南座で歌舞伎

友だちに誘ってもらって、南座の「三月花形歌舞伎」をみてきました。

3.10南座 3.10花形歌舞伎

昼の部は曽根崎心中あり連獅子ありと歌舞伎シロウトでも楽しめる変化に富んだ構成でした。 連獅子の子獅子役の尾上松也の踊りがキリッとしてステキだとか(並んで踊っているテレビでの有名人よりオーラ感じました)、曽根崎心中のストーリーを初めてきっちり認識できたとか、曽根崎が当時まだ森だったことに驚いたり(舞台の松林がきれい)、連獅子の出囃子(っていうのかな?演奏してる人たち)で三味線のソロってまるでロックコンサートのギタリストの見せ場と同じだとか。 今回はなぜだか演技だけでなく演奏や舞台美術など、すみずみまで堪能できました。

唯一いらついたのは後ろに座っていたおばさん。 公演中にたびたびビニール袋ガサガサゴソゴソ、台詞が聞こえないほど。 果ては携帯まで鳴らしてうるさいッ!モーッ!(怒)。 おばさんに対するイライラは、高島屋で買ってきた鶴屋寿のおいしい桜餅を食べて解消。 南座の空間にマッチして、ちょうどいいおやつでした。 あやしい雲行きできものを着られなくて残念。 ずいぶん長いこと、きもの着てないなあ。

3.10フランソワ 3.10フランソワ2

歌舞伎の後は、高瀬川沿いにあるクラシックな喫茶店フランソワでお茶。 友だちと観劇&おしゃべりで、たっぷり楽しい時間を過ごせました。 Nさん、Fさん、今日はホントにありがとう!

ああ、明日こそ確定申告を片づけなくては。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する