芥川賞らしくない地味さ 津村記久子「ポトスライムの舟」

芥川賞受賞時から気になっていた津村記久子「ポトスライムの舟」が単行本化されているのを本屋さんでみつけて、早速購入。 先日読んだばかりの芥川賞受賞作、川上未映子「乳と卵」とはまったく違う世界のお話でした。 同じ関西弁系(?)なのにここまで違うということが、興味深かったです。

ポトスライムの舟 (講談社文庫)ポトスライムの舟 (講談社文庫)
(2011/04/15)
津村 記久子

商品詳細を見る



この小説をひとことで言えば「地味」。 芥川賞っぽい前衛的な表現法や内容を期待すると、たぶんガッカリします。 でも、リアルな重みをもつ作品でした。 かなり重いので、気持ちが落ちこんでいるときにはおすすめできません。 特に、壮絶なパワハラを描いた併録の「十二月の窓辺」が重くて。

バリバリのキャリアウーマンではなく、ひたすらコツコツささやかな仕事をしている30歳前後の平凡な女性が抱えている心の痛みがヒリヒリ伝わってきました。 とはいっても、筆致は軽やかで淡々としているので、サラッと読めます。 小説では詳しく描かれていないけれど、主人公がかつて仕事のことで心を病み、小さく小さく内向きになってしまっている状況と心情が非常に生々しく感じられました。 それが「ポトスライムの舟」の主題なのだけれど、いまの私には重かった…。

カフェを経営している友だちや、主人公の家に身を寄せる友だちの娘、主人公の母親といった、主人公のまわりの人たちがいい味を出していて、じとじとした私小説とはまったく違った乾いた空気感。 そして、奈良・大阪・神戸、それぞれの街の雰囲気も巧みに使われていて、小説としてはなかなかよかったです。

カソウスキの行方カソウスキの行方
(2008/02/02)
津村 記久子

商品詳細を見る


もっと乾いたユーモアのある「カソウスキの行方」の方が個人的には好きだけど。


6.1スカシユリ

雨降りの一日。 強い雨の中でぱっちり咲いたスカシユリは、まるで発光しているみたい。 眺めてると元気を分けてくれそう。

大学時代の仲間の飲み会に誘われて、返事のメールが書けないまま、ぼんやり過ごしてしまいました。 まだ、おおぜいでワイワイはダメな気分。 明日は仕事の飲み会…うまくやり過ごせますように。
Category: 津村記久子

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する