刺し子のバッグ

ものすごくひさびさにハンドメイド。 部屋の整理をしようとして、フェリシモの未消化のキットを発掘してしまいました。 こんなにいっぱいためこんでどうするの!?と自分に突っこみを入れて、しばし茫然。 放置してあることがストレスになりそうだったので、とにかくひとつでも形にしようと刺し子バッグに手をつけました。 初めての刺し子風ステッチは、うまくはないけど割とサクサク進みました。 ワタシにとって問題なのはそこから先の縫う行程。 刺すのは無心で楽しめるけど、縫い合わせるのが何より苦手なんです。 母の古い古いミシンが壊れかけている上に、もともとミシンが大の苦手。 「とにかく形にする」が今回のミッションなので、手縫いでバッグに仕立てました。

3.7刺し子バッグ

ヨレヨレしているのは見て見ぬふりをしてください(笑)。 キットの布がもう少し明るい色だったらよかったのにな。

3.7刺し子バッグ裏

フェリシモのキットは裏の布がとってもチープでおもしろくないので、裏布と内布(黄色のギンガムチェック)・持ち手は家にあったものを使用。 長期熟成してあったカットクロスが少しでも消化できて満足です。 まだまだカットクロスは無駄にいっぱいあるけど(汗)。

さて、次はこぎん刺しキットの刺しっぱなしを形にするぞ! なんていうことを考えていて、「ああ、やっと本当に元の自分に戻ってきたんだなあ」としみじみ思いました。 ついに抑うつ状態を脱出できた気がします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する