忘れないこと

今年の3月11日、空はどこまでも青く澄んでいました。

3.11満開の白梅

お隣さんの満開の梅に誘われて庭にでて、穏やかな優しい梅の香りに包まれながら、しばらく抜けるような青空をただ見あげていました。 頭上でヒヨドリが「これは自分の梅の木だ」と騒いでいるだけで、あとはとても静かで、陽だまりはとても暖かくて。

3.11サンシュウユの蕾

サンシュウユのつぼみもほころび始めていました。

人間の生き死になんて何の関係もなく、いつも通り季節はめぐって歳月は流れていきます。 無力な私に何ができるのだろう? せめて忘れないこと。 津波のことも原発のことも。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する