枝垂れ梅

今日は朝から薄暗い、しとしと雨降り。 これから甲状腺治療の通院です。

昨日、とても気になっていた城南宮へ、母を誘って梅の花を眺めにいってきました。 昨日は晴れやかな春の陽ざしで暖かくて、のんびり梅を眺めるには最適の日でした。 枝垂れ梅がちょうど見頃で、それはそれはきれいで離れがたく、ずいぶん時間をかけてゆっくりゆっくり神苑を巡りました。

2.28城南宮の枝垂れ梅

晴れやかな梅の花をアップしたかったのに、昨夜はまたネットが不調でつながらず残念。 とりあえず、1枚だけ貼り付けておきます。 枝垂れ梅ってこんなにびっしり花をつけるんですね。 目の前全部がピンクピンクピンク!
Category: 日々の記録

不思議なものに心ひかれる

2日連続で外仕事、それをササッと片付けられました。 疲労でヘロヘロながらも、楽な仕事内容だったので、結果的には締め切りより早く完了。 ひと安心。

気が抜けたのか、仕事が終わってからぐったり。 買い物と炊事以外、ただただボーッとしている間に一日が終わってしまいました。 ひさしぶりに刺繍したいなあ、編み物したいなあ、とか妄想はどこまでもふくらむのに、手はまったく動かず。 疲れているのに眠りは浅くて、まだ甲状腺ホルモンがですぎているのか?? 脈拍は自分で測ってみると、だいだい90くらいだから、治療開始前の120よりはかなり安定してきているはず。

今日はストレッチであちこちこわばっていた筋が気持ちよく伸びた感じ。 家でも自主的にやればいいのに、先生のかけ声がないとダメなんですよ。 ロビーで流されていた阿波踊りコースのビデオに目が釘づけ…すごくおもしろそう! やってみたい! ずらっと並んで足だけの練習している姿はちょっとリバーダンスぽい!?(笑) あの独特の単純なお囃子を聴いていたら、トランス状態というか完全無心になれそう。 やってみたいな。 すごくいい運動になりそうで、今の体調では無理かなあ? いや~、人間、何に惹かれるかわかりませんね。 そんなものに興味をもつ自分にビックリです。

2.26福寿草

我が家の庭でもやっと福寿草が咲きました。 「福寿草」っていう名前のため思い切り和風のイメージだけど、こうしてみたら案外洋風ですよね。 キンポウゲの親戚ですものね。 冬枯れの庭でパッチリ咲いた黄色をみていると、心もぬくぬくのびのび。

来週はあれこれやることがあるので、明日、枝垂れ梅を眺めに城南宮へ行ってみようかな。


■いつも拍手をありがとうございます!
Category: 日々の記録

心をこめて

先日、母の誕生日でした。 インフルエンザ警報がでている時に人混みにでかけるのは避けたくて、街中のおしゃれなお花屋さんでお花を買うのは断念。 近所のいつものお花屋さんで誕生日祝いの花束を作ってもらいました。

2.19母の誕生日

うーん、もうちょっとおしゃれなのがよかったなあ。 普通にきれいではあるけれど、パンチ不足。 イメージというか妄想では、ミモザ&バラの花束みたいなのにしたかった。 後で気づいたら、米寿だった! 忘れてた…ごめん。 両親そろって米寿、すごい長寿の家です。 私が一番弱っちい。

