手紙書いたり仕事したり

公私ともに少し落ち着いている間に友だちに会っておかないと、うっかりしたら来年になってしまいそう…と思って約束をした途端に、「明日、お願いできませんか?」と仕事の依頼の電話がかかってきました。 仕事がなくて一時期ヒーヒー言っていたので、来るものは拒まず。 泣く泣く友だちとの約束は延期に。
 
11.20山桜の黄葉


本日は仕事でひさしぶりに大阪の淀屋橋へ。 昔むかし、仕事でしばらく通っていた御堂筋。 仕事が無事終了して、日が暮れてオフィスから帰る人たちに混じって歩いていたら、胸がキュンとしてしまいました。 20代の私は将来への不安や希望や野心、いろんな思いを胸に抱えながら退屈な日常に悶々としつつ御堂筋をうつむき加減に歩いていたのだったなあと。 仕事の上でも家族のことでも、右往左往している間にあっというまに50歳を超えてしまって、その頃は想像もしなかった今を生きている私がいて。 不安定で明日のこともわからない現状に時々、気持ちがなえそうになることもあるけれど、それでも、あのままオフィスに座っての20数年よりは楽しいことや心臓が破れそうなほどドキドキすること、仕事を通して知り合った人たち、仕事上での達成感…いろんなことをいっぱい経験できてよかった。 後悔はありません。 そう思いながら御堂筋を機嫌良く歩ける大人になっていてよかった。

11.20晩秋の夕暮れ

姪たちにみせるべきかどうか迷いに迷った書類を送るという気の重い用事を済ませて、本当にひさびさに友だちや従妹に手紙を書いて、少し気持ちが前向きになれたかもしれません。

写真は水曜日の夕方。 わが家の山桜の黄葉と夕日の残照。


■いろんな記事に拍手をありがとうございます!
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する