思いがけない痛み

「痛みに強いのか鈍いのか」と盲腸の時にお医者さんにすごく不思議がられた経験があります。 今回の乳がんの手術後も想像していたほど痛くありませんでした。 あまり痛がらないタイプらしい。 やっぱり鈍い??

手術室からでてきた直後だけ、全摘した左胸全体がズキズキ。 でも、点滴で一度痛み止めを入れてもらってからは耐えられないほどの痛みはなし。 それ以後は、術後18時間くらいで病室へ歩いて戻ってすぐに、手術した側のわきと胸を伸ばす体操をさせられたときだけ、傷が開きそうな恐怖心から急に患部が痛いような気がして痛み止めを一度飲んだだけ。 わきを伸ばすストレッチ運動も「いたた…」なんていいながら、はじめからわりと平気でできたし、痛みを訴えないから「痛みに強いのね」と看護師さんたちに何度も驚かれました。 このくらいの痛みなら、包丁で手を切った方が痛いと感じたんだけど、ヘン?


それなのに。 帰ってきてから、こんな痛みが待っていようとは。 「術後はブラジャーは無理だからタンクトップを着ておけばいい」と入院前に看護師さんからアドバイスされていたから、昨日退院して帰宅した後はタンクトップ+綿のタートルネック+ゆったりしたセーターを着て過ごしていました。 自分の中では元気いっぱいのつもりだから、ふだんと変わりなく雑誌を眺めたりして。 ところが寝る頃になると、傷とタンクトップがずっと擦れていた左腕のつけねがヒリヒリ。 激痛ではなくて、神経にさわるような痛み。 布がほんのちょっとでも皮膚に触れると痛い。 それが左胸の奥でズキズキまで呼び起こして、しまいに歯まで痛くなってきて…。

わきに布が触れない洋服ってあるの? いったい明日から何を着ればいいの? わきにも袖にも縫い目がない服なんてありえないし、乳がん全摘専用の下着でも私の痛い部分はやっぱり擦れそうな構造。 早く仕事に復帰しよう…なんて思っていたのに、ちゃんとした服装さえできない。 まあね、わきから胸まで20センチもズバッと切ったんだから焦っても仕方ないんでしょうけれど。 とりあえず、今日は肌に触れる一番下に長袖Tシャツを裏返して着て過ごしました。 ちょっとはマシ。

ぺちゃんこどころか凹んでしまうほど、えぐられた左胸と大きな傷をみるたび平常心でいられなくて涙ぐんでしまいます。 胸が女にとってこんなにも大切なものだったのかと、失って初めて知りました。 いつかこの胸に慣れられるのかな。

コメント

お久しぶりです。
今年ものぞきに来てもいいですか?
今年初めてPC開きました。ビックリしました。
術後お大事になさってくださいね。痛みが早く消えますように、祈っています。

私は、冬欝ってやつがやってきて、やっと薬が効いてきました。長い付き合いになりそうです。でも、いいや。生きていようと思います。






2014/02/22 (Sat) 15:47 | まことん #ZKhxdi3Y | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/23 (Sun) 14:43 | # | | 編集

まことんさん、おひさしぶりです。

暖かくなって少しは気分が上向きになりますように。
でも、どうか焦らずにね。
まことんさんのコメントを今年も待っています。

この3年半、楽しくない話題ばかりで更新が滞りがちな中、がんにとどめを刺された感じです。
乳がんに「完治」という言葉はないのだそうで、自分の体内に潜んでいるがんのカケラをなだめすかしていくしかないみたい。

お互いに焦らず、自分に大甘な人になってぼちぼち生きていきましょう。

2014/02/28 (Fri) 22:46 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

ひろのさん

やさしいコメントをありがとうございます!
とてもうれしかったです。
大橋トリオ、全然知りませんでした。 力の抜け具合がちょっとボサノバ風(?)でいい感じ。 今度じっくり聴いてみますね。

最近、楽しい話題にならないことが多いのですが、手術も終わったことだし、また以前のように身近な小さな幸せを探していきたいと思っています。
これからもよろしく!

2014/02/28 (Fri) 22:54 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する