こころ温まるお話?? 川上弘美「光ってみえるもの、あれは」

近頃まったく読書が進みません。 本を読むことに気持ちが向かわないときだってあるわけで、それはそれで別にかまわないのだけれど。 バイオリズム下降で感受性が鈍化しているのか、たまたま当たりが悪いのか、こういうときは読む本、読む本、なんだかおもしろくない。 軽いものを読みたいと思って、積ん読の山の中から発掘してきたのが川上弘美の「光ってみえるもの、あれは」でしたが…。

6.9ひかってみえるもの

16歳の男子高校生・江戸翠の目を通して、周囲の一風変わった人々を独特のゆるい空気感で描いた長編小説です。 シングルマザーで翠を産み、実家の母親に子育てをしてもらって自分はふわふわとライター稼業をしている母親、その家にぬけぬけと出入りする翠の遺伝子上の父親、相思相愛の恋人、友だち、学校の先生、そして育ての親である翠の祖母、みんながみんな変わり者で…。

ああ、またハズレ(あくまでもワタシの現在の感覚で)。 この本、ネットではかなり評判がよさそうだったけど、みんなはどのあたりがよかったんだろう。 どこか冷めた視線を持つ翠と変人たちとの温かでちょっと切ない日々、とかなんとか? なんだか最初から最後まで、この小説の世界になじむことができませんでした。 川上弘美の書き言葉は相変わらずするすると気持ちよく読めるのに、内容についてはわだかまりを抱えたまま読み終わりました。

6.11ドクダミ

特異な家庭環境に育って、早く大人っぽくなる子どもっていると思います。 でも、この翠という主人公はなんだか作り事めいたにおいがプンプンするんです。 周囲にいる大人たちもなんだかとても薄っぺらい感じがしました。 どこかで読んだような話だなと考えてみたら、長嶋有「猛スピードで母は」を読んだときの違和感とそっくり! 世の中の人はどうしてこういう話が好きなんだろう? このゆる~い空気感がひょっとしていいの?? すっごく不思議です。 古道具 中野商店を読んだときも釈然としない気持ちになったし、ホントに川上弘美はもう卒業します。 本屋さんで文庫本をみつけてももう買わないよ、ワタシは。 


実は突然、両親と一緒にミュンヘン&オーストリアのチロルへ行くことになりました。 父の検診結果をみてからということで延び延びになっていたんですが、数日前にお医者さんからOKがでて。 「チロルで花がいっぱい咲いてそうな6月末くらいに行きたい」と父、「80歳を過ぎて『また来年にでも』ということは考えられない」と母。 もう無理やりな感じで、プランナー兼手配師兼通訳兼添乗員兼荷物持ち!?(父は心臓病で重いものがまったくもてないため、最後のが特に重要な任務)に任命されました。 レギュラー仕事まで断って…大丈夫なんだろうか、ワタシの今後は。 大急ぎで航空券だけは予約できたものの、ホテルがぜんぜん決まってません。 用意なんにもできてません。 あと10日ほどしかないのに(焦)。 とかいいつつ、ブログをたらたら書いてますが。
Category: 川上弘美

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する