「がんばれ」といわないで

毎日テレビが伝える被災地の惨状、子どもたちが無邪気に語る重い現実、親を喪った子どもたちの将来、原発で十分な装備もなく現場で作業をしている方々の恐怖と疲労感。 被災地の方々に必要な食料や燃料、清潔な下着や衣類が届いて、少しずつでもなんとか気持ちよく過ごせるようになってきていますように。 それを遠くの町でただ祈ることしかできません。

被災されて家や仕事を失った方、家族や親戚を喪った方を力づけたい、励ましたいという善意は全国で確実に大きくなっていると感じます。 他人事ととらえず、多くの人が助けになりたいと考えていることに、日本はいい国だと見直した気分です。

3.25花を一輪

ただひとつ気になるのは、そこいら中にあふれている「被災者のみなさん、がんばってください!」という他の地域からの励ましの言葉。 いま何もかもを失ってしまった方々に「がんばれ」と励ますことはあまりにも酷です。 生きて、息をして、何か口に入れて咀嚼して、寝る…それだけのことでぎりぎりいっぱい。 不慮の死に直面した遺族は、生きているだけで精一杯。 生きるエネルギーがまったくなくて、がんばることなんてできない心身の状態です。 「がんばれ」と言ってくれてる真意は痛いほどわかっているけれど、それに応えられない自分が辛い…という思考回路に陥ることが多く、善意がかえって重みになることもあると思います。「がんばって」ではなく「がんばろう」なら一緒に手を携えていく感じが幾分かでも伝わるかもしれません。 不条理にうちひしがれている人に必要なのは、激励の言葉ではなく、心に寄り添うこと。

私が個人的にもらった励ましの言葉の中で「亡くなられたお兄さんもあなたが幸せになるのを願っています。早く元気になってください」「ご両親のためにも一日も早く回復してください」は、友人や知人が本当に私を思っての言葉だと知っていても、不慮の事故で家族を喪った身にはすごく辛かったです(自分自身で「なんとか早く元気にならなくては」とひたすら焦って切羽詰まった精神状態で、「もうこれ以上がんばったら、張りつめた神経が切れてしまう」というギリギリなところにいたので)。 悲しみの最中にいる人を励ますのは逆効果だと実体験で知りました。

サッカーの長友が日の丸に書いたメッセージは、その点でとてもすばらしいと思いました。

どんなに離れていても心は一つ。
一人じゃない。
みんながいる。
みんなで乗り越えよう。


そう、被災されたみなさん、あなたたちを一人にしたりしない。 これからも、何ができるのか考え続けていきます。 被災地の方々がどうか一晩でも心安らかなときが持てますように。 今日も北の空を見上げて祈っています。 大事なのは忘れないこと、継続すること。
Category: 日々の記録