どうしてそんなに勉強が嫌いなのか 内田樹「下流志向」

本屋さんで気になって何度も手にとりながら、なかなか買わなかった文庫本「下流志向」。 内田樹の本は2冊読んで「確かにおもしろいけど、だからどうなの?」という中途半端な読後感で、飛びついて買うというほどひかれもせず。 おもしろいのかなあと半信半疑で買ったのですが、読書がすすまない近頃には珍しく一気読みしました。 先に、父に「読む気ある?」とみせたら、父もあっというま読了。

下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)
(2009/07/15)
内田 樹

商品詳細を見る



「どうしてそこまで勉強がキライなのか?」 姪たちをみていてずっと不思議でしょうがなかったんです。 長年の深い謎がとけて、「腑に落ちる」とはこういうことかと思うくらい納得しました。 といっても、勉強嫌いを直す方法とか、ニートやひきこもりの解決法はいっさい書かれていません。 そういう問題のハウツー本として期待してはいけません。 あくまでも教育と子どもがどうなっているのか、現状と原因を指摘しているだけです。

私自身、けっして勤勉な学生ではありませんでした。 でも、姪たちほど「学ぶということすべてを拒絶する」という姿勢は理解できなくて。 だって、嫌いだったり苦手な教科があるとしても、ひとつくらい好きな教科ってあるはずでしょ。 勉強じゃなくても、音楽とか絵とか、本を読むとか、手芸とか料理とかスポーツとか。 特にうまくできるわけではなくても、それやってると楽しい、時間を忘れるってこと、誰にだってひとつくらいあるものだと思っていました。 それがなにもないなんて…。 自由に好きなように生きているといわれても、ちっとも楽しそうにみえないんだけど。 姪たちは何かというと「自己責任」っていうことば、振り回すんですよねえ(ため息)。 

「消費者」として学校教育に対峙する子ども、「自己責任」という言葉で自らを社会からも家族からも「孤立した存在」に追いやっていること(本人は「自立している」つもりだけど=姪たちそのもの!)、不機嫌合戦と化した家庭、過去や未来をまったく考慮に入れない時間に対する感覚などなど、目からウロコの切り口多数でした。 学びから逃走することで、自分の未来を限りなく狭くしていることが子どもにはけっしてわからないんだなあ(ため息)。

「どうしてこれほど勉強しないの?」と目の前にいる子どもが理解できないと思っている人なら、興味深くすらすら読めると思います。 この本を読んで、姪たちの不可解な発想の根源にあるものがうっすらわかってきました。 さて、どうしたものだか。
Category: 内田樹

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する