友だちの活躍続々

先日、かつての仕事仲間がうれしいビッグニュースでびっくり仰天させてくれましたが、その同じプロダクションで知り合った他の仕事仲間は昨秋の著書に続いて新刊を出しました。 昨日、近所の本屋さんで平積みされているのを発見! 買ってきました。

5.1新刊

きもの好きでなくても、あれこれ欲しくなるような京都のかわいい和小物を紹介した第1弾に続いて、今回は一生ものとして日常的に愛用したい逸品をセレクトしてありました。 装丁も写真もさらに美しくなり、難産だったという文章はこれまでと比べるとひと皮(どころか数皮くらい)むけた感じ。 とても洗練された本になっています。 ただ単に本としてきれいなだけでなく、作り手の職人さんの技を紹介し、さらにお手入れの仕方や使い方の提案もあって、眺めるとあれこれ欲しくなります。 いま一番気になるのは打ち出しのアルミ鍋。 いいなあ、欲しいなあ。 金欠なのに困るなあ、この本。 京都で物欲にはまりたい方(笑)、必読の一冊です! 興味のある方はコチラコチラ

5.1クレマチス

かつての仕事仲間がそれぞれがんばってるのをみると、ボーッと毎日をやり過ごしている自分が恥ずかしくなります。 焦らず、でもちょっと本気にならないとダメですね。 それにしても、たまたま出入りすることになったプロダクションだったんだけど、ホントに濃い独特の世界でした。 仕事は地獄のように厳しくて辛かった。 けど、いま思うとかけがえのない人間関係を得られて、あそこへ行って本当によかったと思えます。 Fさん、これからもじゃんじゃん活躍して、もっともっとワタシを焦らせてくださいね(笑)。 出版おめでとう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する