読めば必ず文楽がみたくなる 三浦しをん「仏果を得ず」

三浦しをんの「仏果を得ず」が文庫化されている…でもなあ、この表紙の感じからして、いつも以上に漫画チックなんだろうな、私には合わなさそう…。 本屋さんで平積みされていて、買うか買わないか何度も迷った末に「文楽を題材にした青春小説ってどんなものなんだろう?」という好奇心に負けて買いました。



30歳の健は文楽の養成所出身の若手義太夫。 文楽とは無縁だった不良高校生の健は修学旅行で文楽を嫌々ながら鑑賞することになり、師匠となる銀太夫の語りに雷に打たれたように魅入られ、それ以来寝ても覚めても頭の中は文楽でいっぱい。 ある日、銀太夫から三味線弾きの兎一とコンビを組むことを厳命される。 気むずかしくて心を開かない兎一との関係や、語るべき登場人物に思いを重ねられない文楽修業の悩みは尽きなず、さらに突然目の前に恋まで降ってきて…。

伝統芸能・文楽の異色で、かつ王道の青春小説です。 文学としての深みはないけれどスラスラと読みやすくて、読後感もさわやか。 各章が有名な演目にからんだ設定なので、読み進むうちに自然にまったく知らない文楽の世界に触れることができて、読めば必ず文楽をみたくなります。 文楽の予備知識ゼロだったせいか、ちょっと出だしに戸惑いましたが、あとは三浦しをんらしく読みやすさ抜群(キャラが漫画っぽいのが少し気になるけれど)。 肩が凝らないおもしろい小説が読みたい人におすすめです。

主人公が突如、自分でもおかしいと思うほど義太夫で頭がいっぱいになってしまうという心境、なんとなく分かる気がします。 いま、私は書道で頭がいっぱい…て単純なだけ?(笑)

6.17紫陽花

土曜日はほんとうにひさしぶりに一日しっとり雨降り。 連日の猛暑日とカラカラ天気でグッタリしていた植物も人も少し息を吹き返せたけれど。 今年の紫陽花はせっかく一番きれいなときに雨がまったく降らないまま満開を過ぎてちょっとかわいそう。

今朝は4時起きでコンフェデレーションカップ観戦。 ああ、なんか以前の日本に戻ってしまってる…。 守備と攻撃をつなぐ人がいないのね。 遠藤も香川も何もできなかった。 ぐったりして、また寝直したら一日が短かった。

■いつも拍手をありがとうございます。
Category: 三浦しをん

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する