手術日決定

去年のクリスマスイブに、人間ドックの精密検査であっさり乳がん宣告をしたお医者さんにお世話になることに決め、昨日大学病院へ。 MRI検査の画像をみたところ、エコー画像から想像していたほどガンが乳房内で腕を伸ばしていないことがわかったとのこと。 触診とエコーで現在の状態を確認してもらって、大きさは12月と変わりなかったので、比較的おとなしいガンだろうと考えられると聞いて、かなりホッとする。 ただガンが皮膚にすごく近いので、周囲の皮膚も切除することに(普通は切り口の傷跡はあっても、皮膚は切除しないのだけれど)。 全摘した場合、傷が2つになってしまうそうです。 1本線の傷でもかなりインパクトありそうなのに、2本線って…やっぱり温泉には入りにくくなるなあ、と妙にのんきなことが頭をよぎりました。

唯一気になるのは腋のリンパの影。 ガンなのか単に腫れているだけなのかは開けてみないとわからないそうです。 リンパの影がガンだった場合は「浸潤がん」になる…。

遠隔転移はいまのところしていないみたい=「転移がありました」と言われなかったから。 胞子のようなガンの種はどこかへ散っている可能性がないとはいえないのだから、お医者さんとしては「転移がない」とは言い切れないのでしょう。 とにかく現時点で、骨とか肺にはっきりわかるような転移がないのだから、それだけでも心底ホッとしました。 最悪なことを想像してみても意味がないので「転移はない」と考えておく。

1.31ロウバイ

「2月中に手術するなら12日だけまだ空いている」ということだったので、その場で手術日が決まりました。 温存できるけれど、ガンの位置と大きさからしてかなり形は変わってしまう可能性が高いというので、全摘にしました。 全摘すれば、少なくとも左胸での再発は起きないし、術後の放射線治療に6週間毎日病院へ通う必要もない。 さらに、全摘の方が再建という選択肢も残される。 以上の理由で全摘に決めました。 もう歳も歳だから片チチでもいいか…という気もかなりしているものの、選ぶ可能性があると思うだけで胸を失うことの悲しさが和らぐように感じます。


1.31冬の青空

ロウバイがそろそろ咲き始めました。 陽だまりでみると一層きれい。 梅はまだ咲いていないけど、青空をバックにした枝振りがすがすがしいのでパチリ。 実はどちらもお隣の木。

水曜日の外仕事をササッと片づけるはずが、昨日も今日も頭がモヤモヤと働かず、ずるずるだらだら。 明日こそはまとめて納品してしまおう。

■励ましの拍手をたくさんありがとうございます。

■とりほさん、こちらこそこれからもよろしくです!
Category: 検査~告知

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する