ひさしぶりのこぎん刺し

写真の整理は落ち着いてできなかったので、昨夜は刺しかけで放置していたこぎん刺しの続きをほんの少しだけ。 フェリシモのキットはついに6回全部を入手したのに、まだ2つめで停滞中(汗)。
 
2.22こぎん刺し薄紅

左上の写真例のように細長い眼鏡ケースのがま口を作るキットですが、ワタシの眼鏡はフレームがとても細いため強度が足りなさそう。 それに余白があった方が模様が映えてずっとかわいいと思えるから、ファスナーをつけた横長のポーチにしようかな。 ホントは長財布にしたいんだけど、仕立てる自信なし。 両側に細い縦モチーフを1列入れようか、このままの方がいいか、あれこれ迷ってばかりで手は進まず…といういつものパターンにはまっている。 それにしても、この桃色のキットは写真で見たときはぜんぜん気に入らなかったのに、刺してみたら意外にかわいくてすっかりお気に入りです。

昨日は兄がまた帰ってきて、家の中がバタバタ。 義姉が亡くなって10年、兄もようやく前を向く気になったようで、義姉との思い出が詰まった神戸から離れることを決めました。 義姉がいたときは、老後はふたりで神戸に帰って住むつもりだった家を手放して、関東育ちの娘たちのために東京にマンションを買うことに決めたようです。 いろいろ手続きやら相談があって、兄はたいへんそう。 でも、新しい一歩を踏みだして生活を一新することで、これから3人の娘たちと心豊かな人生を送れることを祈るばかりです。

■拍手をありがとうございます!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する