小鳥のように生きてもいいじゃない 小川洋子「ことり」

単行本を買おうかどうしようか、さんざん迷って買わなかった小川洋子の「ことり」が文庫本になっているのを本屋さんみつけて即購入しました。 

小川洋子の小説にしては珍しく設定はかなり普通。 先日感想を書いた「羊と鋼の森」同様に(あるいはそれ以上に)とても地味でほとんど起伏のない話なのですが、”生きる”ということに真正面から取り組んでいる点で、これはまぎれもなく文学。 読んだ後にじわじわといろんな感情が湧きでてきて、人生について深く考えさせられました。 「羊と鋼の森」はこの本の直後に読んだため、よけいに物足りなく感じたのかもしれません。

7.6小川洋子ことり

古い一軒家で孤独死しているのを発見された初老の男は、近所の子どもたちに「ことりのおじさん」と呼ばれていた。 ほとんど誰とも関わらずに一人で生きていた「おじさん」の人生とはいったいどんなものだったのか--。 愛情深い母親さえも理解できない謎の「ポーポー語」をある日突然話し始めた兄と、その兄の言葉を唯一理解できた弟。 小鳥を愛し、小鳥の言葉がわかる(と弟の目には映る)兄を弟は子どもの頃から大切に思い敬愛していた。 両親亡き後、兄との生活を支えるために弟は地味な仕事に就き、二人きりでひっそりと暮らし続けていた。 やがて兄が亡くなり、一人になったおじさんは…。 芸術選奨文部科学省賞受賞作品。

単純化していえば、障害者の兄とそれを一人で支え続ける弟=中年の兄弟の話であり、後半は孤独な初老の男に降りかかる理不尽な苦難や、他人とのごくごくかすかなふれあいの話です。 華々しいことなど一切なく、誰からもほとんど顧みられることもなく、何かを達成することもない一生。 世間の片隅で静かに生きて、一人静かに世を去った「ことりのおじさん」。 端から見れば、お兄さんは障害者施設に託して、弟は自分の人生を歩むべきと思われる状況ながら、兄との静かな生活を守ることが弟にとっては人生の第一義で、そのことにみじんの疑いも感じていない。

もどかしいほど受動的な生き方。 他人の目には何もいいことがないようにみえる「おじさん」の人生だけれども、本人は決して不幸ではなかった。 閉じた生活、昨日と今日と明日に何の変化もない単調な毎日を重ねていく、そのことに充足していて、人生にたくさんのものを求めていない。 そういう人生は無意味なのでしょうか?

7.31雷雲とツバメ

著者はおじさんの人生を小鳥の生き方に重ねていると感じました。 6月20日の「”いま”を生きる」で書いたように、人間も小鳥や動物のように”いま”という瞬間を積み重ねるようにして生きたっていいんじゃないかと思っていたところだったので、あまりにも自分に考えていたことに似たテーマだったことにちょっと驚いたりもして。 「ことりのおじさん」に優しく寄り添いつつも、修飾語などをあまり盛りこまずに淡々とした筆致で語られる人生に引きこまれ、たいした事件もないのに一気に読み終わりました。

「あなたはラストに必ず涙する」みたいな本が好きな人にはおすすめできませんが、安直でない、こんな小説もたまにはいいんじゃないでしょうか。


バセドウと乳腺の経過観察で週に2日も通院したり、その間に特急仕事が食いこんだり、兄の事件を思い出させるような陰惨な事件があって、ものすごく嫌な気分になったりして、先週はなかなかブログを書く時間も気持ちもありませんでした。 やっと落ち着いたので、ようやく読書記録をアップ。 他にも読了した本があるんだけれど、それはまたそのうちに。

Category: 小川洋子

ようやく完成! フラワークロッシェ

詰めの甘さが悪い癖。 とっくに編み上がって、珍しくモチーフつなぎもさっさと済ませたのに、最後の仕上げのリボンを買いに行かずに放置していたフラワークロッシェのネックレスがやっと完成しました!