花束はいまいちだったので、せめて夕ご飯くらいはと少しだけがんばりました。

2.19バウムクーヘン 2.19アクアパッツァ

2.19イチゴ 2.19豚バラ肉のトマト煮込み

バウムクーヘンは母の友だちが送ってくれたクラブハリエの大きなものをカット。 うちの大好物。 午前中に炊いた文旦の皮のマーマレードを添えて。 夕食は鯛の切り身とアサリでアクアパッツァ。 前菜代わりに菜の花の生ハム巻き、ほうれん草とエリンギのバターソテー、そして主菜があっさりなので腹持ちのいいレンズ豆とジャガイモのトマトスープ。 デザートはイチゴを思い切って奮発(笑)。 今年初めてのイチゴでした。
右下は昨日の晩ご飯に作った豚バラ肉のトマト煮込み。 ふだんは脂を気にして絶対に使わないバラ肉のかたまり肉で、脂身がかなり少ないものをみつけたので。 2時間かけてコトコト煮こんだ濃厚なイタリア風煮込み、大好評でした。 サラダは押し麦のマリネ+キャベツ+ドライトマトの風味。 デザートにヨーグルト+文旦マーマレード。

懐具合がさみしいので贅沢なお祝いはできませんが、その代わりに心をこめて栄養があって美味しい夕食を作った…つもり。


月曜から本当にひさびさに仕事多忙期、といっても数日ですが。 今日は意外に楽に終わってホッ。 明日は長浜へ。 小旅行気分で行ってきます。


■たくさんの拍手をありがとうございます。

■名なしさん、いつもご心配いただきありがとうございます。 意外に大丈夫…結構しぶとい体質みたいです。


Category: 日々の記録

バセドウ病治療開始から1ヶ月

もう1週間以上ほど前のことですが、自分の記録のために。

15日(月)は2週間に一度の甲状腺の通院日でした。

甲状腺ホルモンを抑える薬=メルカゾールを飲み始めてから、血液検査で甲状腺ホルモンの値を調べるのは今回が初めて。 甲状腺ホルモンは薬が効いてほぼ半減、一番重篤な副作用=白血球減少の兆候はまったくなし。 ただ肝臓の数値がじわじわ悪化。 薬の影響と考えられるとのことでした。 まだ深刻なほどではないので、メルカゾールを続行することになりました。

メルカゾールを飲み始めてから3週間経ったところで、身体のあちこちがかゆくなったり赤くなったり。 皮膚が4日ほど過敏でした。 でも、我慢できないほどではなく、様子を見ているうちに軽減しました。 お医者さんには報告しましたが、一時的な軽い副作用と考えられ、特に問題ないとのこと。 メルカゾールを飲んでほぼ5週間の現在、皮膚はたまにかゆい程度。

2.16散歩道の白梅

とても寒い曇天でしたが、いつも通り、川沿いの散歩道を歩いて病院へ。 暗い空の下でパッチリ咲いた愛らしい白梅をみつけてパチリ。 雨が降ろうが寒かろうが暑かろうが、病院へは途中でバスを降りてここを歩きます。 鴨川の風景、広々した空間と空を感じるだけで、気持ちが少し楽になる気がして。

2.16散歩道の紅梅

甲状腺ホルモンがしっかり減っているので、(前回の通院日時点で)「あと4週間飲めば、メルカゾールを少し減らせるでしょう」といわれました。 甲状腺ホルモンが減りすぎて不調にならないか(減りすぎるとあちこちの筋がつったり鬱っぽくなったりするらしいので)、それだけがちょっと心配だけど、今のところは少しだるくて疲れやすいだけ。 適度に身体を休めて、あまり気にしないことですね。 気にしない、気にしない。

【血液検査】甲状腺ホルモン
    1月4日     2月15日      基準値
TSH 0.001未満 → 0.001未満    0.350~4.940
FT3 10.41    →  5.10        1.71~3.71
FT4  2.99     → 2.01        0.70~1.48

2.16エナガ

白梅の木で写真を撮っていたら、エナガのカップルが飛んできて、目の前でひとしきり木の枝をつついてお食事タイム。 タキシードのような背中の黒い筋と長い尾、プクプクまん丸でなんてかわいいの! かわいいエナガに会えて、それだけで幸せな気分になれました。 ありがとう。


