幸せとは?を問われる 姫野カオルコ「リアル・シンデレラ」

中島京子「小さいおうち」が直木賞をとったときの選評を改めてネットで読んでみて、候補にあがっていて受賞を逃した作品に姫野カオルコ「リアル・シンデレラ」があったことを思い出しました。 話題になっていて気になったけど、懐が寂しくて文庫化を待っていて…すっかり忘れていました。 とっくに文庫化されていたんですね。 ちなみに、この回の直木賞候補作の中には、万城目学「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」や冲方丁「天地明察」もありました。

この表紙、すごいインパクト。 家の中で読むときはふだんはカバーをかけないんですが、これはカバーをかけて読みました(笑)。 内容はタイトルや表紙から想像していたものとはずいぶん違いました。



倉本泉(せん)は料理旅館の跡取り娘として生まれたにもかかわらず、妹が病弱だったために影が薄く、幼い頃から両親の愛情を十分に受けることができずに育つ。 周囲には良き理解者(あるいは同情者)もいるのだが、大人になっても常に表舞台から一歩引いたところにいる泉。 脇役に甘んじている泉に幸せはやってくるのか?

周囲の人々の証言から泉の人生をあぶりだすノンフィクション仕立ての小説です。 あまり文章が上手くないライターが書いているという前提なので、読む楽しさがちょっとそがれるような気がしました(「小さいおうち」と似た歯がゆさ)。 主人公が地味なので話もすごく地味、どこまでも。 それでも途中からは、いったい泉はどうなるんだ?というのが気になって、後半は一気読みでした。 ミステリではないけれど、伏線が巧みに張ってあって、終盤でそれが「あれ、これってひょっとしてあの…?」と浮かびあがってきます。 読み終わってから、もう一度どこかに伏線があったかどうか確かめたくてザッと目を通したくらい気になりました。 ただ、ラストがこれでいいよかったのかどうか…カタルシスがなかった。

みんなにかわいがられる華やかな妹に対して、誰かのお下がりの粗末な服ばかり着せられている姉の泉…という出だしはシンデレラそのもの。 しかし、読み進めていくうちに、女性にとっての幸せは「白馬にまたがった王子様が現れて結婚すること」だけなのか?という問いを突きつけられる小説です。 とはいえ、姫野カオルコは読ませるのが上手い作家なので、小難しさはありません。 大絶賛でない程度におすすめ…というか(態度曖昧)。


9.15雨の芙蓉

読了後姫野カオルコの近況が気になって(なんだか鬱になっていそうな感じがして)、ネットでインタビュー記事をみつけました。 ああ、姫野さんが一人っ子なのは知っていたけど、両親を一人で介護してすごくすごくたいへんだったんだなあ。 私にも遠くない未来にいつか来る日…鬱にならずに乗り越えられるだろうか。 小説そのものとは違ったことで胸に迫りました。


三連休なのに台風。 別にどこへ行く予定もなかったけど、なんだか残念。 ここのところ、また真夏日になったりとムシムシ蒸し暑くてウンザリ、 台風一過で爽やかな秋日和になるといいな。 あちこち深刻な被害が出ないといいけど。

■拍手をありがとうございます。

コメント

お久しぶりです。
思わずクリックしてしまった、購買意欲そそる表紙ですね(こんな時だけのコメントですみません)。
台風は大丈夫だったでしょうか。

2013/09/16 (Mon) 21:59 | 羊 #hE4kmW4M | URL | 編集

羊さん、おひさしぶりです!
むふふ…この表紙は一度見たら忘れられませんよね(笑)。
本屋さんのレジで、この表紙をバーンと書店員さんの前に差しすのがためらわれて、思わず他の文庫本の下にしてしまいましたよ。 キレイな絵なんですけどね。

台風は、うちの近辺は無事でした。ご心配ありがとうございます。

2013/09/17 (Tue) 00:25 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する