7.22フラワークロッシェのネックレス

「黒ゆきこのフラワークロッシェ」からの2作目です。

指定通りの糸(エミーグランデ)で編みましたが、糸でみているよりも編むと色が濃くなって、かなり地味。 姪っ子にあげようかと思ったけど、地味すぎる気がする。 でもオフホワイトでも地味になりそう。 淡い色は夏に着用すると汗じみも気になるし。 いっそのこと黒か紺の方が盛夏に映えるかも。 エミーグランデを売っている店が近くにないから困るな。 ネットショップで送料をかけて少量の糸を取り寄せるのはなんだかなあ…と思っている間に夏が終わりそうだわ←いつものパターン。


そして、もう一つ熟成したフェリシモの在庫キットも

7.22刺繍糸でかぎ針編み

やっと消化できました。 かぎ針編みがよくわからなくて何度も何度も途中で編み方がわからなくなって投げ出しては、しばらくして再挑戦してはまた挫折を繰り返して、やっとやっと形にできました。 このブローチを使いたいのではなくて、ただ単に達成感が得たかっただけ(笑)。 刺繍糸を使ってかぎ針編みをするというアイディアに目からウロコ。 意外に糸が割れたりせず、編むこと自体はそれほどたいへんではなかったので、家にどっさりためこんだ刺繍糸をこういう風にかぎ針編みして消化できるかも…と妄想してみたりして。


7.22夏空

北日本や関東はまだ梅雨明けせず、肌寒いなんて信じられないほどの夏空と暑さ。 でも、暑いとはいっても梅雨が明けてから、京都にしては珍しくカラッとして風があるので、暑くてもずいぶん楽です。 今日は暑さがましだなと思っても最高温度は34℃くらいはあるのだけれど、湿度が低いと本当に過ごしやすいですね。 熱帯夜じゃないのも助かってます。

今朝はまだ少しは涼しさが残っているうちに、ちょこっとウォーキング。 汗まみれになっても、身体を動かすと気持ちいい。 近所の南欧風建築を見あげて、脳内で爽やかな風が吹いている南欧で夏休みを満喫中のイメージトレーニングをしてみた(笑)。 ああ、瀬戸内国際芸術祭とか、近場でいいから旅気分が味わいたいなあ…。


■みゆさん、拍手コメントをありがとうございます。 遠くから心配していただいて、ありがとう! 京都は梅雨明け前の方が37℃とか35℃連発ですさまじい暑さでしたが、この数日はずいぶんまし。 これくらいなら耐えられます。 みゆさんはもう放射線治療のゴール寸前ですね。 連日の病院通い、お疲れさま。 がんばりましたね。 いつか、この辛さを乗り越えた自分にちょっと自信が持てる日が来ますよ、きっと。 お互いになるべく身体を動かしてストレスを蹴散らしていきましょう!

良くも悪くも素直でまっすぐ 宮下奈都「羊と鋼の森」

本屋大賞を受賞したというニュースで初めて存在を知った宮下奈都「羊と鋼の森」。 タイトルがピアノという楽器を表現していると聞き、さらにこの装丁がステキで迷わず買いました。 著者の名前もよく知らなかったのですが、この小説は直木賞候補になったのですね。

7.19羊と鋼の森

クラシック音楽もピアノの音色もほとんど知らなかった高校生が、たまたまみた調律師の仕事にひかれて調律師を目指すことを決意。 主人公の男の子が先輩たちに囲まれた職場で一人前の調律師になるまでの日々を丹念に描いた静かで優しい成長物語。

いつもはくどい私でも、サクッとひと言でまとめられるくらい(笑)波乱も事件もほとんどなし。 読み終わっての感想は、いまどき珍しいほどにスーーーッと素直なお話。 時系列に沿って淡々と主人公が考えたこと、成長していく過程が描かれていて、ひねりやドラマチックな展開など一切なし。 とっても素直でまっすぐ、徹頭徹尾、真っ当。 宮下奈都さんっていい人なんだろうなあ。 これほどまっすぐなストーリーをさほど飽きさせずに最後まで読ませる力量はなかなかのものかもと思ったりしました。

最後まで読んで、素直すぎて少し物足りなさを感じました。 では不満だったかというと、不思議なことにそうでもないのです。 音楽という言葉にならないものを詩的な言葉に置き換えるようとする著者のセンス、結構好きです。 この人の静謐な詩的表現が心地よくて、散文というより長い詩を味わったような読後感でした。 人間存在の根幹に分け入るような力強いメッセージがなく、全体的にふわっと軽い感じなので、直木賞を受賞しなかったというのは納得。 暗い重い話は気が進まないというときの読書にちょうどいいくらいです。


7.19ハナセキショウ

一目惚れして買ってから、一度も花をつけなかったショウキハナセキショウが、いつのまにかこっそり咲いていました! もう少し大きな植木鉢に植え替えてやらなければと思いつつ、数年以上経った気がします(ごめんね)。 他の草木が茂って埋もれるように隠れていた小さな小さな純白の花をみつけたときは、一人で「ワーッ♪」と小声で歓声をあげてしまいました。 ささやかな幸せをみつけた気分。 もう枯れてしまうのではと思っていたのに、また花をみせてくれてありがとう、ありがとう。 リビングから一番よくみえる位置に移動させて、朝な夕なに眺めています。 なんて可憐な花なんだろうと、うっとり。


■いつも拍手をありがとうございます。 京都は梅雨明けしたら、蒸し風呂状態が少しましになりました。 みなさまのところはいかがですか?