■たくさんの拍手をありがとうございます。 1日動いて疲れたら翌日は何もしない…と意識して休むようにしていれば、今のところ大丈夫です。
Category: 甲状腺

低速運転の毎日だけど

週末はストレッチ教室に行ったり、東京の叔母とのんびりランチ&散策したり。 週が明けたら、バセドウ治療の通院日。 あれこれうろうろしています。

疲れやすさは相変わらずで、元気にしてはいるのですが、でかけると翌日はぐったり。 料理する以外は、何も生産的なことができません。 では、とてもしんどいのかというと、それも違う。 元気なのか元気でないのか、自分でもよくわからない状態。 お医者さんにいわれたように、甲状腺ホルモンが急激に減っていく間は、なるべく心身ともに疲れないようにしているのが一番のようです。

2.16やぶ椿

真っ赤なやぶ椿が咲き始めました。 今年は花つきがいまひとつなのか、植木屋さんが剪定しすぎたのか。 花が咲く木を切らないでと毎回いっているのに、花も実も全然考慮せずにザクザク切ってしまうんですよねえ。

2.16雪柳が一輪

ずいぶん前から雪柳がぽつりぽつりと咲いています。 今年の冬は暖かいのか寒いのか、変な気候に植物も花を咲かせる時期を間違えるみたいです。

取り急ぎ、無事のお知らせだけ。 明日はまた、仕事のつきあいで新大阪でノーギャラ仕事。 また疲労困憊よれよれになりそうな予感。

■いつも拍手をありがとうございます。 寒暖差の激しい毎日、お互いにインフルエンザや風邪に気をつけましょうね。
Category: 日々の記録

雑ぱくな楽しさ 「琳派降臨」@京都市美術館

今日は抜けるような青空が広がって、気分ものびのび。 ずっと気になっていた展覧会「琳派降臨」が今週末までと気づいて、慌てて行ってきました。 ひさしぶりに母と一緒の展覧会。 展示数ほどほど、あまり疲れない内容だったので、母も休み休みながら楽しめたようでした。 琳派の絵はデザイン的で、普通の絵画を鑑賞するより疲れない気がします。

展覧会のサブタイトルは「近世・近代・現代の『琳派コード』を巡って」。 江戸時代の正統派の琳派から、明治・大正の神坂雪佳とその時代の工芸品、そして意外なことに現代アートまでが展示されていました。 現代美術作品に琳派の影響が本当にあるのかどうか、ちょっと「?」な部分もありましたが、十分楽しめました。

2.11琳派降臨

神坂雪佳だけはある程度まとまった作品群でしたが、あとは有名な画家の作品がそれぞれ1点ずつぐらい。 ふだん興味をもっていない画家の作品もたくさんあって、全体としての統一感があまりないのが、かえっておもしろく感じました。

一番印象に残ったのは、金屏風一面に美しい緑でススキと半月が描かれた木島櫻谷「薄」(↑チラシの一番上)。 きれいでした。 近代アートの名和晃平「PixCell-Fallow Deer #2」も、独特ですごく印象的でした。 剥製(?)の鹿をガラスらしき透明の大小の球体で包んだ作品(チラシの左端)、実物の方がずっとステキ。 ほかに徳岡神泉「麦」、北斗七星の象眼(?)の小柄、笹を墨の濃淡で描いた乾山の小ぶりの器、神坂雪佳のおおらかな茅葺き屋根の描き方、若冲に挑戦しているような気迫が伝わってきた服部しほり「舞子と鶏図」がよかったな。

2.11京都市美術館

京都市美術館の建物そのものも、昨年の「パラソフィア」展でいっそう親しみがわきました。 レトロでモダン、和風で洋風。


美術鑑賞後、ずいぶん疲れたはずの母は「お天気がいいから、きれいになった動物園に行きたい」と主張しましたが、そんなに欲張るのは無理と説得して、新年にオープンしたロームシアター京都のカフェレストラン「京都モダンテラス」へ。

