野草図鑑あれこれ

今日はうちにある野草図鑑について。 野草図鑑を買いたいと思っている人の参考になれば、ということで独断と偏見に満ちた感想を簡単に書いてみます。 先日も書きましたが、それぞれに一長一短があります。 「これさえあれば完璧!」という図鑑はないと感じています。 もし、「これは完璧」という野草図鑑があったら、ぜひ教えてください。

●「野に咲く花」 山と渓谷社

野に咲く花 (山渓ハンディ図鑑)野に咲く花 (山渓ハンディ図鑑)
(1989/08/01)
平野 隆久、菱山 忠三郎 他

商品詳細を見る

掲載されている植物の数が圧倒的に多くて、写真がきれい。 似ている植物との見分け方、渡来の歴史や名前の由来などにも触れていて、小型ながら内容充実。 ただし、初心者向けではありません。 植物の知識がない人が、目の前の知らない花の名前を調べるには不向き。 最初から1ページ1ページ写真をみて探していくしかありません。

●「日本の野草・雑草」 成美堂出版

日本の野草・雑草―低山や野原に咲く471種 (ポケット図鑑)日本の野草・雑草―低山や野原に咲く471種 (ポケット図鑑)
(2000/04)
日野 東、平野 隆久 他

商品詳細を見る

文庫型で携帯しても苦にならないサイズ。 花だけでなく葉や植物の全体像が把握できる写真がわかりやすく、かつとてもきれいです。 説明も詳細。 季節別になっているので、初心者が名前を調べるのに便利です。 身近な野草は結構カバーしていますが、掲載数は少なめ。

●「持ち歩き図鑑/身近な野草・雑草」 主婦の友社

身近な野草・雑草 (主婦の友ポケットBOOKS)身近な野草・雑草 (主婦の友ポケットBOOKS)
(2007/03/01)
菱山 忠三郎

商品詳細を見る

母が買ってきた図鑑。 上の成美堂出版の図鑑より、さらに縦長スリムで持ち歩き用サイズ。 値段も900円と手頃です。 季節ごとなので名前を調べやすい。 説明は本の小ささに比例して、ごく簡単。 名前以外のことが知りたい人には物足りないかも。

●「持ち歩き図鑑/きのこ・毒きのこ」 主婦の友社

きのこ・毒きのこ (主婦の友ポケットBOOKS)きのこ・毒きのこ (主婦の友ポケットBOOKS)
(2007/08/31)
横山 和正、須田 隆 他

商品詳細を見る

上と同じシリーズ。 見た目でおおよそ見当のつく4つのグループに分けて紹介。 同シリーズの野草図鑑よりも写真が鮮明でわかりやすい。 「ゲェ~ッ」とうめき声をあげたくなるような毒々しい姿のきのこもいっぱい。 気持ち悪がりながら、たまにしげしげ眺めたりして(笑)。 きのこの図鑑も1冊あると楽しいです。

●「持ち歩き 花屋さんの花図鑑」 主婦の友社

持ち歩き 花屋さんの花図鑑 (主婦の友ポケットBOOKS)持ち歩き 花屋さんの花図鑑 (主婦の友ポケットBOOKS)
(2006/02/01)
主婦の友社

商品詳細を見る

上の2冊と同シリーズ。 園芸種の植物についても、たまに名前を知りたくなるので、あると便利。 お花屋さんの店頭に並ぶ花の名前が言えると、ちょっとうれしい。 単なる自己満足だけど。

●「原色日本植物図鑑 草本編(上)(中)(下)」 保育社

原色日本植物図鑑〈草本篇 第1〉合弁花類 (1963年) (保育社の原色図鑑〈第15〉)原色日本植物図鑑〈草本篇 第1〉合弁花類 (1963年) (保育社の原色図鑑〈第15〉)
(1963)
北村 四郎、村田 源 他

商品詳細を見る

中学入学祝いに母方の祖父母からもらった図鑑。 植物が大大大好きだった祖母のセレクト。 本格的すぎて、当時は「豚に真珠」状態でした。 ページを繰ると、植物の絵(写真じゃないんですよ)も茶ばんだ紙もレトロで、いい味わいを醸しだしています。


6.14紫陽花


これだけ家に図鑑があっても、お目当ての植物の名前がわからなかったり、いつまでたっても名前が覚えられなかったりするんですけどね。 植物が大好きなのにどんどん植物の名前を忘れてしまう母のためにも、母が「あれ、ほれ…あのなんだっけ、あれが咲きそう」なんて言ってるときに「あ、アガパンサスの蕾がふくらんできたね」とサッと答えられるように、庭中の草木の名前を覚えるべく日々精進中。

あと、植物の名前を知りたい場合、画期的に便利なのがネット。 以下の2つのサイトは本当にすばらしいです。 一方的に常時お世話になっています。 無料で公開してくださっているサイト主さんにはただただ感謝。

おしゃべりな部屋(が正式名称?)
トップページから「植物園」へ。 花の色や季節、形状などの条件を入れて検索できます。 野草から園芸種、樹木の花まで幅広く網羅しているので、ふと目にした花の名前を知りたいときにとても便利。 名前がわかれば、手持ちの図鑑で詳細を調べることもできますし。

植物図鑑・撮れたてドットコム
写真家の方のホームページなので、写真を眺めているだけでもうっとり。 すてきなサイトです。 野草をさまざまな条件で検索できるのが便利。 花のクローズアップだけでなく、植物の葉や全体像もわかるので同定しやすいです。 ついこの間も、近所の道ばたから連れ帰った可憐な雑草が「マツバウンラン」と判明して、うれしかった。 いつか、この方のワークショップに行ってみたいと夢想中(2、3日家事をしなくていいなら、いますぐ行きたい)。


体調はぼちぼち回復。 この1年間の精神的疲労がすべて噴出してきている感じ。 心身ともにかなり辛くて、法事直前の仕事は断ってしまいました。 姪1号がついに就職が決まったと電話があってホッとするやら、まったく気の合わない3人姉妹の今後を思うと暗澹とするやら。 読書はまったくできず、辛い展開が待っていそうな「越境」はしばらくお預けに。 ハ・ジンの小説なら読めるかなあ。

■いろんな記事に拍手をありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する