発しませんように」とお願いして、無料接待のがん封じの笹酒をいただきました。 辛口でおいしかったです。 本堂で始まる大護摩木を待ってウロウロしていたら、ケーブルテレビのカメラマンに「取材させてください」とお願いされたけど、誰もみてないだろうけど世間に「私はがんで…」なんて話は公表したくないのでお断りました。 ちょうどがん封じのお札を本堂の柱にくくりつけていた時だったから、たぶんお兄さんは後で「再発しませんように」というのを見ただろうな。 笹酒をいただいた時も、横で新聞かなパチパチ写真撮ってました。 年齢層が高い中では若い方で、元気そうな顔してたから「これなら写しても大丈夫だろう」と思われたのかも。

護摩木焚きは、なんだか今年は迫力がなかった気がします。 大太鼓の五臓六腑にしみるような力強さがなかったからかな。 ちょっと残念でした。


1.28アロマティック

帰りはエキュバランスでケーキ「アロマティック」をお土産(?)に購入。 うーん、おいしい! ひさびさにしっかりケーキを食べた満足感を味わえました。 甲状腺の薬を飲んでいても、いまのところ体重増加は1キロくらいだから(体質によってはかなり太るらしい)、こんな高カロリーなものを食べてます。 これからどうなるのかなあ?

1.28満開のロウバイ

狸谷山への途中にある立派なロウバイの木。 青空をバックに満開で、しばし見惚れました。 今年もみられてよかった。


■たくさんの拍手をありがとうございます。
Category: 日々の記録

維新前夜の激烈な日々 朝井まかて「恋歌」

何者」がピンとこなかったのに、またまた直木賞受賞作が文庫本化されているのをみつけて買ってしまいました。 年末に読み終わっていたけれど、年始にはあまりふさわしくないように思えて、感想のアップが今頃に。

朝井まかてという作者の名前も知らず、維新直前の水戸藩にもまったく興味なし。 ふだん時代小説をあまり読まないのに、それでも手にとったのは樋口一葉の師、中島歌子のことをついて最近テレビでちらっとみたから。 水戸藩の攘夷派の奥さんだった人が、維新後に歌人として華々しく活躍したのがとても意外で。

12.22恋歌

幕末の江戸、裕福な宿屋の娘・登世(のちの中島歌子)は、宿に出入りしていた水戸藩士=尊王攘夷の志士、林以徳(もちのり)に一目惚れし、ついに家柄の違いを乗り越えて林家に嫁ぐ。 しかし、水戸藩内の厳しい掟にしばられ、動乱の時代では夫と顔を合わせることもほとんどない。 やがて、登世は藩内の主導権争いに巻きこまれて、藩の牢獄につながれ…。

和歌が恋のきっかけになり、やがて歌人として成功した人が主人公と知って、和歌が苦手な私は店頭で買うかどうかずいぶん悩みました。 和歌が苦手な人、安心してください、和歌はほとんどでてきませんから。 題名からべたべたな恋物語かと想像したのですが、甘い恋は冒頭のみ。 実は、水戸藩の血で血を洗う凄惨なお家騒動が中心なのです。 水戸藩の内紛、知っていた以上に怖かった。 恋の話の間はそれほどおもしろいと思わなかったけれど、恐ろしい運命にさらされる登世から目が離せなくなって、後半は一気読みでした。

1.20雪化粧

時代小説独特のなんだか堅苦しい語り口ではなく、現代人が違和感なく読める文章が時代小説としてはとても新鮮でした。 しっかり練って書かれた文章、なぜ歌子が自分の前半生を書き記したのかという謎を提示した構成、そして壮絶な話でありながら読後感の良さがあって、さすが直木賞受賞作。 あまり歴史小説や時代小説を読まない人の方がいっそう楽しめるかも。 とても読みやすいですよ(内容はハードだけど)。