無心になれるカード織り

いろんなハンドメイドに手を広げすぎて、増える一方の手芸材料の在庫が狭い部屋を圧迫しているのに、また新しいものに手をだしてしまいました。

7.14初めてのカード織り

ひさびさのフェリシモの手芸キット。 カード織りがずっと気になっていたんです。 この柄じゃないといいなと思っていると、必ずそれが来るのがフェリシモ(笑)。 やっぱり今回もそのパターンでしたが、まずは練習、練習。

4つの穴が空いたカードに刺繍糸を通し、それを複数枚用意してクルッと回転させては横糸を通していくと、手織りの紐が2時間足らずで完成しました。 なぜだか終わりそうになってから間違えてばかりでモタモタ。 集中力が切れた? 器用な人なら1時間ほどで35センチくらいは織れそうです。 横糸が規定より短かったのか(ちゃんと計ったつもりなのに)、35センチ織れるはずが32センチで横糸が終わってしまい強制終了。 キットの金具が気に入らないので、仕上げは買ってきてから。 2重巻きのブレスレットにするか、ストラップにしようか考え中…といって、いつも完成させずに放置してしまうのが悪い癖。 近日中に仕上げよう。

織りの素材に刺繍糸?と思いつつやってみましたが、刺繍糸が意外にいい感じの質感になりました。 違う色合わせで作ってみようかな。

説明書をみているだけでは、いったいどういう風になっているのか全然ピンときません。 でも、準備が少し面倒くさいだけで、作業は思っていた以上に簡単。 子どもでもできそう。 すぐに模様がでてくるのが楽しいし、肩が凝るほど細かい作業ではないので、ひたすら無心になれて、すごくおもしろかった! 本当はすぐにでも違う柄を織ってみたいのだけれど、カード織りの本ってほとんど売っていないため、次回もキットを申し込みました。

7.14色づくブルーベリー

いつもはキーキー大騒ぎしているヒヨドリがカップルでえらく静かに庭木の間をウロウロ低空飛行しているなと思ったら、お隣からフェンスを越えてきたブルーベリーがいつのまにか色づいていました。 私がのぞいたら、「しまった!」という顔してましたよ、ヒヨドリ(笑)。 ふだんは臆病なのに、よほどブルーベリーが美味しかったようで、その後も何度も何度も茂みのあたりをウロウロ。 写真を撮った1時間ほど後には、色づいた実は全部ヒヨドリたちのおなかに収まった模様。 ほとんど残っていませんでした。


テレビをつけると怖いニュースばかり。 ニースのテロ映像に身も心も凍りつきました。 そして、20年前にとても楽しい旅だったトルコが…。 ああ、嫌な気分を振り払うために無心になる時間をもっともちたい。


■donauさん、いつも優しい言葉をかけてくださって、ささくれた心が癒やされます。 本当にありがとうございます。 お返事が遅くなってごめんなさいね。 ぼちぼち復活、通常運転に戻ってきました。

■とりほさん、「ズートピア」の映画館が遠くて残念でしたね。 大きなスクリーンでみる映像がとてもきれいでしたが、DVDでじっくり小ネタを探しつつみるのも楽しいと思いますよ。 いろんな映画のパロディのシーンもあるようで、映画好きの人だと一層いろいろ発見があるみたいです。 私は打ち切り間近で字幕版は終了していて、残念ながら吹き替え版でした。 ウサギや動物なら英語でしゃべっても日本語でしゃべっても、ま、いっかと思っていましたが、最後のコンサートシーンはオリジナルがよかったんですねえ。 残念! 今度ネットで映像探してみます。

アニメは子ども向きと侮ることなかれ 映画「ズートピア」

うかうかしている間に映画「ズートピア」が上映打ち切りになりそう。 家の中で親と顔を突き合わせていることに耐えられずイライラが募って体調不良に陥ったりしていて、とにかく何も考えず気分転換がしたくて行ってきました。

