骨太な野獣山岳ミステリ 熊谷達也「漂泊の牙」

熊谷達也はたまたま読んだ「邂逅の森」があまりにもすばらしくて、かえってがっかりしたくなくて、熊谷達也の他の本を読む気になれずにいました。  あんなすごい小説、なかなかかけるものではないと思えたので。 この「漂泊の牙」は本屋さんでみつけてジャケ買い。 猫派と思われているようですが、実は根っからの犬派なんですよ、これでも。 遠吠えしてる犬の、不思議に丸い口先をじっとみるのが好き。 丸くなった口が愛しくてムギューッと抱きしめたくなる(笑) ま、写真はオオカミのようですけど。

漂泊の牙 (集英社文庫)漂泊の牙 (集英社文庫)
(2002/11/20)
熊谷 達也

商品詳細を見る


舞台は熊谷達也らしく雪深い東北、仙台の郊外(?)の鳴子温泉近く。オオカミの生態研究調査を行っている動物学者・城島の留守宅で、城島の妻が謎の野獣に喰い殺される無残な事件が発生。 その後も、人間が惨殺される事件が続発。 野獣はひょっとしたら絶滅したはずのオオカミなのではないか。 あるいは人為的な殺人を隠すために巧妙に仕組まれた計画的な犯罪なのか。 ドキュメンタリー制作を狙っているテレビクルーや、地元の警察をまきこんで、野生の本能を備えた城島は雪山でたったひとり真相へと近づいていく。

なんというか冒頭の奥さんの惨殺シーンが今の私の精神状態にはきつくて(グロイというほどではないんですけど)、なかなかこの小説の世界へすんなり入りこんでいけませんでした。 で、ちょっとずつちょっとずつ読む程度。 私の精神的なコンディションがよければ、もうすこし違った感想になった気がします。

東北の山の中で生活していた「山の民」の由来や歴史もしっかり書きんだり、人が足を踏み入れない厳冬期の山を歩くときの五感はいかにも熊谷達也らしい作品です。 ミステリ仕立てになっていて、クライマックスまでの緊張感はそれなりにいいし、これだけ読んだらこれはこれでいいと思えるかも知れません。 ただ、私個人としては「邂逅の森」にくらべたらやっぱりがっかり。 piaaさんが読んでられた「山背郷」の方がよさげ。

「邂逅の森」はすごくおすすめ。

邂逅の森 (文春文庫)邂逅の森 (文春文庫)
(2006/12)
熊谷 達也

商品詳細を見る



5,24シラン

前日の土砂降りの雨の後でも、すっきり元気なシラン。 うすぐらい木立ちの下で、発光しているよう紫の花が、歳をとるにつれて好きになってきました。
Category: 熊谷達也

コメント

そうなんです。先にいいのを読んじゃうと後がね~。
とはいえこれも十分面白そうですね。

「山背郷」は短編集なので長編の「邂逅の森」と同等に考えずに、比較的軽いノリで読める面はあると思いますが、この作家のエッセンシャルな魅力が詰まっていると思います。お勧めです。

2011/05/29 (Sun) 23:08 | piaa #- | URL | 編集

piaaさん、「邂逅の森」はちょっと別格ですよね。
よすぎる本に巡り会うと、同じ著者をの本を読みたいようで読みたくないような。

「漂泊の牙」は東北の自然と野性味を背景にしてはいますが、
基本的にミステリ仕立て。
で、純粋にミステリ好きが読むと、少し物足りないかも。
動機や人間関係といった背景がちょっと弱くて。
冒険小説風のミステリと割りきって読めば、まあまあ。
東北の自然がしっかり書けているところは期待を裏切りませんが。

「山背郷」は短編集なんですね。
ぼちぼち読めて、今の私には向いているかも。 要チェックです。

2011/05/31 (Tue) 00:43 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する