アイディアはいいけど 高野秀行「神に頼って走れ」

近頃お気に入りの高野秀行の文庫本「神に頼って走れ」を本屋さんでみつけました。 旅の気分あふれる気楽な本みたいだし、ボーッと春霞がかかったような頭の状態にちょうどよさそうで吟味せずに買いました。 しかし…ちょっとでも立ち読みしてからにすれば良かった、と激しく後悔することに。

4.2神に頼って走れ

取材のためにインド入国したいのに、トラブルがあってなかなか許可が下りないという宙ぶらりんな状態の高野クン。 家で悶々としていても仕方ないと、道中のあらゆる神仏に祈りながら自転車で東京から沖縄までの旅に出ることに…。

う~、これ、ほんとにビックリするほど内容がない本でした。 ブログで掲載したものをそのまま本にしたそうです。 ブログだったら臨場感あったのかなあ?(懐疑的) もともと歩く旅=四国のお遍路に憧れているワタシは、自力で(自動車を使わず)進みつつ祈る「自転車でお遍路」というアイディアがおもしろいと思ったのです。 が、自転車旅のおもしろさが読者に伝わってこないし、道ばたの神仏が多すぎるからとほとんど神仏についての記述がなく(たまに神社などをあげて祈ったことを書いてますが)、内容が薄すぎ! 出会う人はほとんどが旧知の変人的お友だちというのも身内ネタで盛りあがっている感じ。 「幻獣ムベンベを追え」での懐かしいメンバーだとわかるワタシでもつまらん。 シロウトの人たちがブログで詳細に書いている実体験の四国お遍路旅記録の方が、読んでいてはるかにおもしろい。 沖縄では日本から無理やり輸入させられた神仏ではない、沖縄独自の祈りの場所について書かれていたりして、最後の方の島旅あたりでうっすらおもしろかったぐらいで物足りなさ充満。 どんな本でも高野本なら大好き!というよほどのファンでない限りは読まなくていいです。 と、安価な文庫本とはいえ、ちゃんと定価で買った読者として、言いたい放題書かせていただきました。

4.1スミレ

今日も風が強くて寒かったです。 ブルブル。 夜半の強い風雨で桜が散ってしまったかと心配しましたが、意外に大丈夫みたいです。 京都も寒い日が続いているのに、ついにそこいら中が満開になったようです。 明日あたり、ちょっと哲学の道へ行ってみようかな。
Category: 高野秀行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する