マニフェストを読んでみる

お盆に帰省した兄がおいていった自民党と民主党のマニフェスト。 選挙が迫ってきたので読んでみました。 途中で2、3回ほど睡魔に襲われましたが、まじめに隅から隅まで読みましたよ。 でも、細かい内容はもう忘れた(政治家はこれを期待してるんだろうな)。 パンフレットの書き方としては、民主党は最初から最後まで具体的な数字で攻めまくり、自民党はわかりやすい日本語表現に努めているという印象を受けました。 自民党は悪くなさそうな文言が並んでいるけれど「3年以内にはなんとかする」ということで具体性がほとんどなく、民主党は数字で具体性があるように見えるけれど、どこか机上の空論のように思える。 そんなにうまくいくかしらん。

一番気になったのが民主党がいう子ども手当。 ワタシの読み方が間違っていなければ、ざっと計算すると子どもを1人産むと15年間で給付金が500万円もらえるんですね。 2人いれば1000万円! 子どもがいない夫婦とか独身者との格差が大きすぎませんか。 それも所得制限とかなさそうだし。 貧窮している世帯ならまだしも、1億の年収がある世帯も「平等に」もらえるんでしょうか? そもそも、税金をそういう形で使うのはどうも納得がいかないです。 手当をもらった人たちが子どものために使うとは限らない気がするんですけど(ワタシは疑り深い性悪説者なんでしょうか)。 それなら、もっと保育園や幼稚園を増やすとか、17時以降も預かってくれる保育園をつくるとか、子どもが小さいうちは残業しなくてもクビにならないような社会制度を整備するとか、もっと社会基盤に関わるところに使って欲しいです。 教育に関わることに税金を有効に使うことはとても大切なことだと思っています。 それではいままでの与党の方がいいかと問われたら、とんでもない! こんな日本に誰がした! うむむ、どうしようと悩む無党派層の女ひとり。 どこに投票したらいいのか、マニフェストを読んだらよけいにわからなくなってしまいました。

※偏見と独断にみちた感想ですので、真偽のほどは各党のマニフェストを手にとってご自身の目でお確かめください。

8.27ヘクソカズラ

昨夜なにげなくテレビをつけたら、ちょうど政見放送で、某新興宗教の教祖さまが熱弁をふるってて。 内容はまじめに聞いてなかったんですが、その熱弁の様子、自信満々な顔、とても怖かったです。 かつての、なんたら真理教を思い起こさせて。 日本の行く末が本気で心配になりました。

今日の写真は、庭の植物に勝手にからみついているヘクソカズラの花。 いやな雑草とはいえ、すごい名前をつけられちゃったもんですね。
Category: 日々の記録

コメント

休みだったので期日前投票してきました。

「教育に関わることに税金を有効に使うことはとても大切」
全く同感です。
ビンボーな我が家の娘でも、安心して大学に行けるシステムを作って欲しいものです。

まあとにかく「幸福ナントカ党」だけは許せませんね。昨日電話がかかってきて、娘がガチャンと切ってしまいましたが、地球温暖化についてどう思っているのか、ホントにHPに書いているように思っているのか問いただしたかったような気もします。

2009/08/28 (Fri) 11:19 | piaa #- | URL | 編集

piaaさん、もう投票されたのですね。
国の将来を左右するのは教育ですから、自分に子どもがいなくたって
税金を投入するのは賛成です。
ただ、バラマキ型には腹が立ちます。
税金の有効な使い方を考えるのが政治家の役目のはずなのに、
給付金をばらまくだけなんて考えることを放棄しているとしか思えません。

幸福ナントカ党の党首さまの政見放送、ある意味すごかったですよ。
究極の勘違いって感じ。
信者はあれをみて「頼もしい~」と思うとしたら、それもヘン!
落ちたとき、どう反応するのか怖いです。

2009/08/29 (Sat) 00:50 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する