1.20白椿に雪


月曜日からバセドウ病の薬メルカゾールを飲み始めて4日目。 いまのところ、副作用の皮膚のかゆみや発熱はなし。 薬が効いている感じもいまのところなし。 心臓がバクバクして寝にくいです。

仕事の締め切りが迫っているのに、気分転換と自分に言い訳して(笑)美容院へ行ってきました。 薬の副作用でひょっとして皮膚が敏感になっているかもと思いつつも、カラーリング・ヘッドスパ・トリートメントまでしちゃいました。 髪の毛がさっぱりして、さ、仕事がんばろう…明日から(汗)。

美容院で鏡に映る自分の姿を眺めながら、1年前には赤ちゃんの産毛みたいだった髪の毛がこんなに普通になるなんて思いもしなかったなあと、思わずウルッとなりそうになりました。


■たくさんの拍手をありがとうございます。 薬の効果がまだでてきていないからか、別に普通。 集中力が欠如しているのを薬のせいにしてはいけませんね。
Category: 朝井まかて

バセドウ病

本日は甲状腺の3回目の通院日。 冬枯れの景色の中、いつものように川沿いの道を歩いて行ってきました。 ここのところだるだるな体調だったけれど、広々とした空の下、新鮮な空気の中を歩くとかえって元気がでた気がしました。

血液検査と超音波検査の結果、診断はやっぱり甲状腺機能亢進症のバセドウ病。 子供の頃から自己免疫系を疑われる原因不明の病気や体調不良に何度もなっていたので、がんほどには驚きません(がんは青天の霹靂でした)。 ちなみに身内には、がんも甲状腺の疾患もほとんど見当たりません(叔父が一人だけ、がんでした)。 遺伝的な体質ではなさそうなんだけど。 とにかく腫瘍とかじゃなくてホッとしました。 発症の原因は手術や抗がん剤治療の影響と思われるとのこと。

明日から飲み薬を毎日服用して、2週間ごとに血液検査で経過をみるそうです…ああ、また抗がん剤でボロボロになった血管をグリグリさぐられて内出血…イヤだなあ。 甲状腺ホルモンが安定するまで2、3か月くらいは2週間に1度、病院通いだそうです。

甲状腺ホルモンが薬で低下しすぎた場合、私は橋本病の抗体もでているため、橋本病(=甲状腺機能低下症)になる可能性もかなりある…と説明されたとき、よほどガッカリした顔したんでしょうか、お医者さんに「甲状腺機能亢進症よりは低下症のほうがずっと安心ですから!」と力説されました(笑)。 この先生とも長いお付き合いになりそう。


1.16ガレットデロワ 1.16フェーブ

先日、どんよりな体調&気分を払拭しようと、美味しい甘いものを求めてテクテク。 ガレットデロワで有名なお店「ラ・パンセ」へ。 金曜・土曜しかやっていないので今までタイミングが合わなかったんだけど、以前からとっても気になっていたんです。 カットしてあるのを買って帰って食べたら、これがもう美味しくて! また食べたい! 良質の素材の美味しさがたまりません。 さらに、私の一切れに天使のフェーブが入っていました。 ラッキー♪

すっかり病気づいてしまったけれど、乳がんもバセドウも食べることの制限が一切ないのがとてもとても救いです。


■いつも拍手をありがとうございます!

Category: 甲状腺

宙ぶらりんの毎日

甲状腺の確定診断を待っている状態…宙ぶらりんの気持ち。 面倒くさい仕事を一つさっさと片付ければいいものを、気持ちがまるで入らず放置して、ちょこっと手芸をしてみても、やっぱり集中できず。 ただぼんやりと時間をやり過ごしているだけの1週間でした。 そんな自分にイライラ、だんだん自己中心的になっていく老親の心ない言葉にイライラ、キーッ。 母を泣かせてしまいました。 優しくできない自分にさらにイライラ。 

