ひさびさに病院でないところへ

月曜日はウィークリータキソール6回目の点滴でした。 今回は便秘以外はそれほどしんどい副作用もなく、ずっと倦怠感はあるものの意外に元気。 とはいっても何も楽しいことがないのでブログを書く気力はでなくて。 家事以外は何をするでもなく、ただただダラ~と時間をやり過ごしている感じ。

今日はひさびさに病院以外のところへ。 バスと電車を乗り継いでの外出って何ヶ月ぶり?

5.23青空のバラ園

仕事がらみの顔だけだせばいい会議へ(もちろんノーギャラ)。 ウィッグをかぶって電車に乗るのも仕事の場に出るのも初めてでドキドキ。 帽子をかぶっていれば「カツラ!」という違和感はそれほどないけど、仕事では帽子をかぶるわけにはいかない。 みんな大人だから(乳がんであることは隠してないので)ウィッグについてはコメントなし。 でも、違和感あるよなあ…。  あとでトイレの鏡でみたら、微妙にちょっと後ろにズレてた(汗)。

高齢の抗がん剤経験者に「元気そうだね。顔色もいいじゃないの。やっぱり若い人は違うな」と驚かれました。 顔色は良くないけど、お化粧で少しはカバーできるから、こういう場合は女性の方が助かります。 その後、みんなと一緒にランチも普通にペロッと平らげて。 ウィッグじゃなかったら、がん患者にはみえないだろうな。

5.23バラ園2

解散後は、すぐ近くのバラ園がちょうど見頃を迎えていそうだったので寄り道。 ホントは一人でボーッとしばらく琵琶湖を眺めていたかったんだけど、仕事関係者と一緒だったので(それもあまり花に興味がなさそうな)ササッと見て回って終わり。 いいお天気だったし、のんびりしたかったな。 ちょっと残念でした。

帰宅後もドッと疲れがでるほどでもなく、一瞬横になりたい誘惑に駆られたけど、そのまま家事をして晩ご飯も作って…意外に平気。 ひさびさの社会との接点を無事にクリアできて、自分の体調にホッとしました。


■たくさん励ましの拍手をありがとうございます。 なんとか割と普通に過ごせています。
Category: 治療と仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する