2.11ほうじ茶アフォガート

ほうじ茶アフォガートで一服。 店内は天井が高くて、ゆったりとしたレトロモダンでおしゃれ空間でした。 雰囲気も居心地もよかった…けれど、サービスが?? スタッフは結構おおぜいいてウロウロしているのに、空いているテーブルがたくさんあるのに、なぜかずーーっと待たされて、なかなか席に案内されませんでした。 15分くらい待ったかも。 私たちの前後に来た人たちも、お年寄りでも赤ちゃん連れでも、みんな入口で無意味にいやほど待たされていて、それをみているだけでイライラ。 こんなことでイライラするなんて、バセドウ治ってないのか?(汗) スタッフは愛想悪くはないんだけど、客を待たせていることに切迫感がない様子。 店のシステムの問題なのか? 雰囲気がいいだけに、とても残念でした。 すいていそうな平日に行くか、しばらくしてスタッフが人のさばき方に慣れてから行った方がいいかもしれません。

■いつも拍手をありがとうございます!
Category: 展覧会

選ぶ基準はどこにあるの?

月曜日、母のお供で高島屋へ。 チョコレートの祭典(?)に行ってきました。

催事会場いっぱいに並んだチョコ、チョコ、チョコ。 あまりにもいろいろあって、目の焦点を結べなくなりそう(汗)。 高齢者が一緒で、いかにも「本気で買う」感いっぱいだったので、あちこち試食させてもらえました。 すごくおいしいと思ったものもありましたが、大きさと値段のバランスで買うに至らず。 超高級なのはもちろん試食できず。 事前に情報収集していないと、もう何がなんだか…。 いったい、ここで買っている人たちは何を基準に選んでいるのか、本気できいてみたくなりました。

母が選んだのは、父のリクエストを受けて父用は去年と同じドイツ「グマイナー」のチェリーボンボン。 姪たちの分は迷いに迷って、ドイツ製ということで「ローエンシュタイン」のいろいろ数もほどほどある詰め合わせ(味は不明)。 チェリーボンボン、高いなあ。 チョコ1粒がケーキと同じくらい。 ああ、ドイツのスーパーでお手頃価格で売っている「MON CHERI(モンシェリ)」が恋しい!←どこかみかけたら、ぜひお試しあれ。

そして、家用にと直感で選んだのはこれ。

2.10ゴーフレット 2.10ゴーフレット2

「グランヴァニーユ」のゴーフレット。 焼き菓子好きなので。 意外にしっとりとした2枚の生地の間には塩キャラメル・チョコレートキャラメル・ヘーゼルナッツプラリネの3枚入っています。 キャラメルが濃厚なので満足感があって、3分の1ずつでちょうどいいくらい。 塩キャラメルと生地のバターの香り、好みでした♪

どんな味かよくわからないチョコを外見だけで買うのって、福引きみたいなワクワク感なのかな。


2.10白梅

お隣の白梅、青空をバックにかわいく咲いています。 これは1週間前に撮った写真で、今は三部咲きくらい。 梅の木の下を歩くときは、いつも思い切り深呼吸。 馥郁とした香りが梅の魅力ですものね。

私はぼちぼち家事をしているだけの毎日。 皮膚が赤くなったりかゆくなったり、バセドウの薬の副作用らしきものがでていますが、まあ、まだ我慢できる範囲。 2階に上がるだけで心臓バクバクという状態からは脱したみたいだけど、相変わらず食べても体重が増えないってことは、まだまだ薬をのまなきゃいけない予感。

Category: 日々の記録

今年も吉田神社節分祭へ

年が明けたと思ったら、あっというまに立春です。 病院通いで落ち着かないせいか、本当に何もしていないのに、どんどん日が過ぎていきます。 暦の通り、陽ざしは一気に春めいて明るくなりました。 春はもうすぐそこ。


今年も、母と一緒に吉田神社の節分会に行ってきました。 節分当日だから、昼間でも人がいっぱい、屋台もいっぱい(去年より増えてる?)。 今年も一応元気にお参りできたことを感謝。

