マンネリ? 畠中恵「ゆんでめて」

びっくりした。 お気に入りだった「しゃばけ」シリーズをひさびさに読んだら、あんまりつまんなくて。 どうしちゃったんでしょ?



大切な妖の友だち・屏風のぞきを火事で喪った若だんな。 なんとか屏風を元の姿に戻して古い友を助けようとするのだが…。 あのとき、ああしていなかったら火事で焼けなかったのでは…と苦い後悔に胸を痛める若だんなが経験する、屏風のぞきを喪った後の数年を、意表を突く手法で描いた文庫最新刊。

意表を突く構成にしようとしてすべてがダメになってしまったのか?? う~ん、この作品は納得いきません。 なぜだか、今回は妖オールスターであっちいったりこっちいったり…ただズラズラといろんなキャラを羅列したみたいで全然おもしろみがないんです。 しゃばけシリーズ独特の淡い情緒や味わいもない! 小鬼の鳴家が猫みたいでかわいいと思っていたのに、今回はただうるさいだけ。 しゃばけシリーズの今後が心配になってきました…。


この本の後に読んだ「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」はお口直しにちょうどよかった。 母に「おもしろいよ」と「かのこちゃん~」を貸したら早速読み始めて、ときどきプププッと噴きだしながら喜んで読んでます。 かのこちゃんのぶっ飛び方にハートわしづかみされた模様(笑)。

5.4クレマチス

最近あまりにも運動不足だったので、一昨日は思いたって長距離散歩してきました。 歩幅を意識していつもよりやや大きくしてスタスタ歩いて往復10キロ。 肌寒いような日だったけど、比較的速いスピードで歩くとうっすら汗ばむ程度。 荷物はお財布と携帯と小さな水筒だけだから思ったよりも楽に歩けました。 歩いている途中で、やっぱり四国のお遍路に行きたい気持ちがムクムク強くなってきて。 数日でもいいから家を留守にできたらなあ…。

■いつも拍手をありがとうございます。
Category: 畠中恵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する