今日は甲状腺の超音波検査でした。 あまり待たされることもなく終了。 甲状腺の担当医ではない技師さん?かな、淡々と画像を撮って「結果は月曜日に」。 それだけ。 やっかいなことになりませんように、単なる軽いバセドウ病でありますように…。 手術なんて言われませんように。


1.13ロウバイ

今年はロウバイがもう見頃になっています。 お隣のロウバイを垣根越しにパチリ。 でも、今年はロウバイの黄葉した葉っぱが落ちないままで、地味な花がさらに目立たないのが残念だなあ。 香りもいつもよりもさらにかすかな気がします。 


1.13アオキの実

家の裏、まったく誰も気がつかないところでアオキに赤い実がいっぱいなっていました。 アオキってメスの木とオスの木があるんですよ。 植えてないのに敷地のあちこちに生えているのは、鳥が食べて種をまいているからかな。


明日は早朝から外仕事があるので、その帰りに北野天満宮の梅をみにいこようと画策中。
Category: 日々の記録

もやもや

新年早々、自分の手違いで仕事先の人を怒らせちゃいました。 パソコンが苦手の人に苦しい作業をしてもらうことになって、本当に申し訳ない(大汗)。 通院日と重なる日程の仕事もオファーをもらったのに断らざるをえず、さらに怒らせてしまった。 事情を知らないから仕方ないけど。 もともと少ない収入がさらに減り、検査など医療費がまた増えて…。

これからどうなるのかなあと不安ではあるけれど、今年は新しいことをやろうと思っているので、これが縁の切れ目かも、と思うことにします。

1.6ラッキーアイテム

お正月に当たった今年のラッキーアイテム、鯛の骨と上賀茂神社のおみくじ。 前回アップした大吉のおみくじの言葉を信じて新たな分野に突っ込んでいこう。

1月4日の診察後、モヤモヤした気分を吹き飛ばしたくてデパートへ。 明るい色の洋服でも買って気分を変えようと思ったけれど、なーんにも欲しいものがなかった。 病院通いで新年がスタートしてテンションが下がっているのか。


1.6すべて真夜中の

今年最初の読書は何にしようかと迷って、ひさしぶりに川上未映子。 この人の言葉の選び方が感覚的に好きです。 太田光も好きなんだ、ふーん。


今年の冬は変ですねえ。 暖かすぎて、あちこちで1ヶ月も早く椿や梅が開花しているそうですが

1.1沈丁花の蕾

うちの沈丁花もこんなに色づいて、そのうち咲きそうな勢い。

1.4ロウバイほころぶ

お隣のロウバイももう咲き始めました。


家にいても甲状腺の治療のことで気分が落ち気味だから、近々、北野天満宮に梅を眺めに行こうかな。 初詣の時期に早咲きの梅がすでに見ごろだそうです。 梅は香りがステキ♪ 天然のアロマテラピーですよね。 思い切りクンクンしてモヤモヤ気分を吹き飛ばしてこよっと。

Category: 日々の記録

平凡なお正月の幸せ

年末年始は家のことでバタバタしていたのと、ネットが最近不調でつながりにくくなっていて、なかなかブログ更新ができませんでした。 自分のための備忘録として、今年のお正月をサラッとおさらいしておきます。

姪たちが来なかったので、今年は本当にひさしぶりにお正月はただただのんびり。 まだ抗がん剤治療の余波があった去年とは大違いで、本当に何でもおいしく味わえて、普通に元気で(年末にほかの病気がみつかったけど)、ああ、よかった。 平凡だけれど、こういうのが実は「幸せ」というものなんだろうなと感じました。

大晦日は一日中台所で料理に励みました。 料理ができなくなってしまった母に代わって、おせちを初めて全部一人で作りました。

1.1わが家のおせち

重箱に詰めるのは母が担当。 今年は黒豆と栗きんとんが画期的においしくできて自己満足のお正月が迎えられました(笑)。 あとはお煮しめ、たたきごぼう、紅白なます、菊花かぶらもなかなかグッド。 あとは買ったもの。 今年は甲状腺が気になるため意識して海藻類を控えたのですが、求肥巻だけはどうしても食べたくて。