ポスターの絵には全然ひかれなかったけれど、実際に映画をみたら、キャラクターがものすごくキュート! 冒頭、主人公=ウサギの女の子ジュディの顔のアップで、瞳の美しさと緊張するとヒクヒクするピンクの鼻にハートを鷲づかみにされました。 そして、思いがけず深いテーマを扱っていて、とってもよかった! 評判がいいのも納得。 満足感いっぱいの映画でした。

7.9ズートピア2

ね、かわいいでしょ? 警察官の服装の時が一番かわいい。

動物を擬人化して描くのって特にいいと思わなかったけれど、この映画での描き方がとても巧みで感心しちゃいました。 それぞれの動物の前足の特徴を残しつつ、とてもうまく「手」の感じにデフォルメしてあって、途中でジーッと手ばかり眺めたくなったりして。


小さくて弱いウサギは不向きと決めつけられていた警察官に憧れて、ついにウサギで初めて巡査に採用されたジュディ。 どんな動物も平等に平和に共存している理想郷の大都会ズートピアで、期待に胸をふくらませて夢への第一歩を踏みだした田舎娘ジュディを待っていたのは、理想郷の裏に隠された大きな社会的矛盾だった。 署長からカワウソの失踪事件を48時間以内に解決するように言い渡されたジュディは、詐欺師のキツネ=ニックに助けを求め、二人は思いがけない大きな陰謀へと巻きこまれていく…。

7.9ズートピア

表面的な平等とは裏腹に、社会に存在する差別や偏見という大きなテーマに真正面から取り組んでいて、大人は考えさせられる映画でした。 肉食獣vs草食獣になぞらえた人種差別、ジェンダーやハンディキャップ、見た目で貼られるレッテル、そして狭い正義感の落とし穴…深い内容です。

それと同時に、小さなギャグも散りばめられていてクスッとさせられ(特に運転免許試験場のシーン)、ジュディのスマホはアップルではなくニンジンマークで、肉食獣のスマホは肉球マークなのをみつけてニヤリとしたり、エンドロールのコンサートシーンでダンサーの虎のマッチョぶり&衣装にニヤニヤしたり。 すみずみまでしっかり描きこまれているので、終わった後にもう一度じっくり細かいところまで眺めたいと思ったほど。

ジュディ&ニックのコンビがいい味をだしていて、大人も子どもも一緒に楽しめる奇跡的なレベルに脱帽。 とてもいい気分転換になりました。 おすすめです!

 
Category: 映画

今年も心身疲弊

兄の七回忌の法事のために親戚に集まってもらい、毎年命日に家にお参りに来たくださる方と和やかなひとときを過ごし、全部が無事に終わったら、ホッとして燃え尽きてしまいました。

兄の命日になってしまった自分の誕生日は何年経っても慣れることができず、平常心で過ごすことができません。 どこかから湧いてでてくる悲哀感と重い重い疲労感で、誕生日の夜はぶっ倒れるように横になって、でも全然眠れなくて。 救急での開頭手術跡が痛々しい冷たくなった兄の顔と、爆発炎上した凄まじい事故現場が、思い出したくないのに生々しく浮かんで消えません。 せめて息を引き取るときに「一人じゃないからね」と声をかけて手を握って送ってあげたかった。 そんなこと、何度思っても仕方がないことだとよくよくわかっているのに。

この1週間、疲れ果てているのに眠れなくなり、再び眠剤を飲んで強制終了。 薬を飲んででも、とにかく少しでも眠ることが大事。 これこそキラーストレスなんだと思います。


あまりにもしんどくて数日だらだらしていましたが、昨日はひさしぶりに琵琶湖近くで仕事があったので、早めに家をでて湖岸を少しだけウォーキング。 33℃で大汗かいたけど

7.1琵琶湖の青空

ひさしぶりの青空を見あげて、広い広い琵琶湖を眺めて、その後は仕事が思った以上にスムーズに終わって気持ちがリセットできました。

7.1ネジバナ

湖岸の芝生にはネジバナが群れ咲いていて、かわいいなー。 じっくり写真を撮っている時間がなくて、ややピンぼけ気味なのが残念。 昼休み中らしき現場作業のおじさんたち4人が芝生にかがみ込んで一生懸命に何かを探していて、コンタクトレンズでも落としたのかな? なにしてるんだろうと思ったら、一人が大事そうに何か小さなものを手に持っていて「あー、しおれてきちゃった」、他の人たちは「みつからないねー」と。 炎天下で四つ葉のクローバーを探していたらしい。 なんだかちょこっと和みました。 他の人たちもみつけられたかなあ。
Category: 日々の記録