近くにいても遠い人 江國香織「犬とハモニカ」

日本語そのものを味わうような文章が読みたくなって、ものすごくひさしぶりに江國香織の新刊「犬とハモニカ」を買ってみました。 装丁がとてもキレイな本だし、期待して読み始めたのですが。



川端康成文学賞受賞作「犬とハモニカ」を収録した短編集。 表題作は空港ですれ違い離れていく、たくさんの人生の一瞬を鮮やかに切りとったスケッチ風。 ほかにも不倫の終わり、仲むつまじく公園でピクニックを楽しんでいるかのようにみえる夫婦の内面を描いた作品など。 どんなにそばにいても(夫婦や不倫中の恋人でも)結局互いにほんとうには理解しがたい他者との距離感、冷え冷えとした孤独感を淡々と乾いた筆致で描いた作品が並びます。

雑多な短編をかき集めたという印象で、短編集としてのまとまりが感じられません。 異様なものを眺めるように愛し合う妻を眺める夫の視点とか、江國香織独特の冷え冷えとした感じはますますパワーアップしているのですが、昔は大好きな作家だったんだけどなあ…ピンときませんでした。 これは私が歳をとったからなのか、江國香織の作風が変わったからなのか? そのうち、ごく初期の大好きだった作品を読み直して考えてみたいです。

2.9雪の万両

源氏物語の夕顔のエピソードを現代の言葉で語った短編もなんだかなあ…。 夕顔が光源氏に対して「フェアじゃない」と心のうちでつぶやくくだりで「え?」。 なんで急にイマドキの言葉になるんですか?(地の文章は普通なのに) 角田光代の「曽根崎心中」と比べるとひどく見劣りしてしまい、「江國さん、こんな半端なもの書かなきゃよかったのに」なんて思ってしまいました。 ひさびさに買った江國さんの単行本なのに残念。


写真は9日(土)の朝に撮ったもの。 今年は冷蔵庫の中より寒い日が多いのに、雪はほとんど降らない。 つまんないな。 土曜日の雪も朝日がさした途端にみるみるとけ始めて、ストレッチに行く前に大慌てでパチリ。 ストレッチ&呼吸法は股関節まわりを重点的にほぐすようなゆるーい動きで、ふだんはまったく動かさないところが動いた実感が。 翌日は気持ちよくだるくてだらんだらん。


■拍手をありがとうございます。
■まことんさん、おっしゃるように確定申告をすることで1年に1度税金と向き合うのも大切なことなんでしょうね。 日本の経済にも税収にもまったく貢献できていない自分を再認識させられて、毎年この時期は情けなくなるばかりなんですが。

Category: 江國香織

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する