本殿と、その少し上にある大元宮(全国のやおよろずの神さまがお祭りされているところで、ふだんは非公開)にお参りして、参道途中の料理の神さま=山陰神社で料理上達を祈願し、お菓子の神さま=菓祖神社で「ことしもおいしいお菓子がいっぱい食べられますように」(笑)とお願いしてきました。 今年は鬼に会えなくて残念。 鬼と子どものかわいい攻防を楽しみにしていたんだけど。

2.3方相氏

毎年同じような写真しか撮れないので、今年は方相氏(ほうそうし)さまの木像だけ。 吉田神社では、目が4つに角がある方相氏が赤鬼・青鬼・黄鬼を退散させます。


高齢の母もがんばって歩いて帰りました。 おいしいお菓子での一服を励みして(笑)。 どんだけ食欲あるんだ。

2.3セカンドハウス

プラリネミルクレープだったかな。 思っていたよりあっさりしていて、大きいのにペロッと食べられました。 もちろん母もペロッと食べましたよ。

2.3イワシと恵方巻

晩ご飯は、吉田神社の出店で買った恵方巻き、鰯の塩焼き+大根おろしどっさり、かぼちゃの煮物、舞茸の味噌汁。 恵方巻きは無言で食べなくちゃいけないとか切っちゃいけないとかなんとか、いろいろいわれてますよね。 でもこんな大きいのを1本を食べきることはもちろんできず。 バカバカしいと思いつつも(そんなこといったら恵方巻きを食べること自体バカバカしい)「切っちゃいけない」といわれると切るのがためらわれ、仕方なく翌日続きを食べました。

当日は元気でしたが、翌日ヘロ~ダラ~。 昨日も母の用事を頼まれて街中へちょっとでかけたら、夜はグタ~。 幸か不幸か仕事がないから、思い切ってダラッとするように心がけています。 ようやくブログにアップできて、やっと立春を迎えた気分。


ひまな間に確定申告の準備しておこう…と思っているのに毎年ギリギリになってしまうので、今年こそ! これから手をつけます。


■いろいろな古い記事にもたくさんの拍手をありがとうございます! 
Category: 日々の記録

バセドウ治療開始から2週間

今日は甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の通院日でした。 治療薬メルカゾールを毎朝3錠飲み始めて丸2週間の経過観察です。 血液検査の結果は、肝臓・腎臓・白血球いずれも問題なしで、引き続きメルカゾール続行とのこと。 甲状腺ホルモンは今回は調べていないそうです。

「少し外出するだけで身体が重だるくて、半日仕事をしたら、なんともいえず気分悪くなりました」と訴えてみましたが、それは薬が効いてきているから仕方ないとのこと。 しばらくは、あまりしんどくなるようなことは避けるようにともいわれました。 これから、ますます薬が効いてきて、ますますだるだるになるみたいです(涙)。 

2.1カフェタイム

血液検査から診察までの小一時間に、コンビニで支払いしたり郵便局で荷物を発送したり、病院内にコンビニと郵便局があるのはとっても便利です。 その後はスイーツでカフェタイム。 黒糖きなこ××(失念)という名前でしたが、あまりそれらしい味はしてないな。 でも、本を読みながらゆっくりできて、待たされている感じがなくてよかった。


スーパーで買い物をして家に帰る途中で、突然どーんと身体が重くなってきて。 夕食後、お風呂の順番を待っている間、ソファーの上で伸びてました。 なんにもしてないのに、だるい~。 これからの2週間、どうなるんだろう?


2.1白椿のつぼみ

今年は白い椿が次々に花を咲かせています。 いつも、ちょっと花を眺めてから病院へ。 それだけで少しは憂鬱な気分が上向く気がして。

そうそう、恋猫は恋に破れたみたい。 日中に、他の猫2匹が相思相愛、お見合い中でしたから。 あのコーヒー牛乳色の猫は、もうニャッとも鳴きません。 短い恋でした。 かわいそうに。



Category: 甲状腺