ひんやりお祭り

気分転換にと母を誘って、下鴨神社のみたらし祭りへ。 「近くだからいつでも行ける」という典型的京都人発想で、いままで行ったことなくて、なんと今日が人生初!

7.23下鴨神社

夜の方が風情がありそうだけど、日中の暑い盛りにひんやりするのもいいかなというわけで、午後に行ってみました。 団体さんがいっぱい。 そして、地元の親子連れもいっぱい。 老いも若きもわらわらとみんなで「みたらしの池」に足を浸して、水の中をざぶざぶ歩く。 お祭りとはいっても、なにやら水遊び気分。 大人も楽しい。 それにしても思ったよりずっと水が冷たくてビックリ。 30度を超える気温でも「ずっと水に浸してると寒い~」という声があちこちで聞こえました。

7.23下鴨神社2

ろうそくに火をともして、池を歩いて神前に奉納して無病息災を祈願します。 糺の森の参道には夜店がずらっと並んでいて、親子連れがのんびり楽しんでいる姿をみているだけでも和みました。 神社によくありがちな雅楽のような無駄なBGMなどいっさいなし。 森と清水とみんなの楽しそうな声だけのお祭りっていうのもいいな。

7.23下鴨神社3

みたらしの池をでたら、ご神水をいただきます。 葵祭の神社だけに、器も葵の絵柄。 その後、家族全員+闘病中の叔父の無病息災・病気平癒を祈って、足形を奉納。

めったに来ないからと、ついでに本殿(撮影不可)と大炊殿を拝観。 大炊殿の前にある、調理担当の神さまが降臨されるという「いわくら」で、料理上達も祈願してきました。 御利益あるといいな。

7.23みたらしだんご

帰りはお約束の「みたらしだんご」を、珍しくも長蛇の列に並んで(ふだんは行列してまで買うのは嫌い)買って帰りました。 おいしくて満足。 みたらしだんごは、このみたらし祭りが発祥。 湧き水の泡をかたどったのだとか。 串に刺したお団子の端の1個だけが少し離れているのが本式(?)らしい。 暑い夏、ひとときでもひんやり爽やかな気分になれて、でかけてよかったです。

みたらし祭りに行くときは、池からでた後に足を拭くタオルをお忘れなく。

■いつもいろいろな拍手をありがとうございます。
Category: 日々の記録

コメント

涼しげなお祭りですね
詳しいわけではありませんが、
みんなで池に足を浸して涼むなんて
ちょっとほかでは聞きません。

お団子が5つついているみたらしは聞いたことがあります。

>湧き水の泡をかたどったのだとか

一つ離れてついているおだんごが可愛らしいですね。
飛んだ水しぶきってところでしょうか?(✿╹◡╹)

2011/07/29 (Fri) 07:24 | donau #tUnKcmU. | URL | 編集

donauさん、こんばんは!
お返事が遅くなってゴメンナサイね。

足つけ神事って、本来の意味は「みそぎ」らしいのですが、
ついお子ちゃまたちと一緒にチャプチャプ楽しんでしまいました。 うふふ。
とにかく水が冷たくて、頭がキーンとするほどで、気持ちよかったです。

みたらし団子は、人の形で、ひとつ離れているのが頭という説を聞いたことがあります。
そう考えると、ちょっと食べにくい…(笑)。
お祭り期間中は超大量生産のはずだけど、美味で満足しましたよ。

2011/08/01 (Mon) 21:12 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する