元気です

すっかりサボり癖がついてしまいましたが、なんとか元気でやっています。 仕事で「新型かな、急に熱が出たんですけど」なんて言ってる人に会って、ちょっとビビッたけれど大丈夫でした。 仕事はぼちぼち(いいのか、これで?)、料理は毎日しっかり、あとは新バージョンを導入したとたんにあやしい動きをするようになったセキュリティソフトにキーッとなったり(フリーズ連発でブログを更新する気力減退)、歳をとって決断力がなくなった母の相談に乗ってお歳暮選びに知恵を絞ったり、ときどき発作的に羊毛を触ったり。 たいしたことをしなくても毎日がどんどん過ぎていって、いつのまにか師走です。

12.4紅葉

最近、雨が多くて紅葉がすごくきれいです。 昨日の雨で少し散ってしまいましたが、わが家のもみじがみごとに真っ赤に色づいています。 植木屋さんも「これはきれいですねえ」と切らずに残してくれました。

羊毛のトラは体の模様は思っていたよりも本格的に入れられたんだけど、顔をどうしようかなあ…と毎日眺めています。 集中力がないからなのか、創造力が足りないからか、ふっと「あ、こうなったらいいな」と思いついたときにしか作業できないんです。 とっても非効率。 手は動かないくせに、羊毛屋さんのセール案内をもらって、ついふらふらと800gも羊毛買っちゃいました。 ウェットフェルトはニードルフェルトと違って羊毛の消費量が多いから、ウェットフェルト沼にずぶずぶはまりこむとたいへんなことになりそう(汗)。

12.4ワビスケ

紅葉の下では小ぶりの椿「侘び助」がひっそり咲いています。

読書は長らく停滞中でしたが、ようやく「すべての美しい馬」を本気で読み始めました。 序盤は数ページ読むと睡魔…というペースで、つまらないわけじゃないのにすぐ眠くなる。 濱田庄司の随筆集「無尽蔵」もものすごいスローペースで、でも楽しく読んでいます。 ショーじさんってホントにいい人だなあ。 人の作風をまねし合う陶芸家についての「真似されて駄目になった人はいないし、真似してよくなった人もいない」という言葉にとても励まされました。 自分にオリジナリティがあるものなら、出し惜しみせずにどんどんアウトプットしていけばいいんですよね、ショージさん。

■Tさん、そうそう!「ぬばたま」は仙太郎の「老玉(うばたま)」からの連想です。 おいしいですよねえ、老玉。 ワタシも子どもの頃は、名前の漢字をみて「年寄りが好きなお菓子?」と疑問に思っていたんですよ。 子どもって同じこと考えるんですね、うふふ。 ああ、夜中に急に老玉が食べたくなってきました。

■いろんな記事に拍手をありがとうございます! 古い記事への拍手もとってもうれしいです。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する