羊毛熱再び

結局、仕事は月曜日の朝になってから、やっぱりあれもこれも盛りこみたいと午前中いっぱい手直しにかかって、担当者さまから催促されてしまいました。 オフっていう感じではなくなって、でも開放感いっぱいで気分のびのび。 ひさびさに午後は台所のシンクでウェットフェルトで悪戦苦闘。 羊毛をこすって縮めるのはむずかしいですねえ。 何年ぶりかでの再挑戦。 初心者向きの簡単な長方形のマットにしたのですが、横方向はどんどん縮むのに縦方向はまったく縮まなくて、意地でがんばったのですが、長方形のはずがいつのまにか正方形のようになってしまってあきらめました。 腰が痛いし、腕は少し筋肉痛。 ウェットフェルトは本当に体育会系で、へなへななワタシには無理なのかなあ。 できれば実用性のあるウェットフェルトもできるようになりたいのになあ。 憧れのトートバッグ、いつか自分の手で作りたい。

11.10サザンカ

雨が降りだす前に、カメラを持ってひさしぶりに庭をうろうろ。 もう1週間ほど前から山茶花が咲き始めています。 いつもよりずいぶん早い気がします。 「初嵐」という名の白い椿は、10月下旬に2、3輪咲いたし(メジロかヒヨがつついて傷だらけで写真が撮れませんでした)、今年は紅葉も冬の花も例年より早いです。

ピンクの山茶花をみたからか、火曜の午後はワタシにしては珍しくピンクの花を羊毛で作ってみました。 作りだすと夢中になって時間を忘れてしまい、ふと気がつけば外は真っ暗。 この間からほんの少しずつ、今までと違う作り方をやってみたくて試行錯誤しています。 ウェットとニードルを組み合わせて、実用性のあるコサージュや帯留・リングを作りたいんですが、自分が漠然と「こうしたい」と考えているようなやり方はどの本にも出ていないんです。 あれこれ試して、いままでネックになっていたことが乗り越えられそうな予感が♪ 先日、知り合いの羊毛作家さんから「あなたの年賀状、あれだけ立体ができるんだったら教えたりできるよ。プロよりうまいよ」と言っていただいて(もちろんリップサービスだろうけど)、ちょっとうれしくて(単純!)。 妄想だけが暴走して、作る手が追いつきませんが、なにかできたらアップしますね。

■Tさん、いつもありがとうございます。 今年は、京都の紅葉はすごく早く色づき始めていますが、おっしゃるとおり紅葉というよりも茶色っぽく枯れた感じで、あまりきれいになりそうもありませんね。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する