水彩って楽しい

仕事がかなり詰まってきている状況にもかかわらず、土曜日は水彩で気軽に描いてみようという単発のワークショップに参加しました。 たった2時間で、先生のお話を聞いてそれから描く…て、時間足りるのかなあと、やや不安でしたが。 楽しかった!

まずは先生が毎日、5分か10分くらいで日記のように書きためている水彩のスケッチブックをじっくりみせてもらう。 気合いを入れすぎず、負担に感じることなく、毎日楽しみとして描き続けることが大事とのこと。 先生のスケッチブックがステキで、もっと時間をかけて眺めていたかった。

4.23水彩画教室

最初は鉛筆で豆を描いて、次にグリーンアスパラ。 水彩でサッと色をのせる…はずが、慣れないから思うように色が出せません。 濃くなりすぎたり、色が濁ったのが気になったり。 一方、ほかのみなさんは、それぞれにサラサラとデッサンしたりイラスト風に描いたり。 時間ぎりぎりでなんとか豆とアスパラを描き終えて、やれやれ。

先生が実際に描かれるところをみせてもらって、なるほど薄い色から描くのか…と納得。 じっと見つめた後に、スッ、スッと筆で描かれる線ののびやかさにうっとり。 で、その後で、今度はそれぞれが水彩絵の具で直接描いてみたら(鉛筆で輪郭をとらずに)、これが意外にもすごく楽しい~。 マツムシソウみたいに複雑な形の花を10分か15分くらい(?)で、輪郭もとらずに描くなんて、やってみようと思ったこともなかった。 水彩画では描きこみすぎないように、どこで筆を置くかが重要なんですね。 ちまちま細かいことが気になる私には、おおらかに描いてみましょうという今回のワークショップ、とてもためになりました。

描いてみたいなあ…と妄想がふくらんで、画材屋さんで衝動買いした水彩画セット。 買ってから10年?…15年?? 使わなくちゃ! 庭の花を毎日スケッチ…は、ちょっとたいへんかな。 明日にでも筆とスケッチブックを買ってきて、水彩絵の具の紙をはがしましょう。

4.23リキュウバイ

リキュウバイが満開から散り初めに。 薄い真っ白な花びらと芽吹いたばかりの若葉の緑がきれいで大好き。 桜と同じようにあっさり散ってしまうので、咲く花を惜しむように愛でる気持ちにさせる花です。

さて、明日は朝早くから外仕事。 1ヶ月に1回のお楽しみ♪なので散財しないように気を引き締めていかなくては。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する