てこずってます

年が明けてから初めての羊毛フェルト。 ただなんとなく鹿が作りたくなって、1週間ほど前から気が向いたときに羊毛をサクサクニードルで刺しています。 体の形は思ったよりもさっさとできたのですが、顔でつまずきました。

2.13羊毛鹿

あの…鹿なんですよ、僕(なんとなく男の子のイメージで作ったので)。 絶対にキツネじゃないからね! 思いっきり刺し固めてしまってから気づきました、鹿ってもっと鼻面が細くて長いのね。 とほほ。

脚が太いのは、芯に針金を入れたくなかったから。 針金やモールに羊毛を巻きつければ、もっと華奢な脚にできるのは重々承知の上で、あえて針金を入れていません。 できるだけ羊毛だけで作りたいんです。 サクサク刺しているときに針金にニードルがカチンカチン当たる感覚がとてもイヤ。 みんなは平気なのかなあ。

2.13羊毛鹿2

「鹿ですよ」とわかりやすいように体に斑点をつけようと思ったけど、トラの縞々と負けず劣らず、む、むずかしい…。 鹿は大人でも夏毛には斑点があるって、今回初めて知りました。 動物を作ろうとすると、それだけで勉強になります。 

というわけで、完成はいつになることか…。 小さな角もつけたいような、つけたくないような、迷い中。 いつか立派な角がある雄々しい牡鹿を作ってみたいなあ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する