珍しく当たったのは

仕事はおしりに火がボーボー、日曜日にようやく本気の気合いが入り、広告系を1本仕上げて先ほどメールで納品。 角田光代なら8時から5時の間に、こんなボリュームの仕事、余裕で1日4本くらい書くんだろうなあ…で、土・日はしっかり休みで。 ああ、ホントにカクタさんの爪の垢を煎じて飲みたい気分です。 集中するまでに時間がかかりすぎるんだよな、最近のワタシは。 残るのはあと1つ。 粗書きはできているから、明日中に仕上げて送らなくては。

ずいぶん前になるんですが、抽選というものでほとんど当たった経験がないワタシがみごと当選!

7.12カメラ雑誌

というほどでもなくて、実は応募したことさえすっかり忘れ去っていた写真雑誌が送られてきました。 ひょっとしてワタシ以外、誰も応募しなかったとか?(笑) 上の「デジタル写真生活」が当選した雑誌。 応募したときの表紙に載っていた企画に興味があったんだけど、来たのは最新号でした。 露出補正だけは少しくらい考えて撮ってるつもりなんだけど、時間ができたら、もう一度じっくり読んで勉強しよう。 パラパラと見た感じ、それなりに「なるほど」と思うところもあるし。 下の写真雑誌は、デジカメならではの色操作のことが知りたくて自分で買ったもの。 こちらは勉強になったような、ならないような…。 結局、いい写真を撮るには、意識してたくさんの写真を撮って、撮った画像をチェックしながら反省することしかないんでしょうね。 ものすごく珍しく当選したぐらいだから、写真に呼ばれているのかも(思いこみ激しすぎ?)。

7.12キノコの卵

苔の間からパカッと殻を割ってでてきたキノコの卵(?)。 このタイプはそこいら中にあります。 もっとギョッとするような斬新なキノコ、出てこないかな。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する