純文学の香り 堀江敏幸「いつか王子駅で」

本屋さんでみつけた堀江敏幸「いつか王子駅で」。 この人の文章が特に好きってこともないんですが、不必要に美文調じゃなくて味わいのある端正な日本語が発作的に恋しくなって、薄い文庫本だし買ってみました(近ごろは金銭的なことより収納スペースの問題で本をむやみに買えない)。

9.30いつか王子駅で

ごく薄い文庫本ですが、そのわりに時間がかかりました。 ストーリーはほとんどなくて、東京の王子駅近くに暮らす主人公が、下町の風情を残した町を歩き、飲み屋などで町の人とさりげない会話を交わすだけ。 さっと読み流す小説ではなく、一語一句を味わうように読むのに向いた小説です。 会話や古本屋で手に入れた本から心に浮かんだこと、街角の風景など、脈絡のなさそうなことが不思議なほどすらすらと次から次へと素直につながっていき、漂うような主人公の想念と足取りにつきあって、ふらふらとさまよっている感覚に満たされました。 私小説ネタのようでありながら語り口はさらっと乾いていて、純文学的でありながらヘンに小むずかしい感じではなくて。 相変わらず「この小説、大好き」というのではないんだけれど。

10.2ホトトギス濃紫

今日は雨降りの一日。 濃い紫がまじったホトトギスの写真は先日撮ったもの。 ひさしぶりに美容院へ行って、うっとうしく伸びていた髪をカットしたら、雨空でも気分はスッキリ! 髪がさっぱりした直後、うれしいお誘いが。 明日はたっぷり遊ぶぞ!

■Tさん、藤田さんのワンニャン、かわいいでしょ。 今回は苦肉の策でワンニャン写真てんこ盛りだそうですが、動物好きにはたまりませんよね。
Category: 堀江敏幸

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する