「貴婦人と一角獣」展@大阪国際美術館

9月下旬から続いていた多忙期が、月曜日でやっと終了! やれやれとひと息入れながらも、仕事が忙しくてたまってしまった家の雑事でどんどん日が過ぎていきます。

忙しい忙しいと騒いでいたくせに、実はちゃっかりお休みの日を作って大阪まで美術展を観にいったりしてました(仕事の人には内緒)。

10.18一角獣展2

初めての大阪国立国際美術館。 エントランスも美術展に合わせてかわいくなってました。 この美術館は地下にあるんですね。

みにいったのは「貴婦人と一角獣」展(すでに終わっています)。 前売り券を買って「かなり長い期間やってるから」とウカウカしていたら会期終了が目前に! 大慌て(よくありがちなパターン)。

10.18一角獣展

中世に制作された6面の連作タピスリーは、予想していたよりずっと巨大でみごとでした。 印刷物やデジタルでは伝わらない、非常に緻密な織物の質感にうっとり。 やっぱり生でみないと良さが全然わかりません。 ほとんどそれだけの展示なんだけど、じっくり眺めて堪能しました。 ずいぶん色あせてしまっているみたいだけど、地色の赤が深みがあってとてもキレイ。 普通に考えたら、赤いバックに緑の植物を画面いっぱいに散らすなんてとんでもないことになりそうなのに。

背景に散らした植物や動物、主題となる人物が立っている島状の草地といった装飾的な表現がステキ♪ 人物と一角獣・獅子のポーズが少しずつ違うのもおもしろい。 1枚ずつが聴覚・視覚といった五感をテーマにしているそうです(6枚目のテーマは謎?)。 一番気に入ったのは、バラの生け垣が島状の草地の後ろを囲んでいて華やかな「味覚」。 一番気になったのは「視覚」…一角獣になつかれているのに、貴婦人がなぜか不機嫌そう。 なぜ?


10.18ダルマイヤーのランチ

ランチは美術館近くのダルマイヤーで。 ダルマイヤーのカフェとしては日本で唯一なんだとか。 雰囲気はバッチリ。 おいしかったけど、私でも「軽い」と感じたくらいだから男の人だと物足りないだろうな。 値段がちょっと高め。

10.18クラシックビル

ダルマイヤーが入っているダイビルは内部もシック。 以前建っていたビルのレトロな趣を残しています(完全に新築らしいのですが)。 ここ、ほんまに大阪?

10.18京阪の駅

中之島にあるからなのか、京阪の駅までおしゃれでビックリ。


■いろいろな記事に拍手をありがとうございます!
■アイリッシュハープのtico moon「Raspberry」をすすめてくださった方へ。 おすすめCDの情報をありがとうございました! この音楽、雑貨屋さんで何度か聞いたことがありました。 こういうほっこりリラックス系も好きです。
Category: 展覧会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する