浸潤がん

一昨日の夕方、全摘手術の病理組織診断結果を主治医から伝えられました。

浸潤がんでした。 トリプルネガティブで増殖スピードの速い(Ki67:50~60%)=かなり活発な悪性のがん。 病期うんぬんはトリプルネガティブの場合はあまり関係なさそうで言及されず(組織診断報告書の難解な英語を読み解くと、Ⅱ期)。

いままでいつも笑顔で楽観的な見解をいっていた(内心「そんなことないんじゃない?」と思いながら聞いていたけど)主治医が「かなりやっかいです」というのだから、本当にかなりたいへんなのでしょう。 身体のどこに潜んでいるかもしれないがん細胞を叩くために、なるべく早く抗がん剤治療を始める方がいい、投与間もなく4月半ばには確実に脱毛するからすぐにウィッグを手配した方がいい、毎週抗がん剤を打つので仕事など身辺の事をある程度整理しておくようにとのこと。


なんとなく予感はあったので「やっぱり」という気持ち。 2センチを超えるのに乳管に留まっているなんていうことはないだろうと思っていましたから。 結果的に、温存ではなく全摘にしたことで局所再発(同じ乳房内での再発)は心配しなくてもいいから、全摘の選択は良かったのだと自分に言いきかせる(少しでもいいことを考えないとやってられない)。 術前にあんなにいろいろ全身を調べたのに「ほかのところに転移はみられません」とは一切いわれないのも不気味で、どこかに、がんとは判別できないにしても気になるものが写っていたのではないか、というのもずっと心にひっかかっています。 でも、お医者さんとしては不確定なことはいわないだろうから、あえて尋ねようとも思いません。

3.22ミヤマカタバミ


抗がん剤は通院点滴で、タキソールを毎週×12回、FCEを3週間ごと×4回。


トリプルネガティブ乳がんの場合、どの抗がん剤が効くのかは”神のみぞ知る”。 誰にもわからないのだから、主治医に「なぜその抗がん剤を選んだのか?」と問うても意味がない。 お医者さんとしてベストだと思うからそれを選んだのだろうし、「そうですか」というしかありません。 休薬期間も入れると抗がん剤を打つのは7ヶ月ほど?


がん告知より術後の病理診断結果の方がショックでした。

コメント

ショックですね。どうにもお医者さんの指示を聞いていくしかないんですね。
どうか、しんどくないようにと願います。

2014/03/22 (Sat) 19:08 | まことん #ZKhxdi3Y | URL | 編集

去年、私の友達が三人ガンと診断されました。手術、抗がん剤治療を経て、二人は回復に向かっていますが、一人は、第4段階です。でも、希望は捨ててないよ。抗がん剤治療はきついらしいです。私にできることは、何もない。あなたの顔も知らない。でも、寄り添う。

2014/03/23 (Sun) 20:00 | マルタ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/25 (Tue) 00:17 | # | | 編集

■まことんさん

心配していただいて、そのお気持ちだけですごく助けられます。 ありがとうございます。 痛みには他の人より鈍感なのか強いのか(笑)と入院中も看護師さんたちに驚かれたくらい、かなり我慢強い患者なので、なんとかしのげるかなと期待しています。


■マルタさん

見ず知らずの私に心を寄せてくださる方がいるということを知るだけで、とても心が癒されました。 ありがとうございます。
現状は悲観するほど悪いわけじゃないので、抗がん剤はやらなくてもいいんじゃないかと秘かに願っていたものでガッカリしてちょっと落ちこみましたが、だいぶ開き直ってきました。


■Hさん

途方に暮れさせてしまってごめんなさいね。 もっと楽しい話題書きたいのに、世の中なかなかうまくいきません。
お友だちと思ってくださって、心配してくださって、本当にうれしかったです。 また、ぜひコメントくださいね。

2014/03/25 (Tue) 20:51 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する