楚々と咲く花

九州はものすごい雨が降り続いているようですね。 みなさんのお住まいのところは大丈夫でしょうか? 昨年の紀伊半島といい今年の九州といい、どうしてこれほど局地的に豪雨になるのか。 このあたりは耐えがたいほどの蒸し暑さながらも、あまり雨の降らない梅雨なのに。

仕事が一段落したので、ひさびさにご近所友だちRさんを誘ってランチに。 おしゃべりしてほっこりできるところということで、前からずっと気になっていた町家カフェ「樹々丸」に行ってみました。 思っていた以上によかったです。 でも、観光地でもない立地で平日なのにあっというまに満席になって驚きました。 耳に入ってくるのが中国語だったり英語だったりして不思議に国際的(?)。

内部はいっさい撮影不可なので写真はありませんが、家庭的ないかにも手づくりのご飯、板敷きの床+白い漆喰の壁に改装した内部、そして室内や庭に置かれた山野草やサボテン・多肉植物の鉢植えが相まって、とても気持ちいい空間でした。 緑がある町家っていいな。 そしてなにより、何気なく置かれた植物のセンスがいい! 町家にあるとよけいにステキ(笑)。 で、一目惚れした小ぶりの山野草を一鉢買ってしまった…器で財布の紐が緩みっぱなしなのに、また散財。 でも、うれし。 鉢植えを作っておられる若いご主人がていねいに育て方を教えくれました。 山野草はむずかしいものが多いけれど、とっても育てやすいようです。 よかった。


7.13ショウキハナゼキショウ

連れ帰って早速記念撮影。 すっと伸びた花の穂が涼しげ。 「鍾馗花石菖(ショウキハナセキショウ)」というそうです。 葉っぱの感じは祇園祭の頃に咲くヒオウギに似ているけど、まったく別種とのこと。 こじんまりした全体の姿もかわいい。 実は買ってから2日の間にたくさん花が咲いて、写真よりさらにかわいくなってます♪

7.13ショウキハナゼキショウ花穂

小さな小さな白い花が下から順番に咲いています。 意外にも日当たりのいいところを好むといわれたのですが、葉っぱが焼けそうだからという母のアドバイスで半日陰に置くことに。 やきものやガラスの器にはまって、山野草に心わしづかみにされて「すっかり中高年ね」とRさんに笑われたけど、ま、昔から渋好みなもので(ってことにしておきましょう)。


7.13ラムレーズンチーズケーキ

食後はぶらぶら歩いて「Papa John's」へ。 初めて食べたラムレーズンチーズケーキ、おいしかった! 母校横のおしゃれなカフェで、お墓の探し方について真剣に話しこむふたり…ああ、やっぱり中高年だわ。 帰りにお墓参りして、蚊にいっぱい献血。 かゆい(涙)。


■みなさん、拍手をありがとうございます。 donauさん、いつも優しい言葉をありがとう。胸の奥にじわっとしみました。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する