哀しい帰国

私たちの旅行中に、兄が仕事先の海外で事故に巻きこまれて亡くなりました。
なにをどうしたらいいのかわからないような状況の中で10日近くかかって、やっと今日の午後、兄の遺灰を連れて帰ってくることができました。
いまもずっと悪い夢をみているような気がしています。
なにも過失のない兄が一瞬にして命を奪われてしまった理不尽、歳をとった私の両親、そして両親を亡くしてしまった姪たちの今後のこと…なにもかもが耐えがたいです。
更新はしばらく休止します。
Category: 日々の記録