1.1わが家のおせち2

うちのお雑煮は牛肉なんです。 たっぷりの鰹節で出汁をとって、料理酒をたっぷりとほんの少しの醤油を加え、白ネギと赤身の牛肉とお餅で。 とても驚かれるんですけど、とってもあっさりしておいしいです。

1.1尾頭付き鯛

頂きものの鯛、年末に買った金沢のかぶら寿しで、お酒がさらにおいしい!


2日も家でだらだらしていて、午後になってから一家で氏神さまにご挨拶に。

1.1氏神さま 1.1狛犬

山の中で人気がない神社は一人だとちょっと怖いから、本殿まで来たのは本当にひさしぶり。 

翌日も暖かくてお天気がいいので、今度は一家で上賀茂神社へ。 初詣なんて今まで全然行かなかった父が今年は珍しくついてきました。 どういう心境の変化?

1.3初春の鳥居

直線距離なら家から近いのに、バスを乗り継ぎ、大渋滞に巻きこまれて、到着まで1時間半かかりました。

1.3上賀茂神社

上賀茂神社もひさしぶり。 遷宮が終わったところで、檜皮葺の屋根がとてもきれいでした。

1.3神馬 1.3大吉

かわいい神馬を眺め(お正月に白馬を眺めると縁起がいいのだとか)、恐る恐る引いたおみくじが大吉で(北野さんと大違い!)、いいお正月でした。


で、4日朝は初病院(とほほ)。 12月の主治医による経過観察の検査結果(CT+血液検査)をみる限り、甲状腺機能亢進症、その中でもバセドウ病である可能性が高い。 しかし、確定診断するためにはエコーと再度の血液検査結果が必要だそうです。 血圧計ったら、最高130、最低70で、これは私としてはごく正常。 でも、心拍数が121! どうりで最近ドキドキを感じると思った。 体温も全く普通と思っていたのに37℃。 「でも、特に体調が悪いとは感じていませんが」というと、「身体がそういう状態になれてしまったのでしょうね」と。 海藻類はほどほど控えて、運動もあまり動悸が激しくならない程度ならやっていいそうです。 薬で抑えられる程度でありますように!

■たくさんの拍手をありがとうございます! 最近、病気ネタばかり…自分としてはなかなか元気なんですけどね。 

Category: 日々の記録

あけましておめでとう!

1.1年賀状 木の下で


あけましておめでとうございます
皆様にとってステキな一年になりますように
楽しく笑顔の一年になりますように


今年の目標は、できるかぎり「機嫌のいい人」であること。
高齢の両親のこと、自分の体調のこと、仕事のこと、モヤモヤすることはいろいろあるけれど、がんばり過ぎず、ちょっとくらい抜けているところがあってもニコニコ笑顔で過ごしたいと願っています。

体調が戻ってきたところで仕事先の諸事情があることをマイナスではなくプラスととらえて、何が今の自分にできるのか、身体の調子を保ちつつもう少しクリエイティブな仕事ができる方策を、いま一度真剣に考えてみたいと思っています。

そして何よりも、今年は去年以上にいろいろなところへでかけて、いっぱい友だちとおしゃべりして、生きていることを最大限楽しみたい!


ボチボチの更新ですが、これからも続けていきますのでよろしくお付き合いくださいね。



今年の羊毛フェルトの年賀状は2通り作りました。 上のと次の。

1.1年賀状 葉っぱの上で


でも、本当は

1.1年賀状案

こんな風に木にぶら下がっているところを撮りたかったのですが、撮影できる場所と光の加減がうまく合わず断念しました。 いま見たら、これでも良かったかな…と相変わらず優柔不断でございます(笑)。

やっぱりこの子は後姿が一番かわいいなあ。
Category: 日々の記録