かすかなふれあいを切りとる 青山七恵「お別れの音」

青山七恵は芥川賞受賞作「ひとり日和」を以前に読んだきり。 気に入らなかったのにまた読んでみる気になったのは、「お別れの音」というタイトルになんとなくひかれたから。 この人は2009年に川端康成賞を史上最年少で受賞したんですね、知らなかったわ。



あまり相性がよくない職場の先輩が出産を機に退職することになり、先輩と2人きりの仕事部屋でギクシャクと過ごす最後の数日を描いた「新しいビルディング」、いつも必ず同じメニューを注文する女の子に勝手に感情移入する学食のおばちゃんを描いた「うちの子」など、記憶に埋もれていってしまうような日常でのかすかなふれあいを切りとった短編集。

小説になりそうもないような、ごくごくかすかな感情の揺れを小説にまとめている手腕は評価します。 最近の若い作家にしては、言葉の選び方もひとつひとつとてもよく吟味して、自分にしか書けないような表現を追究している姿勢にも好感を持ちました。 読んでくだらないとは思いませんでしたが、ではおもしろかったかというと…。 ストーリーの起伏を求める人には向きません。


9.25芙蓉

実はショッピングモールの書店で買いたい本がひとつもみつからず、仕方なく買った本でした。 現代の作家で誰か「すごくいい!」と思える人に出会いたいのだけれど、むずかしいですね。


最近、なんの理由もなく(ひょっとしたら9月半ばの義姉の命日あたりから?)急にまた悲哀感が増幅してきて眠れなくなってしまいました。 途中で4回も5回も目が覚めるのが苦痛。 どうなっちゃったんだろう? 今日の「ためしてガッテン」で「いますぐでも眠れそうなほど眠くなるまで寝室へ行くな」と言ってたから試してみようかな。 しかしなあ…月末は仕事が重なってるし、日中眠くなるのはヤバイんだよなあ。 8月が仕事なさ過ぎだったから、とにかく仕事があるのはありがたいのに、人の話を聞きながら眠くてボーッでは困るんだよなあ。

コメント

おはようございます。

季節の変わり目だからかなぁ。
なんだか寂しいですね。夏の疲れが出ているのかもしれません。

ぐるぐる回って結局同じ所に戻っているだけなのかなぁ。ちょっと方向が違う考え方の練習をしたほうがいいのかも。と、思ったりしています。
いい歳をして、あ~ヤダヤダ。

ごめんなさい。愚痴になってしまいました。

2013/10/05 (Sat) 09:10 | まことん #ZKhxdi3Y | URL | 編集

そうですね。
このシャキッとしない感じは夏の疲れですね。
そのうえ、10月に入ったというのに今日はまた暑くなって31℃以上あったとか。
気温変化に振り回されてヨレヨレです。

違うように考えようとがんばるのも(私もいつもやってしまいます)やっぱり無理があるような…。
自分に甘く、を近頃心がけています(心がける時点でやっぱり無理がある気もするけれど)。

何事もぼちぼちでいいんですよね。

2013/10/06 (Sun) 22:30 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する